« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木曜日)

いつも笑ってるあなたを尊敬します①

先日の「生命のメッセージ展」は、

時間を見つけて命のメッセンジャー達とじっくりと対峙して、

ほんまにいろいろ考えていたイベントでした。

この「生命のメッセージ展」は、主催者の一人から「たけの参加」のお話をもらった。

その方は、交通事故で最愛の息子さんが亡くなられた。

信号ない、渋滞していた片側一車道で、横断歩道の前にもかかわらず、徐行せず、走ってきた2トンダンプカーに轢かれ即死でした。

わずか9歳でした。

お母さんは、あまりにもショックで、聴覚が不自由になった・・・

・・・

たけのことをご応援くださってるけど、いつも笑っている。

笑顔がむちゃ素敵なおばさんです。(失礼!笑)

でも、

生命のメッセージ展では、その息子さんのパネルで、現実を見たのです。

遺族の無念、息子さんの軌跡を見て・・・・・・・

感動した。いつも笑ってるお母さんに。

全て受け入れて、全て許して、恨み、泣き言を一切言わず、

いつも笑ってるお母さんに感動したのです。

自分は障害者になったくらい、悲しいことがあったのに、

いつも笑ってるお母さんに感動したのです。

それは、仏の慈悲の微笑みかもしれない。

最後の片付けの時、おいら、お母さんをギューと抱きしめたのです。

「つらかったね

すごく苦しんだね

よくがんばった

いつも笑ってるあなたのことを尊敬します」

と心の中で言ったのです。

・・・

・・・

10年前か、中国の四川省でバス事故が起きました。
その犠牲者に日本の女子大生がいました。わずか19才の若さでなくなられた。
中国の偉いお方が、日本から駆けつけた遺族にお悔やみを述べ、謝罪した。
その対して、女子大生のお父さんは、こうお答えなられたのです。
・・・
「私の娘のために、国を隔てて、ご迷惑をかけました。
事故は、中国にも、日本にもあります。
だからこそ、起こらないように努力しなければなりません。
手違いや(中国側はその娘さんの名前を間違い)遅れなど、ありましたが、
中国が国を越えて最後まで協力してくださったことに感謝しています」
・・・
中国の偉いお方が、娘を失った父親の立派な態度に、涙をうかべながら、事故再防止を誓ったといいます。
・・・
・・・
・・・
風見しんごさんの長女で5年生えみるちゃんが交通事故で亡くなられたことは、記憶に新しいけど、
風見しんごさんも立派な態度で、深くおいらの胸をうつお話でした。
・・・
彼のブログを見て、ご家族の気持ちを察するに、悲しく思いますが
控訴を知って
・・
「加害者には、ただただ恨まない」とおっしゃった。
容疑者のことを決して悪く言わないしんごさん。 
しんごさんの姿勢に感動したのです。
・・・
人を怒らば我もまた
人の怒りを受けつべし
怒り怒られ
打ちつ打たれつ
いずれかは身の仇(あだ)ならぬ
(法句経より)
・・
続く

2007年11月25日 (日曜日)

死にたい②ありがとう

前回、『死にたい』の日記から、いろんなの方がメールいただきました。

『「自殺」した魂は永久永劫の苦しさが、ある』は遺族にとって、ひどい言葉。

『大切な人の自殺を止められませんでした』

『この世でも十分苦しんで、死を選んでしまった。 でも死んでもなお苦しんでいるのかと思うと、 安らぎが待っていると信じたいんです』

など

・・・

・・・

いっぱい苦しかったね。

つらかったね。

自分をいっぱい責めたと思う……

遺族なら、誰でもいつか安らぎにいける、そう思いたいとしれませんが。



でも、

子供、旦那、妻、友達から

「死にたい」と言われたら

「49日頑張って行けば、安らぎが待っている」と言いますか?

「この世の苦しみから逃げて自殺して、いつか安らぎに行ける」と言えますか?


