« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木曜日)

日の出

Dscn0393_1

実家がある阿南市(徳島県)の帰った時、久しぶりに「日の出」を浴びたわ~

徳島県は東側に海岸があり、

↑この淡島海岸は実家から車で10分で行けて、

ガキの時から「ご来光」を見た想い出の海岸。

「早起きは三文の得」と言いますが、

一番波動が強い「日の出」は、

精神が新鮮であり、

まわりが全く静かで落ち着いていて、

スピリチュアルなエネルギーがあふれる時間です。

刻々に絶妙の色合いを変えていく「日の出」はコスミックショウそのもの。

「あ~ありがたいな~」「あ~生かされているな~」と合掌。

「ありがたい」と思えば宇宙とのつながりの出来るという。

「早起きは三文の得」は

朝日の波動の膨大な"活性化"のパワーを浴びて身体共に精神の健康になるし、それが「三文の得」になるかもね。

徳島の「とよとみ」珈琲さん

いま、髙島屋泉北店の個展から戴いた原画のご注文を、
必死カキカキマンしてます。
なかなかレス、ブログの更新出来なってごめんさい。

さて『備前焼のリュウジと二人展』を開催する「とよとみ珈琲」さんをご紹介します。

30年前の倉庫を上手に改装、1階はカフェ、2階はギャラリー。
ここはうまいコーヒーを飲めることで徳島で有名。

Dscn0400_2 この日は午前10時くらい行ったが、すでに満員。
みなよく知っているね。
ちなみに県外の人から「徳島は病院、喫茶店がやたら多いね」とよく言われる」
こんな徳島だから、コーヒーの味にうるさいかもね。
俺は普段砂糖・牛乳いっぱいおこちゃまコーヒーを飲むけど、
「とよとみ」さんのコーヒーだけブラックで飲めるわ。

Dscn0397_1
この日は着物の展示会ですな。

Dscn0402_1 とても気さくなマスター。
ちなみに俺と同じ年。

「備前焼のリュウジ」も同級生。

次は、リュウジのプロフィールを見て下さいな。

『24歳の特定疾患である潰瘍性大腸炎の診断を受ける。
いつ果てると無い痛みと下血とステロイド剤の副作用、各種合併症、精神障害、気胸、ストーマ(人工肛門)生活etc。
入院、手術を繰り返しながら「何か苦しい事が有るとすると自分らしい生きられない事!」
その一心で岡山県備前焼陶芸センターで研修後、備前焼窯「山麓窯」に勤める。平成11年長男誕生を期に Lyric bizen(びぜんのうた)工房を設立し独立。
各地での展示会、イベントに積極的に参加中』

1年前神戸の「障害者芸術・文化全国大会」兵庫大会で作品展見た岡山の人が、リュウジに「神戸で生き方が似てる人を見た」と報告したみたい。
その後、突然リュウジからメールを戴き、わざわざ岡山から京都のストリートまで僕に会いにきてくれました。
筆談でお話したら、京産の同級生と判明しました。共通の友人もいました。

ご自分の病気、僕の障害、それを作品に表現して販売し、前向きに自活している僕達は、当然のようにすぐに打ち解け、一緒に数々のイベントに参加しました。
打ち解けたのは、何よりもリュウジは「生きる」に根性ある人だからかもしれません。
リュウジはご自分の作品展に、「高速代がもったいない」と岡山から青森まで軽バンで行く精力的な活動しているたくましいクリエーターです。

僕の周りでクリエーターがたくさんいるが、「どこか発表できる所があれば・・」とか「宣伝してくれるところがあれば・・」と不平、不満なことをだらだら垂れる人がいる。もっと根性出たらいいのに、と思う人が多いですね。

そう、僕はリュウジように根性ある奴が好きです。
障害者も、盲目の人で杖を持って一人で世界中飛んで行く人とか、車いすのバックパッカーとか、しゃべれないくせのに路上で販売してるおバカの奴とか(笑)いろいろええ根性な奴がいますね。

そんなええ根性の二人が、半年前の12月、岡山にてたけとリュウジの「二人展」を開催し、大きな反響をいただきました。

そして、第2回はたけの故郷、徳島にて行います。
たけとリュウジの生き方、そしてその作品は多くの人の勇気や希望になる。。
おこがましいながらもそう信じています。

難病のリュウジ、障害者のたけ。
僕達の表現、そして僕達のような人間の存在が、どんな形であれ、あなたの心に少しでも残ったならば本当に嬉しい限りです。
どうぞご高覧賜りますようお願い申し上げます。

合掌 たけ

■7月1~18日(水休み) 
■とよとみ珈琲 2階ギャラリー 徳島市末広2-1-42
市内から末広大橋へ向かう途中で、徳島東工高が切れる交差点を左折し次の交差点を右折すぐ、右側、

2006年6月22日 (木曜日)

徳島市のBUNZO

徳島、タオル美術館、高知のイベントツアーから10日ぶり自宅に帰りました。

その様子をぼちぼち報告します。

まず、6月10・11日 徳島市の文具店「BUNZO」さんの《父の日》のイベントですな。

Take1_1 150坪と広く明るい店内にはいろとりどりのノートやペンが並び来る人を飽きさせません。
また、お店には文具だけでなく雑貨も置いているんです。
かっこいい雑貨だけでなく、かわいらしい雑貨もいっぱいあります。

ブンゾウの画材は、専門店に勝るとも劣らない豊富さで、俺は、近所にあれば絶対常連になるわ。

Take2_1 このBUNZOさんは俺の『無口な営業』で商品をおいていただけた店舗様。

この世で営業の人でしゃべれない人がいるか?

