« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月26日 (木曜日)

因果律

前の『殺されることはあっても「感謝」出来るか』は、いろいろご意見をもらった。

大部分は「感謝できない」とのことです。

オイラもそうですよ。

でも、きっと、オイラは時間をかけて悲しみを乗り越えていくのかも。

憎しみは最大の御法度の心だから。

この宇宙では「因果律」というものがあるけど、

こんなすばらしい「因果律」もあるよ。と話です。

・・・

佐藤愛子さんと江原啓之さんのご本『あの世の話』では、

佐藤愛子さんは名古屋の医者の鶴田先生のおかげで、

「私はどれだけ助けられたかわかりません」と言ってます。

ある日、美輪さんが佐藤さんを前にして霊視したら、こんな映像を見たそう。

「大きい川のほとりを敗残の武士がよろよろ歩いていく。

向こうに一軒の家があって、その中の囲炉裏に老婆が座っている。

背筋をすっと伸ばして、端然と座っている。」

この老婆は佐藤さんの前世で、敗残の武士が鶴田先生だと言うんです。

その鶴田武士が空腹でよろよろしながら、家の中に入っていくと、老婆から一椀のお粥をもらった。礼を言って立ち去るーー

こういう因縁が佐藤愛子さんと鶴田先生の前世であったと言うんです。

江原さん(談)「佐藤さんと鶴田先生は深い絆で結ぼれているなと思いました。前世の縁が今世にまでつながり助け合っているのですね。ご恩返しなんんですね。」

・・・・

鶴田先生のお魂は、

たったの一椀のお粥をもらって、ご恩を感じて、今世には、いろいろお世話してる。

どう思いますか?

小林正観さんのお話、ご紹介したいと思います

「お釈迦さまのお言葉に「対面同席五百生」というのがあります。

対面し同席する人というのは、最低500回、人生を一緒に過ごしているという意味です。

ずいぶん長いおつき合いに、感謝です。

私たちには敵とか味方という区別はなく、今生でのお互い役割を演じながら、支え合い、助け合って生きていくということを、シナリオで書いて生まれてきたかもしれません。

今生でどんな関係であっても、前世までにとても親しい関係であった人が、私たちの周りに現れてきているということになるようです。」

・・・・

オイラらは

目の前にいる人は、前世からのどんな恩がある人かしれないけど、

今、目の前にいる人(あること)を大切にするだけでいいのですね。

ありがとうございました 合掌 たけ

2006年10月24日 (火曜日)

殺されることはあっても「感謝」出来るか

おいらは、「何があっても感謝」することがむちゃ大事よ~と普段言ってます。

感謝できないことも「ありがとう」を言ったら?とおいらに相談してくれた人に伝えた。

でも、自分が殺された場合は?大切な人が殺された場合は?自分の子供が殺された場合は?

それでも感謝できるか・・・・・

・・・・・・・・・・

1週前、メールが来ました。

2年前、恋人が殺された女性から。

それはオイラもニュースで知っている事件でした。

彼女は何度も死にたいと思いました。何度も死んで会いたいと思いました。

「どうして、すぐに死ねなかったか。

ただでは死ねない。私が死ぬ時は犯人を殺す時、
そう思っていました。

でも、そうなったら自分の
両親、兄にどんなに迷惑がかかって悲しむか・・
そう思うと出来ませんでした」

・・・・・・・・・・・・・・・

ずっと、このメールは気になった。なかなかご返事することができなかった。

「殺されても感謝しよう」とまともな人が言うことじゃないし。

でも、勇気を絞って、オイラなりにいろいろ分かったことをお返事させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・