今の現実を受け入れてください。

その人は、いただいた命を自分で絶ったことを反省してます。

猛省してます。

僕の話は、ひとつの情報と思ってください。

僕はそれを見たものではじゃないし。

別に信じられなくても、結構ですよ。

ただ、遺族の苦しみはつらいけど、

不満不平、愚痴、泣き事、恨みつらみ、言わず、

自分を責めなく

ありがとうと言い続けて下さい。

光を与えて下さい 。

ありがとうはあの世も光になります。

・・・・

『宇宙学』よると(「先祖供養の重要性」より)

霊魂の進化のために、その霊魂自体が耐え得る範囲の苦痛、経験が準備されるものである。

これは、ひたすら、その者にある守護霊、指導霊、守護神によって仕組まれるものである

今の苦痛、経験耐え得る範囲だった!だから、自殺は守護霊、指導霊、守護神に裏切るものといえるね。

・・

人間は「有り難いだ」と思う心が起ったならば、既に大神様の愛を波長の感じとったと同様である

やっぱ、ありがとうは宇宙一いい言葉だった!

・・・

先祖霊は、、既に霊界の上層にあって、地上とは比較するところもないほど、美しい環境で、汝等が天国とか極楽とか申す暮らしをしている者があったとする

この先祖霊に対して、地上から愛念を送ったら、直ぐにその先祖霊は愛念を感じて、その愛念の何倍、何十倍もの愛念、善念を送り返して汝等を祝福して来るのである。

やっぱ、「ありがとう」は宇宙一いい言葉だった!

「ありがとう」と言い続けると、いいことは次々やって来る!

・・・

また、逆に、汝等が地獄と称する霊界の暗黒の境涯に墜落している先祖霊があったとする。

この先祖霊に対して、地上から愛念を送ったとすれば、その暗黒の境涯に一灯を投げ与えたように光明を与えるものである。

その光明でやがて救われの道が拓(ひろ)けてくるのある。

やっぱ、ありがとうは宇宙一いい言葉だった!

どうですか。

何があっても、ありがとう でしょう

何かなくても、ありがとう でしょう

大切な人が死んでも、ありがとう です。

歯を食いしばって ありがとう です。

ちなみに

仏典や聖書を教典を読んでも、あまりに効果はないみたい。

その読経を愛念と受けとめるけなげな霊は、殆どいないそう。

よく考えても、自分が死んで魂になったも、自分だったやね。

読経よりに「ありがとう」の方がありがたいはず。

2007年11月23日 (金曜日)

「死にたい」のコメント返り③

前回の「死にたい」のコメント返りを、みんなに読んでほしいし、日記で返事します。

・・

☆☆☆ゆみ☆☆☆

>最近。いじめを苦に自らの命をたってしまう子が本当に増え…悲しい気持ちでいます。【学校側がいじめを見落としていたからだ!】とニュースなどでよく聞く言葉ですが…私はまずは【家庭での会話】が1番大切ではないかと思います。 1日5分でいいから子供と向き合って話しをする時間があるか?ないか?で自殺の芽を【親の手】で早期につんでやれるのではないかと・・。

←ゆみさん、ありがとう!

おいらも【家庭での会話】が1番大切ではないかと思います。

ここに、ちょっと古い資料やけど、国立浜松医科大学の大原敬健士郎教授の発表された

「わが子を自殺に追いやるために八章」というのがあります。

若者達の自殺防止のあり方を逆説的の述べられたものです。

1、子供の成績に一喜一憂せよ。顔を見たら「勉強しなさい」と言う

2、夫婦仲を悪くせよ。両親は口ぎたなく、ののしり合うこと

3、転居、転職をしよう。子供を友達から離し、孤独に追いやる

4、死の教育を常にせよ。「死んだ気で頑張れ」などと子供を励ます

5、人生観は無用。小遣いをたっぷり与え、欲しいものは何でも買ってやる

6、子供を大人扱いするな。何でも世話をやき、しりぬぐいをしてやる

7、いつも、ものわかりのよい親でいよう。わが子が酒を飲もうがほうっておく

8、サインは無視せよ。子供が死を口にしても、「どうせ死にっこない」と無視しておく

☆☆☆ゆか☆☆☆

また来てな!

オイラが大好きな人に「夜回り先生の水谷修」さんがいる。

こんなことを常に言う。

・・・・・・・

「おれ、窃盗やってた」

いいんだよ

「おれ、暴走族やってた」

いいんだよ

「わたし、援助交際やってた」

いいんだよ

「わたし、リストカットやってた」

いいんだよ

「おれ、イジメやってた」

いいんだよ

「おれ、カツアゲやってた」

いいんだよ

「わたし、シンナーやってた」

いいんだよ

「わたし、家にひきこもってた」

いいんだよ

昨日までのことは、みんないいんだよ。

「おれ、死にたい」「わたし、死にたい」

それだけはダメだよ。

まずは今日から水谷と一緒に考えよう

・・

・・

・・

たけです。

過去はいいみたいね。

生きてください。

生きて生きて生きて抜いてください。

おいらが

何も出来なかったあの子の分まで

死ぬまで生きてください。

「死にたい」のコメント返り②

前回の「死にたい」のコメント返りを、みんなに読んでほしいし、日記で返事します。

☆☆☆きよ☆☆☆

>「死にたい・・」と思う人を
「生きてみたい!」と思える人にしてあげたい・・
たけちゃんの心の叫びが聞こえてきたよ。
人は、絶対に一人じゃないもん。
そうやんね?

