« 今日という日 | トップページ | 「ありがとう」の効能Ⅱ トイレ掃除 »

2006年9月 1日 (金曜日)

「ありがとう」の効能Ⅰ

やっぱり、「ありがとう」は宇宙一番ええ言葉やね!

おいらは、いままでも「宇宙学」という精神世界のお話をちょくちょく言っていたが、

その「宇宙学」をわかりやすく説明してくれる『小林正観』さんのご本があります。

お勧めの素晴らしい本です。

その本【宇宙方程式の研究】は、「ありがとう」の効能について、ある婦人の実例を小林さんは挙げています。

以前の小林さんの講演で話で、

『「ありがとう」を(心を込めなくてもいいから)25000回言うとなぜか涙が出てくる。

その涙が出た後でさらに「ありがとう」を言おうとすると、ほんとうに心の底から感謝の念が湧いてきて、、「ありがとう」の言葉が自然に出てくる。

さらに、その後重ねて「ありがとう」を25000回ほど言うと、

嬉しく楽しく幸せな奇跡が起こり始める』

と聞いたご婦人は1日千回「ありがとう」を言う決心しました。

そのご婦人は末期ガンでした。手の打ちようがないいうのが実状でした。

奇跡の掛けてみようと1日千回「ありがとう」と言いつづけて・・・・

30日ほどたったところで、(「ありがとう」を三万回ほど口にした)

それまで壁や机にすがって伝い歩きしか出来なったのが、自分の足でそろそろ歩けるようになり、

2カ月後(「ありがとう」を六万回)

近所の人から最近顔色がよくなりましたね、お元気そうですね、と言われ、

3カ月後(「ありがとう」を九万回)

体重が増え顔がふっくらしてきます。

これはおかしい、体が変調を来しているようだと不思議に思いました。

さらに十日間、合計十万回の「ありがとう」を口に出し、それから再検査を受けて病院にいきました。

もたられた結果は、ガン細胞が全身から消えていたというものでした。

末期ガンは治ったのです。

おぉ~おらびっくりしたよ~「ありがとう」の奇跡ですね!

次も小林さんのお話です。

生後十カ月ぐらいの赤ちゃんを背負った30才ぐらいのお母さんが小林さんの講演にやってきました。

赤ちゃんは、目、鼻、など顔中がアトピーで覆われています。若いお母さんからその悩みを聞きながら、小林さんは早く治って元気になればいいね、と赤ちゃんの頭を撫でました。

翌日、さらっアトピーが消えていました。なんじゃこれは!とお母さんは驚きます。

もしかしたら小林さんが触ったせいないか・・・

もうそうなら小林さんを毎週呼べばいい。この子は治るかもしれない・・

しかし、小林さんは忙しそうだ・・・

そうか!そうなら自分が小林さんになってしまえばいい。お母さんはそう考え、めちゃくちゃ「ありがとう」を言おうと一大決心します。

夫と話すとき、電話に出るとき、友人が来たとき以外は1日中、赤ちゃんを背負いながらがらしゃにむに「ありがとう」を言い続けます。

丸2日過ぎて3日目の昼過ぎ、突然おなかがボワッと熱くなり、下腹から胸にかけてその塊がこみあげてきます。吐きそうだと洗面所に駆け込みますが、口からは何も出てきません。口を通りすぎ、その‘熱いもの‘は目まで上って、ドワぁーーと目から出てきました。

それは涙でした!

信じられないほどの涙が滝のように出て、バスタオルを何回も絞ったそうです。

子供のアトピーが全部消えました。

そのあともずっと「ありがとう」を繰り返しているそうです。

その「ありがとう」の効能は、すべての人に当てはまるかどうか保証のかぎりではない と小林さん但し書きをしてます。

この「ありがとう」と言いつづけてると、25000回ぐらいを超えたら、涙がどっ出るらしい。神様がちゃんとカウントしてくださるらしい。

でも、「ありがとう」の途中で、不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句などを言ったら、その以前の「ありがとう」がリセットされる。

おらも「宇宙学」を知って、「ありがとう」「ありがたい」とくせになったぐらい言い続けたけど、途中で不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句など言っていた。反省やわ~

この小林さんの【宇宙方程式の研究】を読んで、もう一回ピュアの気持ちで「ありがとう」を言い続けてる。

ご存知の通り、しゃべれないおいらは「ありがとう」「ありがとう」・・・・と心の中で言い、時には口で「あ△◎※う」と言いつづけた。

言い続けたら、(思う続けた)、とてもかわいい奇跡がやってきた。

見て見て♪♪

Dscn0515_1

クワズイモちゃんに、かわいい芽が3本出てきた!

このクワズイモちゃんはここ3年間くらい居るけど、芽が出たことは初めです。

これも「ありがとう」の効能かな~

「ありがとう」は宇宙一番ええ言葉やね!

長い記事を読んでくれてありがとうございました!

次も「ありがとう」の効能Ⅱを書きます。

« 今日という日 | トップページ | 「ありがとう」の効能Ⅱ トイレ掃除 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たけさん。素敵なお話ありがとう。
今日、最初の「ありがとう」です。 

昨日、あるお店に行ったら、その出入口に赤い文字で大きく「ありがとう」とかかれている作品が飾ってあり、目に留まりました。
清水英雄さんという方の作品でした。
富山県高岡市に、清水さんの「ありがとう美術館」もあるそうです。
ありがとうの言葉は、シンプルだけど奥が深い言葉ですねぇ。。
たけさん、「ありがとうの効能」教えてくれてありがとう\(^o^)/

たけさん。初めまして♪
今治のタオル美術館で、あなたの作品に出会いました。
素朴で暖かい言葉と絵を見て、
相田みつをさんを思い出しました。
私は10年ほど前から、相田みつをさんのファンで、有楽町の美術館にも何度も足を運びました。
初めて本物の書を目にしたとき、涙が溢れました。
あなたが、相田みつをさんをお好きだと知り、やっぱり...って感じました。
彼と同じ、暖かくて優しい作品でしたから。

私はあなたの故郷徳島に住んでいます。
故郷でのイベントの際にお会いできるのを楽しみにしています。

今週、父が心臓の手術を受けます。
あなたの「大丈夫 きっとよくなる」
この言葉を知って、すごく勇気づけられました。
あなたとの出会いは、偶然ではなく必然だと思えます。
これからも、素敵な作品を見せてください。
長々とごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」の効能Ⅰ:

« 今日という日 | トップページ | 「ありがとう」の効能Ⅱ トイレ掃除 »

フォト
無料ブログはココログ