« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月23日 (土曜日)

シツモンジャー③

昨日の中学校の講演は、1週後、高校受験を控えた中3対象でしたが、

宇宙の法則なんで、

「はぁ?どうでもいいですよ」と言われたみたいくらいで、

盛り上がらなかったんです・・・・・・・

さて、さて昨日の続きですなぁ

「はぁ?表現者って何?」

いやん、怒らないで

確定申告など便宜上「画家」と名乗る時もありますけど、

普段は自称「表現者」です。

「画家」は、うーん、絵が下手やし、画家の先生に失礼。

「書家」も同じく書家の先生に失礼。

「詩人」も短い詩ばかりやし、違う。

絵を使用して表現しているし「表現者」に名乗りました。

そういえば、「たけかめ」の時代にラジオ出演した時、

DJ「あなたにとって、音楽は何?」と聞かれ、

たけ「自分の表現するのは音楽が最適」と答えたことを今思い出した。

mixiやブログや自分の表現するのは風潮の今、みな表現者かもしれないね。

「宇宙学って何?」

13年前、船井幸雄先生の本で紹介されて京都の鞍馬に住んでいた老夫婦のところまで熱心に習うことが出来ましたけど、

おいらは、ガキから「宇宙人はいるの?」「UFOは?」「ピラミッドは誰が作ったの?」「ナスカの地上絵は?」「霊」「あの世」「神様はいるの?」などに興味あったのですが、

宇宙学に全部答えがありました。

宇宙学とは、神様のメッセージ「御神示」を自動書記した記録です。

当時、おいらは周りの人に「宇宙の法則」「魂」「霊」の話をしたが、「何の宗教?」「怖い」とよく言われましたなぁ。

まぁ当時おいらも未熟でよくわからん状態だったし、心の実践なかったけどね。

次第に「宇宙の法則」から「心」「意識」に向かうようになりました。

いまは、

知識は宇宙学で

実践は小林正観さんで、

おいらの基幹の考え方になりました。

さて、さて、最後のシツモンジャーですけど、

実際に中学校の講演にあった質問をライブで送り届けします。

・・・

いくつかの質問があった後)

男子A「中学生の時は何に興味がありました?」

たけ「う~~ん、性かな。Hなことばっかり考えていたな」

(男子 大爆笑  女子 ド引き )

男子A「それは何%だった?」

たけ「う~ん 50%かな」

(男子 わかるわと頷く 女子 ド引き)

男子A「今は?」

たけ「そりゃ、今は僕も大人やし、85%くらい」

(全員 「ダメじゃん!!!!」)

2008年2月22日 (金曜日)

シツモンジャー②

今日は京都の中学校の講演です。

どんなシツモンジャーがいるか楽しみです。

さて、昨日の続きですな

「耳はどうように聞けるん?」

失語症やし、音は聞けるけど、言葉の聞き分けに障害がある。

会話はまるで外国語ように聞こえる。その会話の中で簡単な単語が出たら解ります。

言語療法の先生達から珍しいと言われてきたけど。

音楽は、ほら体験した方が多いと思うけど、プールの水の中で聞く音楽ように聞こえる。

TVは地デジのおかげで、文字放送を見えて、ありがたいです。すばらしい地デジ!

言葉全般、(聞く、言う、書く)に重い障害を頂いているのに、

いま、言葉でめしを食べている。

なんか不思議ですが、

この不自由さが言葉の重さと大切さを教えてくれた。

ピンチはチャンス

最大のピンチは最大のチャンス。

そう考えてみれば、一生を通して、何が不幸かわかりませんね。

意味のないことはひとつもないと思います。

「神様、試練をありがとうございます」

「リハビリしないの?」

小泉内閣の悪法と言われる障害者自立法で、途中にリハビリをする資格がなくなった。

おいらは、まぁいいけど、もっとリハビリしたい人が多くいるはず。

リハビリって、「元の体に!」「元の機能を!」とするものやけど、

よく考えたら今の体に不満あるから、やるもの と思う。

おいらは発病した当時は、そら一生懸命やったんやけど、

いまは自分の体には一切不満ないんです。

考え方が当時から変わった。

「必要なものは全部頂いている」と

あっ  髪は欲しいです・・・・

続く

2008年2月21日 (木曜日)