←そうやんね!

ドラマ「3年B組金八先生」で、こんな授業の1コマがあったそうです。

・・・・・・・

自殺を望む人と、それを止める人になったつもりで言葉を交わすという場面

自殺を望む側は、将来への絶望、愛する人の死、受験の失敗等を理由に。

止める側は、他にも楽しいことがあるとか、両親が悲しむ、と説得。

でも心をかえるまではならなかった。

唯一、思いとどまらせたのは

『あなたが死んだら、寂しいよ』という叫びだった


実際に東京の中学の授業で行われている内容です

言葉には、「頭で考えた言葉」と「体から出た言葉」がある。私たちの人生には、「体から出た言葉」でなければ届かない時がある。
金八先生のセリフが心に刺さりました。

・・

・・

・・

・・

☆☆☆まゆ☆☆☆

>どんな人にも”死にたい”と思わせるような出来事が一度は訪れるんでしょうね。

←その通り!

おいらが尊敬してやまない小林正観さんは、

『””という漢字は、面白いことに

【人は一回叩かれる】って書いてあります。

命を頂いてる人は、必ず一回叩かれますよ。ということかもしれません

大きな病気、事故、災難にあう。

でも、そう結果として、魂が鍛えられる、ということを教えてくれているのではないでしょうか』

・・・

たけも34歳に、キツ~~~~~イ一発がありました。見事に叩かれました!

でも結果として、魂が鍛えられたわ!!ハハハ!

誰も、最低一回は、きつい一発で叩かれると思ってる方がいいね。

「死にたい」のコメント返り①

前回の「死にたい」のコメント返りを、みんなに読んでほしいし、日記で返事します。

☆☆☆はる☆☆☆

>「今」という長い人生の一瞬だけを見て結論を出さずに、もう少し、もう少し、耐えて欲しいと思います。

←同感っす。

愛読してるメルマガ「名言セラピー」で、こんな記事があった。(ひすいさんサイコ~!)

・・・・・・・・・・・・・・

ひすいです。

最近思うんです。
ツイてない人って、実はむちゃくちゃツイてるんじゃないかな~
と。

僕は人生の時間は2種類しかないと思ってます。

・楽しんでるか
・学んでるか

そのどちらか。

辛いことや困難なことの多い人、
人生思うようにいかないときって
むちゃくちゃ学んでる時なんですよね。

学べるって
それはツイてますよね?

いわゆる成功者に
人生が大きく開いていったきっかけを聞いてみると
「あんときの災難のおかげだなー」
という方は多いです。

アメリカのギャロップ社の調査では
そう感じてる人が87%もいたそうですから。
(『目覚めの一言、いい気分』松浦英行著(英光舎)より)

=============================================================
というわけで……3秒セラピー♪

辛いことって87%の確率で
人生最高のギフトに変わります

============================================================= 

・・・・・・・・・・・・・・・

たけです。

「有難う」は「難」が「有る」と書きます。

苦しい時こそ、「ありがとう」という意味かもしれない。

以後、講演には言ってることですけど

・・・・

「僕はこの障害に無理やり感謝しました。

言葉を忘れてしまったけど、「ありがとう」と思い続けました。

オムツ姿やけど「ありがとう」と思い続けました。

右手が動かないけど「ありがとう」と思い続けました。

助かったことを後悔したけど、「ありがとう」と思い続けました。

「ありがとう」と毎日、毎日、思い続けました。

もちろん、最初は心が込もっていない感謝だったと思いますが…

とにかく「ありがとう」と毎日、毎日、思い続けました。

すると、

発病してから二か月ほど経ったある日

「絵でも描こう」となんとなく思い、安いスケッチ・ブックと筆を買いました。

残った左手で筆をもちました…

!!

