« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月25日 (土曜日)

木 デビュー?

NPO法人阿波グローカルネットさんの徳島タウンミーティングが無事に終わりました。

本当にありがとうございました!

基調講演 『中途失聴者と難聴者のリアリティと心理』の第一福祉大学助教授 山口利勝先生の講演は、まさに僕らの難聴者の心理でした。(先生も中途失聴者)

講演中「そう!そう!」「よくわかるわ~」と一人頷けた。

先生はしゃべれない僕の代弁だ~

いい講演でした。
                  

AGNの皆様、ありがとうございました!

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

また、いつもお世話になってる高知の笹岡さんも再会したね~。徳島の様子は笹岡さんのブログ見て下さいな。いいブログやなぁ~

6月の高知も楽しみっす!たたきも!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

さて、一息入れる時なく、日・月曜日の梅田イベントだ~

うっす!

今回は大阪テーラーライオンズ紳士服お誂え会にゲストで展示します。Dscn0235

ぜひ遊びに来て下さいね。

今回は「木」デビューします(・@・?)

直にたけが描いたを販売しますし、現場でお客さんのリクエストも描きたいと思います。

では、阪急グランドビル26Fでお待ちします!

2006年3月16日 (木曜日)

「和紙のれん」いかがですか?

Dscn0232

この暖簾は、北九州の大切な友達のために書きました。

その友達の友達が「清花堂」という焼肉店を開店するみたい。

開店のお祝いで原画を買ってくれたし、サービスで暖簾を送りました。

清花堂さんが気に入ってもらえたらいいですが・・・・

この様に、「和紙のれん」を書きますよ。(純手漉の麻紙)

「たけ」直書で心を込めて書きます。

言葉、絵も注文とおりもOK。

お祝いに、誕生日に、お店に、家庭に、会社にいかがです?

お値段は5000円~10000円(描く絵で違う)

サイズは縦470mm×横840mm

webmaster@hyougensya-take.com

↑「たけ」と相談してくださいね

2006年3月15日 (水曜日)

新作っすⅢ

Dscn0233

これも新作。

今度の泉北店髙島屋まで、グリーティングカードを作りたいけど、

↑これは誕生日用に書きました。

グリーティングカードは以前からお客さんから「作って!」とたくさん言われました。

今回は3~4種類出す予定っす。これもよろしくお願いします。

出会いって僕はやっぱり宇宙の絵を描くわ。

人生において起こ出来事・出会いに、この無限の宇宙の仕組みの大きな理由が存在していることを知ったとき、人との出会い一つ一つに思わず感謝しないではいられなくなるのです。

それと何より宇宙に色が好きだから(笑)

2006年3月13日 (月曜日)

新作っすⅡ

Dscn0228_1                                     

ボクラは『ありがとう』『ごめんなさい』とちゃんと言えた子供だった

We used to be kids that had no trouble saying

"Thank you"

"I'm sorry"

若いママ達の話や子供のしつけの本などを見たら、

「ありがとう」、「ごめんなさい」をきちんと言える子供にしたいとみんな言いますね。

そう、僕らはこのように教育を受けてきて、「ありがとう」、「ごめんなさい」がちゃんと言える子供だったみたい。

僕らは究極の感謝と反省の気持ちを持っていた。

しかし、こんな素直な気持ちは どこに行ったのかな。

自己愛、自尊心、自負心、自惚心、言い訳などをたくさん持っている大人になってしまった。

「ありがとう」と「ごめなさい」か~、究極の感謝と反省するいい言葉や

2006年3月10日 (金曜日)

新作

Dscn0227_4 奈良のイベントでデビューした新作です。

これをクリックしたら拡大します→

どんどんご意見・ご感想をほしいな~

解説は、

「無口のススメ あなたが言いたいことは半分で済む」

私が無口(しゃべれない)だから、そんなこと言う訳じゃないですが、言葉は怖いね。

軽い気持ちで言ったことが、相手を深く傷つけてしまうこともある。

怒りが沸きあがってきた時、相手に怒りの暴言を吐くことがある。

そんな暴言は相手のトラウマになる時もある。

感情的になった言葉は、荒れ狂う波のよう。次々に激しい言葉が出る。

恋人や夫婦、また親子の間で、そして学校・職場という組織の中で、どこででも見られること。

それと、言葉の怖い所は、他人の悪口というのもあります。

仏教の言葉で

「人が生まれたときには 実は口の中に 斧が生じている 人は悪口を語って その斧によって 自分自身を斬るのである」、本来自分を省みれば、とても他人の悪口や批判をする権利などあろうはずがない。と。

皆さんは言いたいことを自由にしゃべれることという素晴らしい才能があります。

この素晴らしい才能あるからこそ、暴言や悪口ではなく、相手に優しさや安らぎを与えてあげられるような言葉を発することができるようになるといいですね。

2006年3月 5日 (日曜日)

奈良

久しぶりの更新になってしまいました。すいません。

奈良パイロットクラブ主催のイベントの講演・個展が無事に終わりました。

沢山の方々が来て下さった。本当にありがとうございました。

奈良パイロットクラブの皆様、失礼では御座いますが、この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

えっと・・・

今回から初めてパフォーマンスしたけど、反省すべき点がいっぱいや~(#^ー°#)v
Dscn0219_1

まず、自分のアトリエの同じ環境を作って、リラックスして作品をカキカキ出来たけど・・

3日のパフォーマンスタイムが始めたら、

みんな静かすぎ(笑)

俺の筆の動きを穴のあくほどじいっと見られたら・・・・

興奮するわ(笑)

Dscn0220

いやー。(* ̄▽ ̄*)ゞもっと見て

Dscn0211

←俺の絵・字は乾かす時間がいる。

時間が気になって、雑になった。

テレビの料理番組のように、いけない。

だから、4日は、特にパフォーマンスタイムを設けることはなく、一日中、リラックスして大作か色紙かサインを描きました。楽しかった。

一日中、床に座って、絵・言葉を描いたら、腰に来るけど、その疲れが快い。

Dscn0222

←捺印したら、完成!

今回はいろんな可能性ができた有意義なイベントでした。

ありがとうございました!

またご応援いただきますようよろしくお願い申し上げます

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

フォト
無料ブログはココログ