« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月20日 (木曜日)

「ありがとう」が言えたら、何とかなる

たけが唯一しゃべれる言葉は「ありがとう」のみです。
毎日、「ありがとう」と言いまくりだから、おいらは唯一しゃべれる言葉になった。
最近は、お客さんの前でも、「ありがとう」と言ってる。
お客さんが聞いたら「あ#※Θう」のように聞けてるかもしれないけどね。
今まで仲よい友達の前に、言っていたけど、
やっとお客さんの前に恥をさらす勇気が出た。
「ありがとう」
おいらの唯一しゃべれる言葉やし、
何か言われても「ありがとう」って、たけらしい。
・・
・・
京都新聞でこんな記事を見つけた。
「こまど」という投稿コーナーに投稿した主婦の記事です
・・・・・・・・・
あ・り・が・と・うー。
A君は私にはっきりそう言った。両親のいる前で。
今月15日、A君が8歳と10日目の出来事だ。
親友の息子である脳障害児A君の療育のボランティアをしている。
今月5月20日付の「こまどー言葉が出た」で,A君がありがとうの「あ」という言葉を発して
感激したことを書いた。
それから半年。やっと「ありがとう」と言えた。それまでも「ありが・・・」までは、何回も言えていたのだが、それから後が言葉にならなかった。
それでも、十分、気持ちが伝わり、うれしかったのだが、いつかは全部言えるを信じていた。
両親は、彼の可能性を信じて、日々、療育に取り組んでいる。
「ありがとう」が言えたら、何とかなる。
「ありがとう」だけは言えるようになってほしい。
いつもそれ願ってきた。
その思いが通じた瞬間だった
・・・・・・・
A君へ、「ありがとう」だけ言えるおっちゃんがここに居ますよ~
「ありがとう」が言えたら何とかなるよ~
おっちゃんは6年で、やっとお客さんの前に言えるまでになったよ~
「ありがとう」が言えたら何とかなるよ~
これすら言ってない人が多いね~?
ね~A君

2007年12月15日 (土曜日)

アホのブルース

アホなうたを作りました。 聴いてください

=『 アホのブルース 』===

いやなことを言われてもニコニコしてるアホ 

いやなことがあっても「ありがとう」というアホ

ひどいことをされても怒らないアホ

ひどいことをされても許すアホ

そんな アホは敵がいない

まさに無敵(ムテキ!)

無敵のアホ(ムテキ!)

無敵のアホ(ムテキ!)

オイラも無敵のアホになりたい

無敵のアホになりたいな(ナリタイな!) 

敵がいない無敵のアホのブルース

(間奏)

自分は自分だと人と比べないアホ

勝ちを人にニコニコして譲るアホ

一銭ももらえないことを黙々してるアホ

楽だからとがんばらない生き方をしてるアホ

そんなアホは敵が素になる

まさに素敵(ステキ!)

素敵なアホ(ステキ!)

素敵なアホ(ステキ!)

あたいも素敵なアホになりたい

素敵なアホになりたいの(ナリタイの!)

敵が素になる素敵なアホのブルース

♪♪

オイラも無敵のアホになりたい

無敵のアホになりたいな(ナリタイな!)

あたいも素敵なアホになりたい

素敵なアホになりたいの(ナリタイの!)

♪♪

ラララ~

無敵のアホ(ムテキ!)

素敵なアホ(ステキ!)

ラララ~

敵がいない無敵のアホ

敵が素になる素敵なアホ

(一緒に)

ラララ♪♪

敵がいない無敵のアホ

敵が素になる素敵なアホ

(2階も!)

ラララ♪♪

敵がいない無敵のアホ

敵が素になる素敵なアホ

(ラスト!)

ラララ♪♪

敵がいない無敵のアホ

敵が素になる素敵なアホ

(もう1回!)

ラララ♪♪

敵がいない無敵のアホ

敵が素になる素敵なアホ

(ワンモア!)

ラララ♪♪

敵がいない無敵のアホ

敵が素になる素敵なアホ

♪ジャン

せんきゅゆー!

2007年12月14日 (金曜日)

ありがとう山陰!恥をさらす勇気

大好きな山陰の米子髙島屋の個展が無事終りました。

遊びに来て下さった方々、ほんまにありがとうございました。感謝します。

実は、この個展に

テレビ局3社、新聞社2社、ケーブルテレビ1社が取材に来てくれたのです。

初日は、マスコミ内展会みたいだったんです。

これも、山陰に住んでる一人の女性のおかげです。

山陰のマスコミ全部に「ぜひ、たけを取材してください!」と手紙を書いてくれた。

・・・

彼女は、離婚、心の病気、パニック障害、娘さんの不登校など、大変つらい思いをされた人。

いろいろ苦しい時にたけの作品、ブログを見て、「ありがとう」「がんばらない」「幸せとは気付くもの」と前向になったみたい。

まだ、いま完治しないけど、マスコミの取材の対応は、難しいことと思うよ。

あるテレビ局は彼女のコメント取るため、お家に行く計画があった。

初めては、顔NG、お家NGと彼女は言った。

おいらは

「うん、それでいいと思う。○○さんのこれからの生活があるし、告知してくれただけで、ありがたい」

とメールで彼女に言った。

・・・

放送の6時ニュースがある日、高島屋の社長室で、社員の方々と見た。

びっくりした!!

