« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月29日 (火曜日)

7年目のたけの次の挑戦

成功の反体語は失敗じゃなく「挑戦しない」そう。

この言葉を聞いて「ハッ!」しました。

~~~~

ストリートはまさにおいらとして挑戦だった。

6年前、5枚の手描きのポストカードを持って、路上に座りました。

しゃべれない、言葉の聞き分けも出来ない、手も不自由

我ながら、「ええ根性」だったとおもう。

自分が出来ることは「これだけや!」と盆地の暑い京都の夏も、底冷する冬の橋の上も、ずーと居ました。

~~~

いま、みんなのおかげで、自分の表現で飯を食べていけるし

ある意味、自分の成功と思います。

~~~~~~~
最近
よくよく考えてることですけど、今のたけは「挑戦しないなぁ~」

と。

次のステップ、いまのたけの挑戦すべきものは

しばらく自問しました。

次のステージに進む為

~~~~~

宇宙学では7年は大きいサイクルで魂の成長があるそうです。

そういえば
27歳に宇宙学に出会って
34歳に発病して

この10月で発病して7年目

41歳は何かあると思ってました
(以前は寿命で死ぬかなと思っていたけど)、

最近は
41歳は何かしたいと
夢、希望が出てきた。
何かしたい
蒔く種が花が咲くみたいなもの

~~~

昨年の11月、お風呂でほっこりしていた時に、
突然メッセージが降りてきた。

「もっと、ありがとうと広げよ」と

宇宙のメッセージか、
守護霊のメッセージか、
自分の無意識でそう思ったか

よくわからんけど、確かに、そうはっきり聞いた。

~~~

いまたけができるものは小学校、中学校の無口な講演会。

次、挑戦すべきことは

京都市内の小学校195校、中学校86校全部回り!

同時に全国の小学校へ、中学校へ、いろいろなところへ

この7年間で500校「ありがとう」を広げる

ギャラは無料やけど、
大変と思うけど
ありがとうと広がったら、むちゃくちゃ最高です

ある意味、これがたけの使命ちゃう?と勝手に思う。

これは宇宙が認めてくれるし、

情熱大陸がくるわ(笑)

~~~~~

宇宙心のS先生は
沖縄の小学校中学校全校に、花の種、絵本を贈った。
それは、大事なステップで(後に知った)
次のステージに進みました。

~~~~~

以上です

たけの新しいプロジェクト

「ありがとうを広げよう」(仮題)

さて、

皆様にお願いがあります。

ご自分の子供さんの学校に、この「たけの日本一無口の講演」を企画
してください。

大げさな講演会もいいけど、クラス会の講演会もいいんです。

たけ一人で行けますし。

オフィシャル:表現者たけの世界

2008年7月24日 (木曜日)

反対語を考える会 パチパチ

愛情」の反対語は何と思いますか?


「憎しみ」「怒り」など、そんな意味みたいコトバじゃなく



愛情」の反対語は


マザーテレサは


「無関心」だと言った。



すごいです。むちゃくちゃ深いです。




じゃ、みんなの感性を教えてください


成功」の反対語は何?と思います?

オフィシャル:表現者たけの世界

2008年7月14日 (月曜日)

私はラッキだ!ツイている!みんなのお陰で生きてきました①

私は、私の力や実力で生きてきたのではなく、「おかげさま」で生きてきました。

目に見える存在、目に見えない存在、みなさんの「おかげさま」で生きてきました。・・・・

(小林正観 「神さまに好かれる話」 五月書房)

~~~~~~~~

027

日記は前後しますけど、

先週の土曜(5日)は、松山の聖カタリナ大のイベントに行きました。

越智くん・宮岡さん・ボランティアセンターのみなさん、お世話になりました。

ありがとうございました!

この大学は、もう5・6回くらい来たことがあります。初めて講演したところもここでした。

いつもお声を戴きます。ありがたいですね~

こんないつも来るのは「りなつん」という一人の女性のおかげです。

~~~~~

5か6年前か? 松山の同級生の親友から「たけ!来い!」と

松山の土曜市という大きい祭りに夜店を出すことになりました。

ここで、偶然(必然か)「りなつん」は「たけ」を知った。

当時いろいろ辛いことがあった「りなつん」にとって、たけの存在は衝撃的な出来事だった(みたい)