○○さんメールありがとございました。
HPを見てくれてありがとう。

神様と○○さんのお魂は、つらいシナリオを書いたみたいですね。

今世は、魂の向上のため、あの世で自分が書いたシナリオみたいです。

何があっても感謝できるか、何があっても人を許そうと書いたシナリオみたいですね。

でも、現実には

すごく苦しんだね。

よくがんばったね。

心からそう思います。

それと、

今まで、よく生きてきてくれてありがとう。

おいらは、「何があっても感謝」することが大事と普段言ってます。

でも、自分が殺された場合は?大切な人が殺された場合は?自分の子供が殺された場合は?それでも感謝できるか。

まさに○○さんのことですね。今世の最大の課題かなと思います。

この宇宙では「因果律」というものがある。

投げかけたものが自分に帰ってくる。

そんなシンプルな法則の中でボクラは生かされている。

愛したら愛される。殺したら殺される。

佐藤愛子さんと江原啓之さんのご本『あの世の話』で

殺されることはあっても、

決して人を恨んではいけないと言ってます。

『例えば、自分は殺されたとします。自分が殺されることができるというのは、人がいるからだと。

殺してくれる人がいるから自分が殺されることができるんだと。

だから、その人に対しては感謝しなきゃいけないと。

それで、自分を殺すということのために、その人はその分カルマを背負ってくれる

自分は殺されたことにより、殺された心の痛みを理解できて、二度と人を殺さない魂になれる。

だから、その人のおかげで自分はそれだけ向上できるんだから、そして自分のことでカルマを背負ってくださるから、その人を愛さなきゃいけない。

ですから、世界人類みな愛さなきゃいけないにつながってくる』

小林正観さんの本にこんな文があります。

『私たちは生まれ変わりの回数が9万6000回プラスマイナス2000というレベルだからなんですけど、

実は、

私たちは全員殺人者であった。

物取りであった、強盗であった、さぎ師であったんです。

そういうのをしたことが何十度とあるんですね。

だから、私たちは人を犯罪を裁く権利はどこにもない。

私たちも過去生ではそうだったんです。

たまたま、生まれ変わりの回数がここまできたから「私」は今はしないと思っているだけであって、実は、全員通り過ぎてきたことなんです。』

『どんなことがあっても、それに対して「私」がどう考えるかというだけなんんです。

空き缶を捨てる人がいる。そうしたら、私は空き缶を捨てない人間になろう。

タバコを捨てる人がいる。私はタバコを捨てない人間になろう。

そういう決意をさせるために、神は目の前にその現象を見せているんです。

ひどい事件があったときに「私は絶対そういうことをしない」って決意をすることが、宇宙や神から私たち一人ひとりに問われていることなんですね』

・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな感じで返事させていただきました。

この宇宙では「因果律」というものがある。

江原さんの亡くしたお父さんは、先祖の中に御殿医がいたんだそうなんです。

殿様の命令によってほかの人を毒殺した。その原因が一つの因縁となって残って、恨みの念を買ってしまった。

だから(?)江原さんのお父さんは薬の会社で薬害で死んだ。

これは悪い「因果律」ですね。江原さんのお父さんは薬害で殺されたから、ご自分のカルマを背負ってくれて、軽いお魂になったそう。

明日はいい「因果律」を書いてさせて頂きます。

2006年10月19日 (木曜日)

あなんの花はひまわり

Dscn0569_1この絵は、徳島県阿南市で8月にあった個展のため、描きました。

阿南市はおいらの故郷です。

―ーーーーーーーーーー

『あなんの花はひまわり』

(阿波弁でわかりますか~~)

ひまわりはな
お日さんが出よる間、
お日さんに向こてな
「ありがとう」って言うとんよ。

お日さんが沈んみょう頃になるとな
「今日もありがとう」って
頭を下げよんよ。

「あなん」の「あ」は
「ありがとう」の「あ」
かもしれんでよ。

ーーーーーーーーーー

『大好きなひまわり』

『故郷の阿南』

『僕の一生のテーマ「ありがとう」』をモチーフして、詩を作りました。

8月の阿南夢ホールで個展した時、発表しました。
たくさんの人が見てくれましたが、特にこの作品が好評ようでした。

ありがたいですね。

なら、

「たけグッス」をいつもお買い上げ、ご応援をいただく阿南市(人事課・教育委員会)に寄贈したいと職員に相談しました。

すると、

どんどん話が大きくなって、
昨日、阿南の岩浅市長の寄贈会に行くことになりました(笑)

市長さんも僕にお会いしたとのことらしいでした。
とても光栄なお話でした。

↓寄贈会

_001

市長さん、面倒くさい筆談を付き合って下さって、ありがとうございました。

阿南市役所の皆様、ありがとうございました。

この絵は阿南市役所の1階のロビーで飾っています(らしい)

ありがとうございました。合掌 たけ

2006年10月16日 (月曜日)

スピリチュアル Ⅱ

前述した、

「今世は自分の魂が人生を決めて生まれ来た」もスピリチュアルな世界では共通にそう言われます。

どんな家に生まれ、どんな人生を行くか、いつ死ぬも・・・

全部自分で選び、シナリオを書いて生まれ来たらしい。魂の向上のために。

あの世では自分で神様に

「私はこんな弱い部分があるし、来世で修業します。こんな困難なことがありますが、乗り越えてます」と約束して今世に生まれてきたらしいのです。

これは、最初、おいらはなかなか受け入れることはできませんでした。

あれもこれも自分の魂が描いたシナリオのとおりかよ!

・・

・・

あれは、丁度5年前、発病して深い絶望にいた頃。辛かった。

ある神社の先生が高槻病院まで来てくれた。

その先生はなにか祈ってくださって、ぴくりと動かない右手を肩の上まで動ける状態までやってくださった。びっくりした。

その先生から

「この子、今までの人生とは違う人生を歩みます。これはすばらしい人生」と言われた。

どうやら、

そんな力がある方とか霊能者は、

人の未来を見えるらしいね。

その未来は、実は自分の魂が書いたシナリオと思います。

先生が言うとおり、おいらは小学生の図工以来の絵を描いて、プロになりました。

・・

こんな出来事もあり、

「今世は自分の魂が人生を決めて生まれ来た」は

今、おいらにとっては確信です。

困難にある人に対して、よく「神様が、この人間だったらきっと乗り越えれると判断して選んだ」に言われます。でしょう?