彼女は顔、家をさらして、笑顔でコメントしてた。

ご自分の心の病気、娘の不登校をさらして堂々コメントしたのです。

ちょっとした感動でした。その勇気に。

翌日から、彼女の勇気の応えたように、たくさんの人が来てくださった。

うつ病、パニック障害、障害者、子供が不登校、ガンなどの人。

これも彼女の勇気のおかげです。

ありがとう!

その勇気にパチパチです。

その勇気を見て、ある詩を思い出した。

「受身」

柔道の

基本は受身

受身とは

ころぶ練習

まける練習

人の前にぶざまに

恥をさらす稽古

受身が身に

つけば達人

まけることの尊さがわかるから

byみつを

・・・

放送から2日後、彼女が娘さんと友達と来てくれた。

数年ぶりの外出だった。電車に乗れた!

初めて会った彼女は笑顔があふれて、何とも幸せそうだった。

2007年12月 3日 (月曜日)

いつも笑ってるあなたを尊敬します③

前回の②は、ご批判を覚悟して書きました。

・・・

宇宙学を知って、いろいろ勉強して、「怒り」が一番ご法度の心と知った。

のに、恥ずかしい話なんですけど、

「戦争起こした人を許せない!」

「ひどい事件を起こした犯人を許せない!」

「汚い政治家を腹立つ!」など、とまだ思う自分がいました。

小さいことを腹を立てないつもりけど、大きいことを起こした人に腹立つ。

おいらはそれは正義と思っていた。

でも、小林正観さんの本を読んで、目からウロコを100枚以上落ちたわ。

(『で、何が問題なんですか』弘園社)

それはQ&Aの本で、

Q:「どんなことがあっても腹を立てちゃいけない。怒っちゃいけないと正観さんはおっしゃいますが、私はひとつだけどうしても腹を立て、憎んでしまうことがあります。

それは戦争を起こした人たちに対してです。

これはいけないことなんですか?

それは正しい怒りではないのでしょうか?」

まるでおいらにようで、ドキッしました。

小林正観さん

A:その「怒り」こそが戦争を起こしてるんじゃないか、ってことです。

戦争を起こしてる人って、自分は間違ってるっておもってないんですよね。

正しい怒りであり、正義の戦いだってみんな思ってる人たちなんんですね。

その結果、戦いになる。

だから、どんなことがあっても、腹を立てない、どんなことがあっても戦わない、ということが重要なんです。

この条件だったら腹を立てないけど、この条件だったら腹を立ててもいいだろう、というのはないんですよ。

社会現象・事件に対して,、こんなひどいことは起きてるじゃないか、あの人はこんな悪いじゃないか、って言う必要はどこにもないんです。

私がどう生きるかだけを考えましょう。

私が人を殺めるのがイヤだと思うなら、絶対に人を殺めない。

人をだますのが悪いことだと思うなら、私はしない。と決めるだけであって、それをした人間を非難し糾弾するのはやめにしましょう・・・・・」

・・・

ってさ、おいらは耳が痛いお言葉でした。

人のことをいちいち批判していたら、
人を愛することを忘れてしまう。

by マザー・テレサ

いつも笑ってるあなたを尊敬します②

怨みを怨みで返せば、永久に怨みの尽きることはない

by釈迦

・・・・・・・

この「生命のメッセージ展」では、

前述したお母さんみたいに笑顔が素敵な人がいますが、

こんな人ばかりいる訳じゃない。

「加害者を許せない!」

「警察を許せない!」

「甘い法を憎い!」

と書かれたパネルがけっこう多かったのです。

・・

おいらの大切な友達で、

ある事件の加害者に、極刑に処されることを支援する会をやってる方がいます。

ある事件は、それは、むごい殺され方だった。

でも、

あえて言わせてもらいますが、

おいらはこの会は否定でも肯定でもしません。

・・

極悪非道な事件が起きていたら、

普通、人々は、

「絶対に許せない!」

「極刑以外には考えられない!」

「怒りで頭がいっぱいになります!」 と声高に言う。

こんな感情は、当然の気持ちみたいね。

「ご家族の気持ちを考えてたら、極刑は当たり前!」

ともよく言われること。

でも、

肝心の殺され本人に気持ちはどこへ?

 「敵を討ちたい!無念を晴らしたい!」と言うかな・・・・・・

・・・

天使さんは、そんな気持ちではないと、おいらは思う。

・・・

おいらの場合なら

もし、

もしね、

おいらが殺されたら、

それはむごい殺されても、

残された人に、あの世でこんな気持ちになると思う。

・・・

「おっす、たけちゃんよ~

たくさん泣いてくれて、ありがとう。

おいらは、今世の学びに終えて、あの世でも幸せに暮らしてるけん、ご心配無用やねん

懐かしいおばあちゃんとかご霊さんたちに逢って、楽しいよ。

ところで

『敵を討ちたい』と活動してくれる人々へ。

おいらは、殺されて、カルマが軽くなってしまって、むしろ、感謝してるくらいやねん。

だから、本人が感謝しとるけん、

あとは、残された気持ちは各々の自分の恨み、怒りだけやね。

おいらを殺した人は極悪非道なやつだからと 極刑を活動してる人々は、

こちらから見たら、やつと同じ顔しとる。

人の死を強く希望する顔やね。

おいらはこんな顔は見たくないな~

おいらね、

見たい顔は、

ニコニコして、楽しく、幸せな顔やねん。

おいらの望むことはそれだけやねん」

おいらの場合です。

・・・

怨みを怨みで返せば、永久に怨みの尽きることはない

by釈迦

・・・

続く

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

フォト
無料ブログはココログ