« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月20日 (水曜日)

いよいよ●●大阪タカシマヤ たけ5周年記念個展●●

いよいよ●●大阪タカシマヤ たけ5周年記念個展●●まで1週間切った。

今回は見所がたくさんありますぞ!

☆世界の北野武さんの原画

出展して下さった絵は、あの名作「HANA-BI」に使用されたものです。

世界のキタノ映画ファンには、たまらないものです。

おいらも直接に見たら、きっと泣くと思う。それぐらい思い入れがある映画・作品です。

☆シルバーアクセサリーデザイナー心姿とコラボ

キーホルダー、携帯のストラップ作りました。

たけの命を救った「奇跡の鍵」も展示します。

彼の作品が持つ独自の技法とセンスを見て下さい
http://www.arama-roots.com/

☆備前焼陶芸家リュウジとコラボもありますぞ!

八寸皿、豆皿に直接に字・デザインしました。

おいらも出来上がりを楽しみっす。

障害者と難病者の詩(lyric)ですな。

リュウジのびぜんのうた工房 
http://www.h7.dion.ne.jp/~lyric-b/

☆たけの新作ですぞ!

今回は手作りでタペストリーなど作りました。

Dscn0908_2

Dscn0909_2

☆今回だけの手描きのシャツですぞ!

Dscn0913_4 Dscn0917_3 

Dscn0916_2 手描きですぞ!

いや~素敵(笑)

数がないし、早めにお買い上げしてくださいね。

☆その他、たけオリジナルグッズをお買い上げのお客様には たけがその場で描く「和紙オリジナルポストカード」及び「たけ5周年記念クリアファイル」をプレゼントいたしますぞ!

今回の展示会は今までの集大成、そして今までにないスケールでの展示会となります。

楽しい個展になりそう!

ぜひぜひ!たけ5周年記念個展まで遊びに来てください!

●●大阪タカシマヤ たけ5周年記念個展●●

■6月27日(水)~7月3日(火)

■場所:大阪市中央区難波5-1-5 難波駅すぐ 
 7階特設会場 

たけは10時~18時くらいいますぞ!

このページをお友達に告知して頂いたら、とてもありがたいです

2007年6月17日 (日曜日)

ついてる

この「ついてる」「ついてる」は、いろんな人が言っていることだと思います。

このコトバに出会ったときは、嫌いだった。

確か、10年前?のTVで、納税額支払者No1の斉藤一人さんの特集のワイドショーでしたな。

この斉藤一人さんはマスコミ嫌いやし、ご本人の写真やコメントがなかった。

しゃーなく取材班はこの斉藤さんのビジネスのグループを取材しましたな。

そのグループの集会では

今もはっきり覚えていることは「ついてる!」「ついてる!」「ついてる!」と連呼してるおばさん達。

しかもおばさん達は全員モザイクでしたな。

新興宗教みたいだった。

リーダーの斉藤さんの言うことは、「ついてる」「ついてる」と言っていれば、必ずつくんですよ、ということ。

当時のオイラは「そりゃ、日本一のお金持ちとなっているあんたはついてるやろ~」とヒガミ100%でしたな。

~~

~~

時が流れ、

昨年のクリスマスに、松山の大学の講演があって、いつもご応援してくれる愛媛のファンの方から、

「たけさんと同じ考えの本を読んでください」と

Dscn0833

←この本を頂きました。

五日市剛さんの「ツキを呼ぶ魔法の言葉」です。

「言葉の力」の対するスタンスはおいらと、全て同じでびっくりしました。

その小冊子は、わずか1年半でクチコミだけで、60万部売れたみたい。

(ちなみに、おいらの「ほっこり生きよう」は6000部完売で、絶版になりました(笑))

また、この本の内容はすごい良かったのです。

イスラエルの出会ったおばあさんのお話が、まるで御伽噺みたいで、松山のホテルで一夜で読み終ったくらい面白かった。

そのおばあさんから教えてもらった魔法の言葉

「ありがとう」

「感謝します」

「ついいる!」

この魔法の言葉を言い続けたら、あらゆることが好転し、ツキっぱなしの人生になった五日市さん

おいらとよく似てるでしょう?