シツモンジャー①

講演や個展やメールでよく質問が来ます。

失語症のおいらは、その場で答えなかったこともあるし、

言葉が足りないこともあったし、

いちいち同じ答えすることがちょっと大変な時もありますし(すいません、めんどくさがりで)

ご参考にしてくださったら嬉しいですわぁ。

「マイナスな考えしないの?」

はい アホやから。

あっ、左手のことはマイナスだったね

「グチ言わないの?」

グチ自体がない アホやから

「怒ることは?」

この数年怒ることがなかったかも。アホやし。

「腹が立つわぁ」と一瞬思ったら、神様に御礼を言う。

「気付いてさせてありがとう」と。

「小牧さんの関係は?」

(一番多い質問かもしれない)

元カノですわぁ。

付き合った時期は、1年間だけやのに、もう5年以上一緒に仕事しているわぁ。

右も左もわからんこの業界で、ずつとサポートしてくれて、

もう戦友みたいですわぁ。

最強のマネージャーですわぁ。

「儲けているでしょう?」

よく言われるけど、正直に言ったら、

「儲けたな~」と実感した時は、この5年間で、唯一、アンビリ後のみですね。

そのあとは、ギリギリの月もあるし、赤字の月もありますよ。

絵や書など知識・技術ないけど、よく今までやっていけたなぁ~と時々感じる。

「ありがとう」のおかげかな。

神とファンの方に感謝します。

「彼女は?」

(中学校で講演する時は、必ず聞かれることですわ)

今(2月21日)はいない。明日はわからん。

「なぜ結婚しないの?」

(これもよく聞かれる)

もの好きの女性がいれば、したいと思う。

「夢は?」

今が夢のようです。

自分で食事出来て、自分でトイレ出来て、自分で車を運転出来て、

自分の部屋があって、自分がやり甲斐を感じる喜ばれる仕事がある。

発症した時は全部出来ないこと・なかったことだった。

当時と比べたら、今が夢のように思われる。今は幸せやし全部ありがたい。

「好きな芸能人、有名人は?」

小林正観、相田みつを、斉藤一人、船井幸雄、、ひすいこうたろう、江原啓之、

ジョン・レノン、北野武、松本人志、島田紳介、沼口敏也、寺島進

「ストリートはしないの?」

あの場所(四条小橋)は、いまは商店街のオヤジがうるさくなって、必ず通報される。

今更、場所変えることは面臭いし、当面しないつもり

続く

2008年2月20日 (水曜日)

カンシャジャー

(ヤッターマン風で)

カンシャジャーとは?

解説しよう!!

いつも「感謝」して、「ありがたいこと」を探す人なのだ!!

★★★

アナウンススクールの先生とその生徒さんとのみに行った時の話なのだ。

その先生とおいらはよく気が合って、いつも仲良くしてもらうけど、

おいらたちの年頃は飲んだら「会社のグチ」や「奥さんのぐち」「政治のぐち」などでいっぱいらしい。

先生は、グチじゃなく、

「今日はこんなことがあって、ありがたい。ありがとう。」

「今日もごはんおいしい。ありがたい。ありがとう」

「ありがたいこと」を探して、報告会しよう。飲みながら

「ありがとう」の飲み会しよう!と

おいらも面白そうし、ぜひしましょう!いつも感謝する人がカンシャジャーと呼ぼう!・・・・

・・

こんなこともあり、カンシャジャー飲み会します。(たぶん)

カンシャジャーレッド たけ

カンシャジャーイエロー N先生

カンシャジャーグリーン Tくん

あと残る色のメンバー募集するさ

ピンク・シェルピンク・アイボリー・クリーム・スノーホワイト・シルバーグレイ・ローズ・カナリー・ダンディライアン・サンセット・パンプキン・アガット・オックスビラット・カーキ・パンプー・マホガニー・セピア・ブロンズ・アクア・ターコウズ・ブルー・シアン・アクアマリン・バイオレット・パープル・ワインレッドなど・・・・・・・・・・・・・・(しんどいわぁ)

ありがとう!

