« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土曜日)

どちらといえば、私はガンで死にたい

なぜか、

今回の松山のタカシマヤの個展では、

「私はガンですと言う方が多く感じました。

みな、もうこの世が終わるだ!みたいな顔をしてる。

おいらは必ず「この病気に感謝したことありましたか?」と聞く。

みな、「う~~ん いいえ」と言う。

~~~

yahooで「ガン 闘う」で検索した結果  約1,470,000件もある。

(注:‘ガンと闘うな” ””癌と上手くつきあえ‘みたいなサイトもある)

みな、人類の敵のガンになったら闘う!がんばって勝つ!と思っていますなぁ~

あなたが嫌い人がいたら、その人もあなたのことが嫌い。

あなたが、「こいつは敵!」と思ったら、「こいつ」も闘うか逃げる(転移)

「みんな仲良くなりましょう~♪ 」幼稚園の子供も知ってることなのに、

いざ、病気・ガンになったら、自分の体の中で闘う!がんばって勝つ!と思ってる。

おいら、「大切なご自分の体の中に、闘う必要はどこにもありませんよ」と言う

「がんばらなくてもいいんですよ。そんなに我(が)を張らなくてもいいんだよ~感謝のみです」

「末期ガンのある人が、1日1000回「ありがとう」と言い続けて、半年後、完治した例もありますよ」

とも言う。

「ありがとう」はとても便利な言葉なのだ。

ありがとう」は奇跡の言葉なのだ。

「ありがとう」は万能の言葉なのだ。

~~~

もし、「余命○ヶ月」と宣告された人がいたら、

おいら「おぉ~ついてるね!」と言う と思う。

日本人の死因は、ガン32%、16%心筋梗塞・心臓まひ、14%脳梗塞です。

ガンの以外の大部分の人は、本人・家族の死の心構え・準備を出来なく、あっというまに死んでします。

昨年、おいらの大学の友達で、一緒に同じ会社に入社した仲良いツレが、脳出血で、あっというまに死んだ。39歳でした。

久しぶりの便りが、通夜の案内って、悲しく思ったけど、生前にせめて一杯したかったなぁ~

ほんまに「あっというま」でした。

でも、

でも、

一方、がんは、ご丁寧に「余命○ヶ月」と宣告してもらる。

余命の内に、友達と飲める、家族と旅行できる、お世話になった人に挨拶もできる。

ね~ありがたいでしょう?

「余命」って、死に方として一番プランを立てやすい死に方かもしれない。

おいら、「余命○ヶ月」と言われたら、自分の死後・葬式をプロデュースするわ。

まず、HなAVを処分して(笑)服を古着屋に売り、原画を寄贈して、全国の友達に会う。

告別式のあいさつ文を考える。

葬式で自分の講演やる。

「ありがとう」の原画を前に飾って、

戒名はいらん、俗名で呼んで 伝えます。

読経も、ありがとうだけで十分・・・・・・など

自分の死後・葬式をプロデュースできるし、、

そのうちにできるだけ、

軽い魂になるように執着を捨てます。

・・・

そう考えてくると、がんって、余命って、死期を教えてもらえるのは、ありがたい、案外いいなものかもね。

がんは不幸なものではなく、

余命も不幸なものではなく、

そう感じてる自分の心があるだけ。

ありがたいと全て思えば、こんなに幸せな毎日がくるのです。

2008年5月29日 (木曜日)

松山、岡山ありがとう!

いよてつ高島屋、岡山高島屋が大盛況で終わった。

松山では、テレビ3局、新聞2社

岡山では、テレビ4局、新聞2社が、取材してくれた。

094

ほんまにありがたいことです。お世話になりました

そして、
来てくださった方々、ほんとありがとうございました!


難しい顔していたあなたと会えてよかった


泣き出したあなたと会えてよかった


満開の笑顔のあなたと会えてよかった!

ほんと

出会ってくれて 、ありがとうございます


ほんと

関わってくれて 、ありがとうございます


こうして出会えたことに感謝なのです

・・・

岡山髙島屋では京都、西宮、広島、山口、香川から来てくださったんです。

たけって幸せものやのぉー

2週間描き続けた左手ちゃん、お疲れ様です。よく頑張ったやのぉー

2週間1日中座ると、お尻にオデキができた。

おいら、よくお尻にオデキできる。

そのオデキは臨界点を超えたら、多量の血を出る爆発します

オデキよ、爆発してくれてありがとう

おかげでパンツ、ジーンズ、椅子も血ね


ちなみに
このオデキは
西城ヒデキとは何も関係ないよむかっ(怒り)パンチ

・・・
・・・


岡山高島屋の最初日は、自分の誕生日でした。

おめでとう自分
ありがとう自分

たくさんのおめでとうメール、メッセージをいただいて、ほんとありがとうございます!

