« 神さまに愛されてる男達④ 話題の男編 | トップページ | 不都合の真実② »

2007年2月18日 (日曜日)

不都合な真実①

ありがとうございます。

「不都合な真実」という映画を観てきました。

元アメリカ副大統領アル=ゴア氏の、
地球温暖化に関する話題のドキュメンタリー映画です。

これ、むちゃよくできた映画でした。

驚くほど興奮して、そして感動した。

ゴアさんの長年にわたる地球温暖化の研究にもびっくりしましたし、

この「不都合な真実」を一人でも多くの人に知ってほしいという思いが、ひしひしと伝わってきます。

北極、南極、キリマンジャロやヒマラヤなどの氷河・がどんどん溶けはじめ、

生態系はめちゃくちゃになり、

環境に敏感な生物がどんどん絶滅していっている。

温度の急速の上昇は、破壊的なハリケーンが次々起こり、

降水パターンが変化して、洪水、干ばつを引き起こり、など

いろいろな実例を挙げ、

天変地異はその規模が大きくなり、頻度がますます増えている、ってことをやってたんです。

もうここまで地球の環境が悪くなっていると驚いた。

オイラもTVや新聞で知ってる部分もあったが、知っても行動ができなかった自分を反省しました。

これを観ると「とにかく自分ができることからはじめよう」と思います。

地球と人間の共存ってことを真剣に考えようとも思います。

だからなるべく多くの人に観てほしい映画です。 

ゴアさん「温暖化は待ったなしだが、まだ手遅れではない」と言う。

映画の最後に

「私にできる10のこと」がありました。

オイラもすぐします!

Change a light

省エネルギー製の電化製品や電球に交換しましょう

Turn off engine

停車中は、エンジンを切り、エコ・ドライブしましょう

Recycle more

リサイクル製品を積極的に利用しましょう

Check your tires

タイヤの空気圧をチェックしましょう

車の燃費を良くすれば、無駄なエネルギー消費を防げます

Use less water

こまめに蛇口をしめましょう

水道の送水に使用されるエネルギーを削除することができます

Avoid products with a lot of packaging

過剰包装・レジ袋を断りましょう

買い物はリサイクル・エコ・バッグを使いましょう

Adjust your thermostat

エアコンの設定温度を変えて、冷暖房のエネルギー削除をしましょう

Plant a tree

たくさんの木を植えましょう

1本の木は、その生育中に1t以上の二酸化炭素を吸収することが出来ます

Be a part of the solution

環境危機について、もっと学びましょう

そして、学んだ知識を行動に移しましょう

子供たちは、地球をこわさないで、と両親に言いましょう

Encourage your friends to see An Inconvenient Truth

映画『不都合な真実』を観て

地球の危機について知り、友に勧めましょう

これから日本のあちこちで上映されるようになればいいな~


ありがとうございます。

« 神さまに愛されてる男達④ 話題の男編 | トップページ | 不都合の真実② »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ありがとうございます。
初めまして。愛媛の松本たけみさんからよくお話を伺っています。今年もカレンダーを頂きました。
私も含めて 自分面汚しをしているんですね。
次世代に送る為にも考えて10つのことがんばります。また、拝見させてくださいね。
 ありがとうございます。

たけさん、こんにちは。
私もこの映画、暇ができたら観ようと思っていました。
この冬の暖かさも、「過ごしやすくていい」な~んてきっとのんきに言ってる場合じゃないんでしょうね。畑では、1年中蝶も飛んでるし。
今の子どもは、蝶々が飛ぶ季節が理解できていないかも!?
私も、できることをきちんとやっていこうと思います!!手遅れでないことを信じて!!

たけさん、みなさんこんにちは。

この映画のことを最近よく耳にします。
先日もちょうど、ネットで調べたとこでした。
ほんま、地球があっての私たち。

上の10項目勉強になりました。
自分ができることは、取り組んでいきたいです!

私もこの映画観てみよう!

そして、地球にやさしい人間でいたいです。


☆ANOEさん

☆kotomiさん

☆makikiさん

欧米か!
いや、みんな英字だから(笑)

ぜひぜひ見てな!!!!!

映画が好きですが、仕事が忙しくて、ぜひ観たいと思いながらも見損ねてしまった1本です。
これとは別に、『ホワイト・プラネット』
公式サイト http://www.whiteplanet.jp/
作品紹介 http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6982
という、北極圏のドキュメンタリー映画を観て、危機感を覚えました。
この映像が、数十年後には見られなくなり、北極熊達も絶滅するであろうと描かれていました。
京都議定書の批准を厳守しても、恐らくはこのドキュメンタリー映画のラストの指摘の通りになるのでしょう。
アメリカは石油産業&自動車産業が盛んな国・・・京都議定書を蹴った国・・・国家の品格が知れます。
所詮は、自分達の産業が大事で、今さえ都合が良ければ、不都合な真実と直面する時期を延期しても良いのだと言う姿勢の顕れに、国家の品格の下劣さを感じました。

たけさんの書かれた、アイドリングストップですが、1分未満のアイドリングであればエンジンをストップさせない方がCO2の排出量は少なくてすみます。
 1分未満のアイドリングCO2排出量≦1回のエンジン始動CO2排出量
 1分以上のアイドリングCO2排出量≧1回のエンジン始動CO2排出量
と言う感じです。

以外と知られていないのが、エンジンの燃焼率を上げるオイル・・・これ、この前初めて使ったのですが、エンジン音が静かになり、短距離ばかりの走行なのですが燃費も向上しました。CO2の排出量も下げるようです。

車の中でも、家庭や職場と同じ様にカーエアコンの設定温度を冬は低めに、夏は高めにするだけでもCO2の排出量は違いますし、急発進&急加速&急停止を止め余裕のある運転をするだけでもCO2の排出量だけでなく、ガソリンの消耗も少なくて済みます。

あと、エアコンの設定ですが、
冬場は加湿器を使えば設定温度を3~4度低くする事が出来ますので、風邪もひき難く、家計(1ヶ月▲数千円)にも環境にも優しいです。
逆に夏場は除湿機を併用し、除湿を行い、扇風機で室内の空気の対流を促し部屋のどの位置でも均一な温度になるようにすれば、同様に設定温度を3~4度高く出来ます。これにより、女性の冷え性も改善されますし、環境にも、家計にも優しくなります。

家を建てる事を考えている方なら、日照時間が多く晴れの日が多い地域ならば太陽光発電でオール家電住宅の方が電気代が殆どかからなくて済む(下手すれば電力会社からの入金有りです)等のメリットもありますし、各市町村によっては助成金を出している所もあったようですが、期間限定かも知れませんので確認をして下さい。

長々と、ごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神さまに愛されてる男達④ 話題の男編 | トップページ | 不都合の真実② »

フォト
無料ブログはココログ