まじに、こんど、一切グチ・悪口・不満・不平言わず、

「ありがたいこと」を報告するカンシャジャーの飲み会しよう!

2008年2月18日 (月曜日)

ジッセンジャー

(ヤッターマン風で)

ジッセンジャーとは?

解説しよう!!

「宇宙の法則」を実践する人なのだ!!

おいらの講演や個展の筆談とか、

「たけが、なかなかいいこと言ってるわ。私も実践しようかな。」

と思ってくださって、

実践するジッセンジャーに変身する人がいるのだ!!

そんなジッセンジャーポチっとな紹介するのだ!

★★★

講演にある、おいらの植物のびっくりする写真を見てくださって、

「ありがとう」と言い続けて植物に水を上げる人がけっこう多いのだ。

しかも、その方達が写真や写メを見せてくれて、確認したけど、

「ありがとう」と植物に投げかけていると豊かになってしまうのだ!

広島県のバラ農園の栽培家kさんは、

バラに向かって「ありがとう」と言い続けたところ、

花の市場で、Kさんのところのものだけが、一般の金額の2倍、3倍の値でセリ落とされるになってしました。

色がきれい、持ちがいい、花が肉厚でゴージャスが理由

(小林正観「幸せの宇宙構造」より )

★★★

また、こんなこともあったのだ!

1年前の米子髙島屋でお会いした、寝たきりの重い障害児と若いお母さん。

この子は、無表情で、物を掴むことも出来ないようだ。

たけ「『ありがとう』は奇跡の言葉です。『ありがとう』とシャワーように降り注ぐと奇跡があるそうです。試したら?」

その子の車いすにサインにして、「また会いましょうね」と帰りました。

~1年後~

先々月の12月の米子髙島屋の個展までその子とお母さんが来て下さった。

おぉ~サインした車いすだ。

お母さん「この1年間『ありがとうと』言い続けてました!!

その子を見た。

なんと「笑顔だ!」

しゃべれないけど、にこにこと笑っていた。

1年前は無表情だったのに!

おいら、うるうるしたわぁ、その子の笑顔と素直に実践したお母さんに。

何ともいい笑顔なのだ!

いま、補助歩行器を使って、歩くリハビリ中そうだ!!

立つことも出来るの!?!?!?

更にびっくりなのだ!!

「ありがとう」の奇跡のコトバなのだ!

★★★

また、こんなこともあったのだ!

去年の大阪高島屋の個展で、一人の男性と筆談したなのだ。

「何年も試験を落ちてきた。なにかいいメッセージがあれば書いてください」とのこと。

(司法試験かな?)

おいら「人生を作るものは自分の口から発するコトバです」と書かせてもらって、

コトバの話と「感謝の先取り」の話をした。

~半年後~

メールで、「合格できました!」とご報告してくれた。

うれしかったわぁ~~~

自分の口から発するコトバが変わったら人生も変わるのだ!

★★★

心配 「思いは叶う」②

心配といえば、

個展に、聾者の息子を持つお母さんが来て下さった。

その息子さんの(進学かな)遠く行くことに、お母さんがえらい心配されてましたな。

息子さん曰く

「自立したい」「自分で人生を進めたい」と故郷を遠く暮すことを希望します。とのこと。

おいらがみたら、嬉しいことと思うけど、お母さんがえらい心配してる。

たけ「じゃ、お母さんは息子さんはずーと家にいて、親に甘えてる子を望むの?」

お母さん「いいえ。でも子を心配するのは親の務めでしょう?」

たけ「でも、わが子を信頼することも親でしょう?」

おいらは、その息子さんを見て「何とかなるよ!」と言ったとです。

「何とかなる」と伝えたのは、たけが経験者やから。

・・・

あれは6年前の4月20日・・・(遠い目で) ・・・

(回想シーン)