覚えてくれて
ありがとうございます

うーん
たけって幸せ者やね~

こんなおっさんなのにね

おかげさまで、表現が説得力がある年齢になりました。

おかげさまで、
41歳まで生きたことが出来ました。

発病から今までの生き方が
自分らしく楽しい生き方

脳梗塞になってよかった。

障害者になってよかった。

この障害にムリやり「ありがとう」と言い続けて、よかった。


与えられたものに感謝して、よかった。

言葉が不自由になって、よかった。

その分、言葉の重さ、大切さをわかったし。


喋れない自分になって、よかった。

いらんことを言わないし

言葉の聞き分けない自分になって、よかった。

悪口、うわさを聞けないし


利き手がまひになって、よかった。

左手で絵を描けることを発見したし


こうふうに考えると
すべてよかったことだった。

困難、病気など
受け入れて、

ムリやりありがとうと言い続けたら、

全部よかったことになります。

2008年5月11日 (日曜日)

まざりあう色

20080510_cimg0528

いま、ファーバーカステル展に向けて、新作カキカキしてます。

額の注文、ポストカードの注文を考えたら、今、描くのがベスト。

火曜から、松山タカシマヤ・岡山タカシマヤで2週間出張するし。

京都タカシマヤでは、10作以上デビューする予定ですけど、

絵を描いて、字を書いて、「ほんまにおれって下手や~」しみしみ思う。

個展では「すごいね~」と言ってくださった時がありましたが、

「上手ね~」とかあんまり言われない。

おいらはそれでいいと思ってる。

有名な画家、村上 豊先生が言う。

「絵はうまく描く事はないんですよ。うまいからっていいもんじゃないし、へただからってだめだというもんでもない。ただ感じたことを素直に描けばいいんですよ」

へたでいい

その言葉が印象に残りましたし、勇気をもらったんです。

たけは今からも感じたことを絵と字で表現するだけ。

~~~~~

そうそう、京都タカシマヤで一緒に出展する詩描人「あいこ」さんとご紹介します。

HPはhttp://www.shikakibito-aico.com/index.html 

ファーバーカステルさんから、このコラボ展のお話を頂き、あいこさんのことを思い浮かんでいた。

彼女は、5年前からストリート、イベントなど色んなご縁で、パステルを使ってかわいい絵を描く方やし、この個展にピッタリ!と思った。

あいこさんは、今回のたけのファーバー展の話を快い引き受けてくれた。

コラボで絵本も展示します。(話・文字=たけ 、絵=あいこさん)

あいこさんもポストカードからメッセージカード、マグカップまで・・・
全部 新しく作っちゃいます!!!

ぜひぜひ、多くの方に見に来て頂きたいです

たけ・あいこの新作たちは ドイツの画材 ファーバーカステル
水彩色鉛筆・パステルを使ってうまれてきております

表現者たけ、詩描人あいこ、世界のファーバーカステルのまざりあう色・個性を楽しみにしてください!

とっても とってもお待ちしております

~まざりあう色 たけ・あいこ ファーバーカステルとの出逢い展~

  • 期間/2008年6月11日(水)~17日(火)
  • 場所/タカシマヤ京都店 5階アネックス特設会場
       京都市下京区河原町西入真町52(阪急河原町駅スグ)TEL.075-221-8811(大代表)
たけ&詩描人 あいこは
開催中毎日11:00~18:00くらいまで会場にて実演しております!

2008年5月 8日 (木曜日)

壁画~Tarow~

えらい更新を出来なかって、すいません~

GWの前に過去最大級、壁画を描きました!

5月6日にOPENした ~おさかなBAR~ Tarow  という「あんじ」さんの新店です。

1・8m×6mの大きい大きいスペースですが、

絵のリクエストは「イタリア風に」のみでした

はい、喜んで描きました。

壁画はむちゃやりがいがある仕事ですし。

そりぁ、資料集めとか、悩みましたわぁ~

陽気なイタリアおやじとおかんが~Torow~をやってる絵をしようと

20080427_cimg0490

出来た下絵(1/3)は↑です。

まず白いジェッソを塗って、下地をつくる。これで大きいキャンパスができました。

20080428_cimg0494

写真では、よくわからんと思いますが、ほんまに大きいけど~

↑これまで2日かかったんです。

20080429_cimg0498

↑たけのことを長くご応援してくださってる佐藤さんです。

この壁画も4日間来てくれて、結局、陰を塗るお手伝いしてくださった。

佐藤さん~ありがとうございました!

・・・

この壁画は、大きい部分ではアクリル中心ですが、

顔、ワイン、小物などは、ファーバーカステルパステルが超活躍!

20080502_cimg0501

これほどパステルとアクリルの相性がいい!って全然しらなかった。

いや~~パステルも、いいよ~

6月のタカシマヤ京都店のファーバー展にまるごと展示したいと思ったくらい、

ファーバーカステルパステルを使ったんです

20080502_cimg0502

↑魚、豚、料理も

ファーバーカステルパステルで描きました。

陽気なおやじ↓

20080502_cimg0506

↓窓から「ありがとう」を見えます。

20080502_cimg0507

↓窓からなんのこれき~をも見えます。

陽気なおやじの娘かな~

20080502_cimg0499

残念ながら、壁画は玄関のアプロ-チの狭い場所で、一面での写真を撮れなかった。

Tarowさん!5日間、超集中して絵を描ける機会を頂き、ありがとうございました!

ほんまに、魂を込めて描けました。

おいらの結婚式の2次会は、ここでしたいと思いました。

まぁ、こんな奇特な女性はいなかったら、おいらの葬式の2次会もある(笑)

それくらいに気持ちを込めて描けました。

毎年恒例の「たけの新年会」はもちろんここで!

・・・

20080502_cimg0513 お店の中

■おさかなBAR ~Torow~

■電話 075-213-5560

■阪急 烏丸駅から5分  

烏丸四条交差点から東へ
一本目の東洞院通り(大丸の角)を北へ
セブンイレブンの隣と隣のビルB1F

ぜひ、壁画を見てながら、おいしいスパニッシュ・イタリアン料理を!

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

フォト
無料ブログはココログ