まったく不思議だった。

言葉はなかなか出てこないのに、筆ならスラスラと躍るように描ける。

絵を描くことは小学生の図工の授業以来の僕なのに,なんと左手で絵を描けるんです・・・・・・・」

・・

・・

「もう死んだほうがましだ」と思った障害も,

今は「おいしい」と思う。

僕が街のストリートに出たら、

『無口の絵売り』と、人は一発で覚えてくれる。

マスコミも取材してくれる。

なにひとつ自己主張を言わず、

いつもニコニコしている僕のことを、

人は

『いい人』と勘違いしている。 

「おいしい」でしょう?(笑)

欠点を長点に変えるとかってよくいうじゃないですか。

自分が欠点と考えることも,気持ちひとつだけで長点になる。

まさに僕の場合は、障害は個性になって、味方になりました。

「ありがとう」の一言で(^^ 

・・・・・・・

2007年11月20日 (火曜日)

死にたい

生命のメッセージ展終った。

3日間よく見た。よく泣いた3日間でした。

「今日」があるって、むちゃくちゃありがたいことですね。

・・・

『いただいた「命」について、考えてみませんか。ぜひ、あたなに見てほしい』

と前回書いたけど、

絶対見てほしかった「あなた」が来てくれた。

自ら命を断とうとした「あなた」が来てくれた。

パネルを見て、ご両親が どんな想いで病院で 見守っていたかとわかったかい?

「今日」という日はあの子がどうしても生きてみたかった日だとわかったかい?

・・・

生命のメッセージ展から自殺を考えていた

・・・

「たけなら自分にこの痛みを理解してくれるかもしれない・・・」と思ったか

月1回くらい、「死にたい」、全国からいろんな人から来るメール。

ほんまに死んだ人もいた。葬式に行ったこともある。

この国は年間3万以上自殺を生み出している。交通事故で亡くなる人は1万前後。

あの子がどうしても生きてみたかった今日も、80人以上どこかで自ら命を絶っている。

もはや、異常といっていい。

この国は自殺天国といっていい。国会議員も校長も警察官も子供も自ら命を絶っている。

世界一の率らしいな。

・・

「死にたい」とメール来る人は、

こんな返事してます。

「あ~やめた方がいいよ。「自殺」した魂は永久永劫の苦しさが、ある。

この世の苦悩から瞬間に逃れられたように見えても、あの世ではもっとひどい責め苦を受けねばならないということ。

・・・

自殺の仮死状態から行き返られた人は、死後の世界の様子について、こんな証言をしてる。

「いや・・・・・恐ろしいのなんのって・・・・・

あれじゃ、この世の生き地獄のほうがまだ楽ですよ。

この世はどんなに苦しくても、まだなんとか息できるでしょう。

でも、そんなものなんにもないでしょう。

ただただ苦しめられ責めつけられてるだけなんです。

私はもう二度とあの世の地獄には行きたくないです・・・・」

・・・

1歳に死んだ子も、90歳に死んだ人も、事件、事故、病気で死んだ人も、寿命です。

今世は、魂の向上のため、あの世で自分が書いたシナリオみたいです。

命をいただいてる全員は課題を決めて、生まれて来た。

「神様は試練を乗り越えられる人にだけに試練を与えます」とよく言われるけど、

あの世で神さまと自分の魂で乗り越えられる課題・試練を決めて、生まれて来たそう。

自殺は、自分で決めてた課題を途中で投げ出たもの。

そりゃ、宇宙から罰があるな。

続く(多分)

2007年11月16日 (金曜日)