京都リハビリ病院に入所した時、

絵と字という新しい表現できることを発見した「たけ」は、入所中にもかかわらず、絵を売ること始めました。

路上で。

作品を金にするために、一番容易に方法、嵐山の路上に座ってました。

売るものは5枚の手描きのポストカードだけ。ドキドキした。

ドキドキしながらお客さんを待ったら、お客さんではなくおまわりさんから注意をいただきました。

売上げはもちろん0。

これからの人生を開くチャンスが路上にあると思った「たけ」は、

次は四条小橋に変えて、

初めて100円売れた!ほんとうれしかったんです。

・・

リハビリ病院の施設の職員が「なんかあったらどうするの?」と

心配してくれたけど

あほな「たけ」は「なんか」あったら、そのときに考えたらいいと思いました。

実際に起きないことを前もって心配することが「たけ」には出来ないです。

勇気を出して、ストリートをやってみると、案外、大丈夫なものと感じでした。

・・・

そして、ストリートを始めて5年間、

みな心配した「なんか」などは全然なかったんです。

経験して 実感したことは、

実際に起きないことを前もって心配することは、無駄やし、やってみなければわからない。

なんでも、まず、やってみることが大事。

そして

そして

「ありがとう」のパワーです。

「ありがとう」は

「大難」が「小難」に

「小難」が「無難」になる

だから

何とかなるって

2008年2月17日 (日曜日)

心配 「思いは叶う」①

おいら、おいら

恥ずかしい話ですが、

もし、左手がけがしたら、むちゃくちゃ不自由やな~

とずいぶん心配した頃がありました。

右手がマヒやし、仕事もできないし、筆談もできないし、うんこをどうしたら拭けるか(笑)など・・・・

。。。。

こんな心配したら、現実した。まさに「思いは叶う」でした。

先日、料理している時、親指に火傷したんです。

ついてるながら、軽い火傷で終りましたけど、しばらく更に不自由な生活でしたわ。

・・

この「思いは叶う」は、普通、「夢」や「希望」とかプラスのイメージをする時に使用される言葉と思いますが、

思い=心配も現実化しますね。

先のことばかり考えて、心配すればするほど、マイナスのイメージが現実になってゆくな。

「投げたものが自分に返ってきた」だけですね。自分が招き寄せただけ。

・・

ある保険会社がお守りと車千台当たりの事故率を調べたそうです。

お守り0個の車、お守り1個の車、お守り2個の車、3個、4個、5個・・・・10個、11個以上とジャンルを設けて、それぞれの事故率を調べていったんです。

そうしたら、

一番事故率が少ないのは

お守り0個の車でした。

それどころか、なんと、お守りの数が増える順に事故率が上がっていました。

一番事故率が高い車は11個以上の車だったみたい。

「事故に遭いたくない!」「事故したくない!」と思っている人ほど、事故に遭う。

「病気をしたくない!」「ガンで死にたくない!」と思っているほど、思い(心配)が叶う。

これは執着ですね。

心配は損ですね。

・・

プラスの「思い」は叶うのは、執着しないと望みが叶うことがある。

いつも講演で言っているけど、「執着しない、感謝の先取り、叶ったら楽しい」と思っていたら、「思いは叶う」そうこともあります。

おいらは、この仕事も北野武さんの個展もそうして叶いました。

・・・

続く


2008年2月 6日 (水曜日)

カモちゃんに夢中③

さて、合鴨米の、米袋のパッケージの絵の締め切りを近くなってきた。

この3日間は鴨、鴨、鴨、鴨。 まさに夢中だ。

依頼主さんから大量のデータをお借りして、カキカキマンに。

Cimg0361

う~~~~ん、メッチャかわいいやんか~(´∀`○)

