« 心配 「思いは叶う」① | トップページ | ジッセンジャー »

2008年2月18日 (月曜日)

心配 「思いは叶う」②

心配といえば、

個展に、聾者の息子を持つお母さんが来て下さった。

その息子さんの(進学かな)遠く行くことに、お母さんがえらい心配されてましたな。

息子さん曰く

「自立したい」「自分で人生を進めたい」と故郷を遠く暮すことを希望します。とのこと。

おいらがみたら、嬉しいことと思うけど、お母さんがえらい心配してる。

たけ「じゃ、お母さんは息子さんはずーと家にいて、親に甘えてる子を望むの?」

お母さん「いいえ。でも子を心配するのは親の務めでしょう?」

たけ「でも、わが子を信頼することも親でしょう?」

おいらは、その息子さんを見て「何とかなるよ!」と言ったとです。

「何とかなる」と伝えたのは、たけが経験者やから。

・・・

あれは6年前の4月20日・・・(遠い目で) ・・・

(回想シーン)

京都リハビリ病院に入所した時、

絵と字という新しい表現できることを発見した「たけ」は、入所中にもかかわらず、絵を売ること始めました。

路上で。

作品を金にするために、一番容易に方法、嵐山の路上に座ってました。

売るものは5枚の手描きのポストカードだけ。ドキドキした。

ドキドキしながらお客さんを待ったら、お客さんではなくおまわりさんから注意をいただきました。

売上げはもちろん0。

これからの人生を開くチャンスが路上にあると思った「たけ」は、

次は四条小橋に変えて、

初めて100円売れた!ほんとうれしかったんです。

・・

リハビリ病院の施設の職員が「なんかあったらどうするの?」と

心配してくれたけど

あほな「たけ」は「なんか」あったら、そのときに考えたらいいと思いました。

実際に起きないことを前もって心配することが「たけ」には出来ないです。

勇気を出して、ストリートをやってみると、案外、大丈夫なものと感じでした。

・・・

そして、ストリートを始めて5年間、

みな心配した「なんか」などは全然なかったんです。

経験して 実感したことは、

実際に起きないことを前もって心配することは、無駄やし、やってみなければわからない。

なんでも、まず、やってみることが大事。

そして

そして

「ありがとう」のパワーです。

「ありがとう」は

「大難」が「小難」に

「小難」が「無難」になる

だから

何とかなるって

« 心配 「思いは叶う」① | トップページ | ジッセンジャー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「まず、やってみることが大事」
心にずしっと来ました。
何もやらないうちから、心配して二の足を踏んでいる私。
頭に描いたことを、実行することが第一歩だと
たけさんに教えていただきました。
私も「やってみよう」(笑)
ありがとうございます。

心配も損ですな
心配する時間あったら 行動ですな
ですな 了解

1日24時間の中で1番苦手なこの時間。残り2割の自分がじゃましにくる。真っ暗な部屋の中で…【すごい耳鳴りの音・目覚まし時計の秒針の音・娘の寝息】それだけの音の中で孤独との闘いが始まる。携帯の待受の【ありがとうのひまわりの数】を【ありがとう】と言いながらまずは数える。次は目を閉じて【ありがとう】と何度も繰り返す。 でもこの時間はなぜか? ありがとう効果があらわれない。【心配は叶う】が勝ってしまう。【孤独・恐怖・痛み】から逃げたい一心で【ありがとう】を繰り返す・・そうしていると明け方になる。新聞配達のバイクの音が聞こえる。すごく安心する。この時間を克服したい願いは叶う?   絶対叶う。信じてる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心配 「思いは叶う」① | トップページ | ジッセンジャー »

フォト
無料ブログはココログ