「たけの生き方をもっと知ってほしい!」と、当時、高校生の「りなつん」は自分の高校の学祭に「ミニたけの世界」を開催してくれた。

さらに、松山の商店街にアタックして、会場を押さえ「たけの世界」を開催してくれたんです。更に告知の為、ラジオ出演してくれた。

「りなつん」はスーパー高校生でした。

今こそ、

札幌のママ・みきさんチーム京都のれいこさんチーム北九州のぬまチームなど、会場から告知まで、いろいろしてくださるありがたい方がいらっしゃいます。

たけはみなさんの「おかげさま」で生きてきました

が、

当時は、ただの路上の絵売りのおいらにとって、「りなつん」の行動力は、おいらこそ衝撃的な出来事だったんです。

進学した聖カタリナ大にも、講演、イベントなど呼んでくださって、ほんまにありがたい方ですわ~

いつもありがとうね!聖カタリナ大の出会いは「りなつん」のおかげです。

「りなつん」は卒業して、またおいらと社長とご縁がある宇和島の(有)アパレル・ヨシダに就職した。

がんばっている姿をHPからよくわかる。

http://www.rakuten.co.jp/hureai-seikatu/

よかったら、「りなつん」のこともご応援してくださいね
~~~~
個展とかお客さんのご相談に、特に若い人から「自分のことを自信がない」と言う人は多いです。
ボクらは、確かに、「もっと自信を持って!」「自分の力で生きていきなさい!」と言われて教育された。
でも、おいらはこう考えてます。
こんな生き方はどうでしょう?
自信って必要ですか?
自分の実力はたかが知れている、自分の力は大したものではない、すごい人だと思わない。
「みなさんのおかげ」で考えて、生きていく。
宇宙・神様はそういう人を好むようです。
世界は自分次第で見え方が変わってくる

考え方が変わったら

見方が変わったら、

宇宙が味方になってくれる。

(うまい!山田くん座布団1枚!)

2008年7月12日 (土曜日)

天使ちゃんの前で講演

今日は京都市の小学校で講演しました。
今回は 1・2年生の対象っす。原稿を考えると、正直、難しい~
あいこさんのコラボ絵本を原稿にアップしたり、いろいろ分かりやすくしたんです。
講演の内容は、かわいい天使ちゃん達はどんな感想を持ったかは、おいらもよくわからんまま、小学校を後にしました。
事務所に帰ったら、先生から嬉しいメールを頂きました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はお暑い中、本当にありがとうございました!!!

1・2年生の子どもたちなりに感じてくれたようで、

あの幼い子どもたちがあの暑い中、しかも午前中プールがあって、金曜日の5時間目という、はっきり言ってコンディションは最悪に近い中、

1時間半の時間を座って聞いていたのは、一重にお二人の力だと思います。

話が終わったあとに、自発的に拍手が起こっていたのを、私はうれしく思っていました。

最後に「ありがとう」と一斉で言おうと思っていたのですが、口々に心のこもったありがとうを言っていたので、その方がいいかな・・・と、終わりにしました。

今日は時間がなくて、すぐに下校させたので詳しく感想とかは子どもに聞いていないのですが、

たけさんに実際にお会いして、話を聞いていたら「なんか、私、涙が出そう」と言い出した子や、

「たけさんも『ありがとう』って言ってるの、伝わってくるね!!」と言っていた子や、

「いろいろな人との出会いに感謝しよう」というような話のところで、

「先生、僕に会えて幸せやろ?」と確信めいた声で突然言い放ち、

「当たり前でしょう」と言うと、

「僕も幸せやねんで」と言ってくれた子もいたりして、とても嬉しく思いました。

ほかにも「あのひまわりの絵、いいなぁ!!!私にもかけるかな?!」と言っている子どももいました。

(途中で大きな声で「早く終わって」と言った子どもがいたのは、うちのクラスの自閉症の子どもで、座って長時間話を聞くという自分の現状が把握できなかったからであって、やじりたかったわけではないのです・・・もしもお気づきになられていたら・・・と、心配になったので・・・)

大人にも好評だったようで、「自分がありがとうって言って毎日過ごせているか、振り返るきっかけになったね」と言っていたり、「とっても小学校のことを考えてくれた、道徳でそのまま使える内容だったね」と話したりしていました。

お話を聞いて欲しかったお母さんは、後ろに座って聞いておられました。どう感じられたかは、直接聞いていないので分かりませんが、自分の子どもの腕に障害があること、そういう腕を与えてしまった自分をとても責めておられたので、今日のお話が、少しでもお母さんの心を軽くして下さっていればいいな・・・と思います。

今日は子どももいたこともあって、とにかくばたばたしてしまって、失礼なことも多かったとは思います。

ですが、本当に有意義な時間を過ごさせていただけて、嬉しかったです。ありがとうございました!!!

これからも、表現者たけさんのご活躍をお祈りしています。

~~~~~~~~

ありがたいです!こちらこそありがとうです!感謝します。

やっぱり
おいらは講演が大好きと実感しました

2008年7月 2日 (水曜日)

感謝は先か~

先週の金(6/27)は岡山市立京山中学校で講演した。

この学校は、吉本の「次長課長」の出身校で、その為か(?)

生徒さんは明るく、先生達もノリがよかって、

生徒全員とPTAで1000人(!)の前で、

楽しく講演できました。

京山中学校の皆様、ありがとうございました!

たけも楽しかったわ~

~~~~~

「講演やテレビ出演は緊張するでしょう?」

とよく言われるけど・・・・

全然緊張しないです

なにせ、その場では喋らないし、楽ですね

~~~~

「絵を描けることに感謝しなさい」

みたいことをよく言われるけど、

全然逆です

深い絶望の中でも、

ムリヤリ感謝をしていたし、絵を描けることに気付いたのです

~~~~

「たけさんは幸せそうですね、感謝してください・・・」

みたいことをよく言われるけど、

全然逆ですな

幸せだから感謝するのではない

感謝をしているから幸せなのだ。

感謝が先ですわ~

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

フォト
無料ブログはココログ