見て欲しいね

今日は16日~18日開催される「生命のメッセージ展」の搬入をやった。

犯罪・事故・いじめ・医療過誤・一気飲ませの結果、理不尽に生命を奪われた犠牲者が、主役のアート展です。

会場には、一人一人パネルがあった。200人以上あったか。

やっぱり、泣きそうになる。

どんな原因で死に至ったことがよく解ったし、遺族の無念もよくわかった。

いろいろと考えさせられる展示会。

・・

・・

週末に、映画にデートに行く人は、こちらの方が、映画よりドラマを感じるだろう。

バーチャル社会のもたらす弊害から、リアルな死・痛さを感じてない子供を気になるお父さんお母さんは、こらちの方が、マクドに行くよりいいだろう。

そして、来たら、自分の歳とかわらない犠牲者のパネルを真剣に見る子供がいることに気付くだろう。

車を乗る人は、自分が乗るものは凶器と気付くだろう。

過去に1回でも、飲酒運転をやった人は、己の愚を気付くだろう。

自殺を考えた人は、「今日」という日はあの子が何としてでも生きたいと思った日だと気付くだろう

自殺未遂の体験をある人も、「今日」という日はあの子がどうしても生きてみたかった日だ

と気付くだろう。

いただいた「命」について、考えてみませんか。

ぜひ、あたなに見てほしい

★★★11月16日(金)~18日(日) 生命のメッセージ展in滋賀★★★

※たけは期間中います。17日は10時から講演有り


■場所:GーNETしが大ホール
    近江八幡市鷹飼町80-4 TEL0748-37-3751   
■時間:9:30~18:00※18日(日)は17時まで
■入場料:無料
■お問い合わせ:「生命のメッセージ展in滋賀2007」実行委員会 事務所 田中博司
■電話:0748-58-0373

「生命(いのち)のメッセージ展」 とは、殺人事件、交通犯罪、医療過誤、いじめ自殺、一気飲ませの結果の死など、その死の原因を、社会問題として考えていかなければならない事件・事故の犠牲者が主役の展覧会で、キーワードは 「理不尽に奪われた命」 です。
 等身大の真っ白なパネルには、彼らが元気だったころの写真が掲げられ、その足元には、お気に入りだった靴が置かれています。
 2001年3月、東京ではじめて開催され、その後全国各地で現在まで40回開催されています。
 なお滋賀県でも2003年10月に開催されました。

 このたび、近江八幡駅前の滋賀県立男女共同参画センターで 「生命(いのち)のメッセージ展 in 滋賀2007」 を 「今 そして未来を生きる」 をテーマに、滋賀で再び開催いたします。

 過去に辛く苦しいことがあった人、あるいは今日までとても幸せに暮らしてきた人も、会場の等身大パネルと向き合い、メッセンジャーの家族によるスピーチや講演、コンサートなどに耳を傾け、いとも簡単に命が奪われていく現実を他人事ではなく身近なこととして受け止めてほしいのです。
 安全・安心なまちづくりのためにも、メッセンジャーから発信されるメッセージを通して 「命を尊ぶ心」 を一人ひとりが取り戻し、今一度いのちの大切さを家族・学校・職場・地域で考える機会にしていただければと思います。

 またこの機会に、水郷と古き商家のたたずまいの近江八幡を、散策されるのはいかがでしょうか。

http://www.eonet.ne.jp/~inochim2007/「生命のメッセージ展in滋賀2007」 実行委員会

※たけは期間中います。17日は10時から講演有り

2007年11月15日 (木曜日)

「恨み」より「許し」

昨日で、堺タカシマヤの個展が終りました。

来て下さったみなさま、わざわざありがとうございました!感謝します!

楽しかったんです~

20年ぶりの方も、なんばタカシマヤで会って、イオンで会って、この堺タカシマヤで再会した方が多く来てくださったのです。

おいらは幸せです。

そうそう、なんばタカシマヤで初めて来てくれて、今回で3回来てくださったある親子がいらっしゃる。

☆1回目のなんばタカシマヤは、

お母さん一人で、小4の男の子の息子さんの不登校で悩み、ご相談に来た。

なんばタカシマヤは時間がなかったし、ゆっくり筆談出来なかったけど、

「まずお母さんが太陽になろう。息子さんに不満不平を言わず、いつもニコニコしよう。不登校だっていいじゃないか

とおいら言った。と思う

・・

☆2回目はりんくうイオンだった。息子さんも連れて遊びに来てくれた。

その時は、おいらは「家に居てくれて、ありがとう」とお母さんと彼に言った。

「家にいられなかったら、街に出て行き、心配でしょう?学校にも家にも居場所がなくなったら、死んでしまうかもしれない。

家が居心地が良いことだから、ありがとう」と言った。

彼は明るく素直そうかわいい男の子だったし「大丈夫よ!」とも言った。

・・

☆3回目はこの堺タカシマヤだった。

いま、彼はフリースクールに通って、元気に楽しく毎日そうだ。よかったわ~

とにかく、おいらのことを慕ってくれるみたいで、うれしいし、可愛らしい。

彼から質問があった「友達を許すって出来ますか?」と

聞いてると許せない友達がいるみたいだ。不登校の原因か

おいら、ちょっと感動したのです。

「恨み」より「許し」を選んでいた彼に。

ちょうど、この個展で、ある離婚した女性から

「今も元だんなに深く傷つけられ続けいる、許せないでいます」と相談があったし、

同じのように、こんなこと言った。

・・・・・

「佐藤さん、佐藤さん、佐藤さ~ん」と佐藤さんを呼ぶと佐藤さんが来るよね?