なかなかいないと思うわ。

今まで何店もお店に営業したが、何店も断られ、やっぱり難しいものと思っていた。

Take3_1 でもBUNZOさんは即!販売店になってくれて、しかも「ミニたけの世界」常設してくださった。

ありがたいです。

イベントは、ぼちぼちお客さん来てくださって、ゆっくり筆談出来た。

Take4_1

この日もカキカキマン。

最近、実演を慣れて、

お客さんの喜ぶお顔を直に見ることが出来て、

うーん、快感かな?

表現者とお客さんのライブみたいで・・、

もとバンドマンの血が騒ぐ感じかな?

ライブって、やっぱりいいものですな。

最後に

部長さん、店長さん、スタッフさん、そして、徳島のお客さん、

失礼では御座いますが、この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

また呼んでください!

次回のブログは徳島市のギャラリー「とよとみ」の予定。

2006年6月 3日 (土曜日)

漫画 ベスト5

いや~昨日は失敗してましたな。

                     反省 ( _ _)|

失敗を防ぐためにワードで書いて貼り付けた後更新します。

ところで

僕はいい年にして漫画大好きです。

はい、すいませんな ( ̄ヘ ̄)

昨日の木曜日は大好きな「モーニング」の発売日だった。

木曜は一番好きな曜日とです。

GWとか正月とか合併号になるし、ちゅっと悲しいとです( ^ T)くぅぅ~

Dscn0385_1

今週の表紙は

かわぐちかいじジパングやん~

ジパングも面白いけど、かわぐちかいじの作品の中で一番好きな漫画は

「沈黙の艦隊」マイベスト5

日本初の原潜やまとが軍事国家として超大国に挑む話。本当に読んでいて時を忘れるくらい面白い。また、潜水艦・空母・戦闘機などの画もリアルで。

でも、ただの戦争とは違って、核兵器廃絶と地球連邦政府樹立のためのステップを描いて、いろんな感動があ!ります。

女性一人も登場しない「ザ・男の漫画」でした。

Dscn0389_3モーニングの顔のひとつ、

弘兼憲史「島耕作」がある。

僕の学生の時は「課長 島耕作」だったが、グングン出世されて

今は「常務 島耕作」よ~

弘兼憲史先生の作品はいろいろおもろい漫画がある。

「人間交差点」

「 黄昏流星群」

「ハロー張りネズミ」など

でも一番の好きな漫画は島耕作とそっくりな男

『加治隆介の儀』とです。マイベスト5

政界でグングン出世されて最後はソーリになった物語。

政治をよくわかったわ。「ザ・政治をよくわかる漫画」です。

Dscn0388_2

よし、次行ってみよう!

モーニングの顔のひとつ、

佐藤秀峰ブラックジャックによろしく』があるが、

一番好きな作品が海上保安官の仕事ぷりをえがいたマンガ『海猿』

マイベスト5。

映画・ドラマも大ヒットしたが、最終巻の話の映画化は無理でしょう。それくらい迫力があった。これを読んでおもしろくないっていう人はいません。

『ザ・人命の尊さを学んでいくあつい男の漫画』

Dscn0390_1

次 次 

モーニングの顔のひとつ、

井上 雄彦の宮本武蔵を書く『バガボンド』がある。

ほんま井上先生の作品はむちゃおもしろい。

『SLAM DUNK』も大好きけど、

一番好きな作品は『リアル』 マイベスト2とです。

骨肉腫によりスプリンターの夢を失った者。バスケをやめ高校中退し苦しんでいる者。事故で脊髄損傷により下半身不随になった者

この障害者の気持ちをよくよくよくわかって、自分とタブって泣いた。

なぜこんな気持ちをわかるか。井上先生は

まさに「リアル」だったわ。

『ザ・障害者の気持ちをなぜこんなわかるか 漫画』でした。

Dscn0391_3

最後は

やっぱり漫画の神様手塚治虫大先生

『火の鳥』です。マイベスト1

僕は小学生の頃『ブラック・ジャック』『火の鳥』をリアルタイムで読めたラッキーな世代。

 「転生輪廻」という言葉を知ったことも『火の鳥』だった。

その後精神世界へ導くバイブルになった。

手塚治虫大先生のライフワークだった『火の鳥』は、人間のカルマや宇宙の壮大な世界を想起させられる。名作中の名作だ。

人間の小さな人生が大きな宇宙の中の少しであるように、宇宙からみた人の一生はつながっているのだなぁって・・・

たまりませんな

『ザ・たけの原点の漫画』とです。

お勧めの漫画があれば、どんどん紹介してね

2006年6月 2日 (金曜日)

漫画

二時間かけて長文書いたのに消えた!

キャー!(゜▽゜)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

フォト
無料ブログはココログ