Cimg0364 何枚も書く。

依頼主さん喜んでくれるかなぁ~

Cimg0362

←最近、お気に入りの画材。

「FABER-CASTELL」のアーティスト水彩色鉛筆

これはいいでぇ~

これで新作描きたいなぁ~

たけのカモちゃんを商品にしてくださることを希望して、送りました。

みなさま一度合鴨米を食ってくださいね。

出来たら地元の合鴨米。(けっこう各県でしてるみたい)

中国産がどうのこうのではなく 、国産品より地元のもの

やっぱり食品は地元で取れたもの頂く 。輸入のCO2はすごいし。

スーパーでは手前から買う。それでゴミを減ることになるし。

もちろんマイバックで。

エロよりエコでしょう(笑)

カモちゃんに夢中②

カモちゃんからメッセージが入った!

ご紹介しますね。

「合鴨君のメッセージ」

「田植がまぢかに迫った頃、生れたばかりの僕達が届けられます。

僕達はこんな格好をしていて食欲旺盛。

水浴びが大好きで、それが田んぼに入る練習になります。

田植後、稲が丈夫になったら、いよいよ僕等の出番です。

田んぼの中は僕達の楽園。

雑草や害虫やジャンボタニシ、み~んな僕達が食べてしまう。

それにウンチは肥料になるし、フルタイム田んぼをかき回しているから稲も丈夫に育つ。

でも、野犬やキツネ・イタチやカラスが僕達をねらっているし、

それを知らずに僕達が田んぼから逃げ出したりして、お百姓さんに心配をかけています。

お米は僕達の大好物だから稲穂が出始めたら僕達の仕事も終ります。

合鴨米は農薬・科学肥料不使用、地球にやさしいです。

このお米買ってくれたあなた環境保全に一役かっています。

また僕達が育てた合鴨米はアトピーやアレルギーで困っている家庭でも喜ばれていて、

価格はお百姓さんの後継者が残れるような価格を目安に設定してあるので、

お百姓さんも安心して米作りに専念出来るし、

みなさんもお百姓さんと共に合鴨米を育てていることになるのです。

僕達合鴨は幸せを作り出す鳥。

合鴨米は幸せを運ぶ米。

これからもどうぞよろしく!!」

はい、合鴨くんありがとう!

「カモちゃんに夢中③」に続く

カモちゃんに夢中①

髙島屋米子店の個展で、

たけが出演したニュースを見て鳥取の農家さんが来てくださって、米袋のパッケージの絵の依頼が来ました。

これは「合鴨米」という田んぼの鴨を飼って、先達の知恵をよって生み出した「いのち」をはぐぐむ米と科学肥料不使用を続けている業(わざ)です

「合鴨米」は、おいらもテレビ(たぶんTOKIOの番組かなぁ)を見て知っていたし、

船井幸雄先生の本(「もうすぐ次元上昇か」徳間書店」)の中に、「合鴨米」の素晴らしさもあり本物の農業技術のよってミロクの世が実現する」読んでいたところでした。

おぉ~なんとナイスだろう!

「喜んで描かさせていただきます!」と即返事しましたわ。

最近は、うまく説明できないけど、どこか知ったことをどこかに生かさせる場が多く、ありがたいですし、幸せなことですね。

それと、頼まれごと と 人に喜ばれる場が多くなってきた。

「頑張って一生懸命して奮励努力すること」とか、

「達成目標」とか「努力目標」とか、

全然しないおいらは、楽に生きて(ストレスがない!)