おいらは、この言葉に「神様と自分の魂が乗り越えれると判断して困難がきた」と追加したい。

自分の病気、倒産、リストラ、人間関係、困難なこと、死、全部自分が書いたシナリオのとおりらしい。

ならば、

ならば、

・・・

これを受け入れることでできれば、

じたばたする意味がない。

悩むこともない。

過去に悔やむ意味もない。

・・・・・

「今のあなたのままで、何の問題もありません。完全です。」

津留晃一さんの言葉をやっとわかりました。

「あなたはあなたのままでいい」

小林正観さんの言葉をやっとわかりました


それは単に癒される言葉とか、気休めとか
そんなもんじゃなくて

宇宙法則をわかりやすく表現した言葉なのだ!
ということがようやくわかりかけてきました。

ありがとうございます。合掌

2006年10月10日 (火曜日)

スピリチュアル

てぃーーーー!

最近、「スピリチュアル」(霊性、魂)とよく聞きますね。

多分、江原啓之さんという本物のスピリチュアル・カウンセラーのご活動が大きいかなと思います。おいらも「オーラの泉」は大好きっす。

今、スピリチュアルな世界を信じようとはしなかった人々も、変わらざるをえないような状況になりつつあります。

おいらは12年前、船井幸雄さんの本で「宇宙学」を知って、当時京都の鞍馬に住んでいた老夫婦のところまで熱心に習うことが出来ました。

当時、おいらは周りの人に「宇宙の法則」「魂」「霊」の話をしたが、「何の宗教?」「怖い」とよく言われましたなぁ。

まぁ当時おいらも未熟でよくわからん状態だったけどね。

当初は「霊」「あの世」に興味あったのですが、次第に「宇宙の法則」から「心」「意識」に向かうようになりました。

当時から今まで、精神世界の類の本を読んで来ました。

宇宙学の御神示、宇宙心、船井幸雄、江本勝、足立育朗、飯田史彦、小林正観、江原啓之・・・

その結果、オイラなりにいろいろ分かったことがあります。

わかったこというのは

・・・

・・・

・・・

どうも、あの世はあるらしいのです。

どうも、霊性の向上のため、この魂は肉体を借り、何度も生まれ何度も死んで行くらしいのです。

どうも、今世は、自分の魂が人生を決めて生まれ来たらしいのです。

どうも、何があっても、何かなくでも「ありがとう」と言うことが一番大切らしいのです。

など ・・・・・

WHO(世界保健機構)も、人間の健康の条件の中に「スピリチュアル」という言葉を加えました。

世界のWHOも人間の健康に「霊」「魂」が必要と認めた

世界は今、新たなる「精神世界」になっていくよう。

明日に続く

てぃーーーー!

2006年10月 3日 (火曜日)

たけ2007カレンダーの続きです。

おっす、おらゴクウ!

じゃなかった、おいらたけ。

2007カレンダーの続きを見てみて

20069_1

9・10月です。

私の周りは師匠だらけ

みんなみんな

ありがとう

11・12月は

20061112

不器用ながら

まっすぐ

生きる

・おまけのページ

Photo_12

こんな感じです。

予約はお早く(^^)/

今年も

3部(4725円)以上のご注文は送料はサービスさせていただきます。

ぜひこの機会で。一枚1,575円です。(税込)

まだHPが更新できないので、メールしてくださいね。

webmaster@hyougensya-take.com

メールご記入内容(下記内容をコピーしてメールに貼り付けてお使いください♪

■お名前:
■フリガナ

■郵便番号:
■ご住所:

■お電話番号:

■数量

2007カレンダー×

2006年10月 2日 (月曜日)

たけ2007カレンダーです。

ただ今、印刷中の「たけ2007カレンダー」です。

2006_2

海の外で活躍中のDTPデザイナーのカナ・イノウエ氏とコラボで、

おかげでいい作品が出来ました。ありがとうございました。

10月14日のりんくうイオンでデビューします。

通販も10月14日から受け付けます。

ぜひぜひ、よろしくお願いします(^^)/

さて、中身は、1・2月は

200612_1

「難」が「有る」から「有難う」ですね。

苦しい時こそ「ありがとう」ですね。

5・6月は

20065__1

僕らは

「ありがとう」「ごめんなさい」

ちゃんと

言えたこどもだった

7・8月は

2006_3

無口のススメ

あなたが言いたいことは

半分で済む

続きは明日ね~~~

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

フォト
無料ブログはココログ