いや~ぜひ、お薦め本ですな。

↓このサイトでありました

http://www.lohas-shop.co.jp/itsukaichi-tsuyoshi.html

読み終わって、おいらの「ついてる」の認識が間違えたことに気付いた。

斉藤一人さんはお金持ちとなっているし「ついてる」ではなく

「ついてる」といつも言い続けていたし、日本一のお金持ちになった。

この7年連続NO1のお金持ちの考えは、

「私は、普通の人とはちゅっとと変わった考え方をしているです。

街中を歩いて、足元に重いものが落ちてきて、足の指を骨折したとする。

多くの人は、不幸だ不幸だ、と言うでしょうが、でも自分がそうは思わない。

超ラッキーでめちゃくちゃツイてると言う。

なぜかというと、30cmずれて頭に落ちなくてよかった。頭に落ちていたら、間違いなく死んでいただろう。

出かけるときに、玄関で下駄の鼻緒が切れてたとする。普通はこれは不運というのでしょうが、自分はそうは思わない。

玄関で切れてくれて超ラッキーだ。もし、このまま出かけて横断歩道を渡るときに切れたら、転んで車にはねられて死んだかもしれない。

ずべての現象について、私はそう思える性格である。ゆえに、私の目の前にはどんな出来事が起きてもよい。

それを全部ツイてるツイてると言うことができるので、私は一生ツイまくっている人間です。

だから、生涯ずっとNO1を続けると思います」

斉藤さんが言っていることは、むちゃシンプルです。

「ついてる」「ついてる」と言っていれば、必ずつくんですよ、ということ。

「ついてない」といっちゃうと、ツキが失ってしまうらしい。

「運が悪い」とか「ついてない」をいっちゃダメですな。

ありがとう

感謝します

ついてる!

2007年6月14日 (木曜日)

騙されるな

個展で、実演したら、よく「たけさんの一番好きな詩を書いて」と言われる。

そんな時は、「ありがとう」と書きますが、ほんまに一番好きな詩がこれなのだ。

・・・

人は何か一つくらい誇れるものをもっている

何でもいい、それを見つけなさい

勉強が駄目だったら、運動がある

両方駄目だったら、君には優しさがある

夢をもて、目的をもて、やればできる

こんな言葉に騙されるな

何も無くていいんだ

人は生まれて、生きて、死ぬ

これだけでたいしたもんだ

 

byビートたけし

      
◎【出典】「僕は馬鹿になった。―ビートたけし詩集」ビートたけし著(祥伝社)
      

うん。真理でしょう。

12年前、おいら宇宙学を知って、京都の鞍馬にいろいろ教えてくれる老夫婦に会った。未だ心の師匠やけど、

当時、納得できないこと(教え?)があった。

「夢とか希望とか持つことはあんまりいいことじゃない」と老夫婦から言われた。

当時のおいらは、すごく反抗した。

「いや、それはちょっと違う。人は、理想の自分、生活になる為に努力する。

人生の目標を達成するため、生まれてきた」と思った。

夢や希望を持たなければならない。

何事も思いどおりするために、人の倍、五倍、十倍努力をしなさいと学校で習ってきた。

「もっと、もっと、まだまだ」

「あれが足らん」

「これがほしい」とように・・・・

この12年間、いろいろあったが、最大な出来事は、障害者になったことだろうね。

一見したら不幸な出来事だった。本人の僕もそう思った。

小便はチューブ,大便はオムツの中,排泄は人任せ,食事は鼻からチューブ。

ベッドの上でぶざまな姿を見せるだけ。出来ないことの多さに人生終ったと絶望した。

・・・・・

今は、障害は残ったけど、元気にしてる。

当時は食事は鼻からチューブだったし、今、おいしいものを食べれるって夢のよう。

当時はオムツだったし、今の、自分で歩いて、トイレでうんこ出来るって夢のよう。

当時は車いすだったし、今の、車を乗って全国に行けるって夢のよう。

当時は仕事なく、住んでるところもなく、人生が終ったと思ったし、今の、自分の表現で生活出来るって夢のよう。

おいらはこの障害で気付いた。

夢って、

幸せって、

今、自分がおかれている日常そのものかもと。

そんな状態で、また、「夢、希望ない」と言う人が現した。

宇宙に法則をわかりやすく教えてくれる小林正観さんだ。

今なら小林正観さんが言う「夢、希望ない」をよくわかる。

普通に話ができることかどれほど幸せか。

普通に歌を聴けることがどれほど幸せか。

普通に手を動くことがどれほど幸せか。

普通に生活ができるがどれほど幸せかと。

すべてありがたくてありがたい。すべて夢のよう。

必要なものは全部頂いているかも、と気づいてしまった。

私はいまのままで十分幸せです。

私は今が夢のよう。

夢をもて、目的をもて、やればできる

こんな言葉に騙されるな

何も無くていいんだ

人は生まれて、生きて、死ぬ

これだけでたいしたもんだ

2007年6月13日 (水曜日)

いよいよ

いよいよ、松本いよ

高島屋大阪店(なんば)まで2週間です~

次は本当に規模の大きな個なので、準備に追われて焦りまくりの毎日です。

はたして間にあうのか~

いや、きっと、間に合う。

と思います。

新作のタペストリー、手書きのTシャツなど、準備して行きます。

楽しみにしてくださいな

ご応援していただき、本当にありがとうございます

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

フォト
無料ブログはココログ