頼まれごとを引き受ける、

自分の思いで生きるのではなく人に喜ばれる、

この身をゆだねる流されるこの生き方が、

けっこうおもろい。

昔は、おいらも、

夢を持って、向上心を持って、自分がいかに上に行くか、どう上に行くか、と燃えた時もありましたが、

実は、

今の方が安定してるし、あの頃より何倍も売上がある。

・・

「自分の目の前に起きたことについて

何一つ不平不満、グチ、泣き言、悪口、文句を言わないと、

地球や宇宙や神様から評価をされるようです。

ありとあらゆることに喜びを感じ、

幸せを感じて、

さらに「ありがとう」と感謝を感じている人は、

努力や頑張りに関係なく、

神や宇宙から喜ばれて支援をいただけるようです」

小林正観さん 「喜ばれる」より 講談社

・・

「かもちゃんに夢中②」に続く

2008年2月 5日 (火曜日)

ありがとう九州!②

たくさんの人のおかげでサンリブシティ小倉の個展6日間の長丁場でしたが、大盛況のうちに終了することができました。

ありがとうございました。

翌日、楽しみにした、熊本の阿蘇郡、九州の『へそ』にある幣立(へいだて)神宮に行きました。

今回のルートは幣立神社→阿蘇→別府ですけど、

9年前に、当時の彼女と周ったルートと全く同じ。

思い出がいっぱいのルートですけど、

ですけど、

ですけど

今回は、

気付いたら、

おっさんが隣にいる(  ̄ー ̄)

そう、沼ちゃんと行きました・・・・・・・

9年振りの幣立さんは、相変わらず、土産店も食堂もありません。

商業的に栄える神社とは完全に一線を画していました。

1_032ここは宇宙学によると、世界の中心の場所。

ここはとっても神聖な場所です。

←阿蘇山を見える大パノラマ。

そういえば、日本サイ科学の関先生は、

九州は世界の中心となり、阿蘇のカルデラが巨大UFOの基地となるだろうと書かれた本を思い出しました。

ここならそうなるのかも知れないなぁ。

木々は、真っ直ぐ天に伸び、緑の隙間からの太陽の光は、一月でも暖かいものでした。

1_036

←一万五千年の命脈を持つという言われる天神木。

デカイっす!

太古から何度もあった阿蘇山の大噴火でも、何故かここだけ焼けなかった幣立の森。

おいらは木々にハグまくり。

「ありがとう」と言い続けて。

木々はギュっとしてくれた。(そう感じた)・・・・

・・

1_037 ←↓村のお宮さんという感じやけどね。

ここの伝承によると

世界の人々は日本から生まれたものとして、世界の人類を示す「五色の面」が納められています。

五大人種がお互いに、認めあい助け合う和合の世界、世界平和のユートピアの建設は宇宙的宿願の啓示である。

幣立神宮の古代的事実、宇宙観的理想の実現こそ、今の地球的願望である・・・・・・・・

など、スケールがデカイ話がありますが、

1_038_2

おいらは、神社は御礼を言う場所と決めて、「ありがとう」「ありがとう」「ありがとう」を言い続けてました。

神社に行く時は、ずーとそうしてる。感謝するところを決めて行くなのだ。

オイラらは子供のころから、神社に行って「お祈りをしなさい」「お願いをしなさい」というふうに言われてきましたな。

日本語の語源辞典では、「ありがとう」という言い続けることが、実は「祈り」であり「願い」だったのです。

「祈り」「願い」は、自分の夢や希望をかなえてもらいたいと意味で使う言葉ではなく、神に対して、いまおいららにしてもらっていること、置かれている状況について、ただただお礼を言って、感謝の言葉を伝えることだったのです。

オイラらは宇宙・神さまからたくさんの恵みを降らせてくれるのに、

「あれをしてください」「これをしてください」「これをかなえてください」と不満・不平・文句を言っているとです。

たくさんの恵みとは

目が見えること、歩けること、話せること、耳が聞こえる、手が動く、心臓が動く、うんこが出るなど、など、など、など、など、など、など・・・・・・・

普段から当たり前と思っていることが、

実は、むちゃくちゃ幸せなこと。

なんでもないことがとてもありがたいなこと。

オイラらは「これ以上何を欲しかっただろう?」

感謝する対象は「何にない日々」であることがわかるでしょう

・・

ここで、

「ありがとう」と言い続けていたら、なんか体のポッと温かくなって、最後は熱くなりました。

1月やのにね。

・・・

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

フォト
無料ブログはココログ