「中村さん、中村さん、中村さ~ん」と中村さんを呼ぶと中村さんが来るよね?

「鈴木さん、鈴木さん、鈴木さ~ん」と言っても、佐藤さんとか中村さんは来ないでしょう?

「しんどい、しんどい、しんどい」と言ったら、「しんどい」さんがやって来る。

「つらい、つらい、つらい」と言ったら「つらい」さんがやって来る。

「ありがとう、ありがとう、ありがとう」と言い続けたら、

ありがとうと言いたくなることが次々やって来る。

「はじめにコトバありき

コトバは神とともにあり

コトバは神なりき」 聖書の一節です。

人生を作るものは、自分の口から発するコトバ。

・・・

だから、彼に

「僕は○○くんを許します」

と無理やり何度も言ってみて と言った。

「たけもそうでしたよ。この障害に無理やり感謝して、ありがとうと言う続けてるよ

だから、今のたけがいるよ」

彼が、実践するかしないかわからんけど、

ちょっと考えて・・・・

・・・

・・・

「あっ!初めに言葉ですね!」と言ってくれたし、

恨みの連鎖を切ることを出来ると思う。

彼なら

 

2007年11月 9日 (金曜日)

いま堺タカシマヤで個展中です!

昨日から開催された堺タカシマヤの個展ですが、

ひまっす:+.゚(*´□`*)゚.+:ハァァァ

自分の仕事とか、個展・イベントが暇ならどうする?

おいらなら、

ストリート時代から「ありがとう」と言い続けている(心の中で)

すると、なぜかお客さんが来るし。

・・

うちの最強のスタッフの小牧なら

昨日、

「ひまね・・・・・

トイレ掃除やるわ!

とタカシマヤのトイレ掃除を始めた。

(もちろん、道具などない。紙と素手のみ)

トイレ掃除は、金運アップして、仕事も来るけどね・・

・・

・・

・・

小牧がトイレ掃除に行って、

・・

・・

・・

30分くらい、

・・

「これ下さい」とお客さん

・・

・・

しかも、

この日デビューしたばかり北海道のスケッチの絵を指差してる!

キター!ヾ(●≧ω≦●)ノ"

オイラ嬉しかったですわ~~

・・

トイレ掃除か、ありがとうか、そんないい絵か  よくわからんけど、

トイレ掃除は金運アップすることは間違いない!

2007年11月 7日 (水曜日)

HPリニューアルしました!

BBSはないし、

ブログのコメント利用してくださいね

千手観音から帰りました

001 久しぶりの更新ですな~

いろいろご心配のお声を戴きましたが、おいらは元気ですよ。

いろいろしましたわ~

今、堺タカシマヤの個展の搬入から帰りました。6月のナンバ店みたい大きい個展じゃないけど、かわいい個展出来るやろ~

ひ、

★★★11月7日(水)~13日(火) 堺タカシマヤ★★★

■場所:大阪府堺区三国ヶ丘御幸通59番地
    TEL 072-238-1101 
    7階 文房具売り場 
■アクセス:南海高野線 堺ひがし駅すぐ
■入場料:無料

*たけは11時~18時までいる予定です。
エコカレンダーもありますよ~

新作(北海道でスケッチしたもの)もありますよ~

・・・・・

そうそう、こないだ

中国障害者芸術団JAPAN First tour2007 千手観音My夢Drearm

から帰りました。

6回だけの参加でしたが、むちゃくちゃ素敵ないい公演でした!

ついてる、おいらは、6回も公演見えたし、リハも見えたし。

やっぱ、目玉は千手観音やろね。感動しっぱなしでした。

聴覚障害を持った10代~30代、21名の男女が一糸乱れぬ手の動きで観音を舞います。

時はハツラツとして舞い、

時は優雅に舞い、

時はユニークなポーズで

時は悩ましく舞い、

それはそれは、素晴らしい踊りだった!

おいら思った。

それほど素晴らしい芸術団なら、憧れる健常者の少女が世界にたくさんいるはず。

(現に、会場にバレエ少女たくさん来た)

いくら憧れても、耳が自由な者は入れない。

障害者を憧れることまでやった彼女達は、やっぱり素晴らしい。

・・・

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

フォト
無料ブログはココログ