« たけ国内の有数のパワースポットに行く | トップページ | 日本人が知らない天皇(2) »

2009年7月 9日 (木曜日)

日本人が知らない天皇(1)

「皇居は宇宙と繋がっている」と前回書かせていただきました。『宇宙学』も 天皇の重要性を説かれています。

『幸福の道』の中に

【霊界通信して外国霊から「日本人が皇室を粗末にしている」と言われたことがはっきりわかってきたのである。このような霊が日本人に入って、外国を崇拝して皇室に対する心を疎んじさせるように仕組んでいるが、間違った教育制度のために己惚れの心を植え付けさせられて人々の心の中に入って迷わしているのであるから大変なものである】‥…

━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

また、邪霊の最終目標「地球をひっくりかえす」に向けて地球の中心の日本に飛来し、その中心である天皇ご自身の周りで画策を図っているのですが、陛下ご自身の中には、絶対入れないそうです。『宇宙の理』邪霊の告白によると

【「・・・ところが天皇のおそばには、我々は寄り付くことができないんだ。それほど天皇にはお力とお光を与えて給うてあるんだ。我々はどうしようもない。十里四方、我々が絶対に天皇の中に侵入できないんだ。たとえ側近の中には入れても、天皇の中には入れないんだ」

「これくらい偉大に神が天皇をとつくりになったのだ。どれだけみんなの思想が汚れてきても天皇だけが厳然として汚れずのお残りになられるようにできている。そうように宇宙創造神様は天皇をおつくりになっているんだ。そこでみんな早く目覚めてなければならないんだ・・・」】

☆本『宇宙学』によると

【宇宙学を何故まなばなくてはならないかいうと、昭和35年(西暦1960年)2月23日、

日本皇孫殿下御誕生と共に、地球は今日までの悪い位置から良い位置に変わったのであるが

そのことは地球学的な頭をもった人々には決してわからないのである】

☆御神示『嗣君降誕の由来』によると

【この度は太陽の昇格に伴い地球地上生命発生も一億年毎の波動の修正と、

地球人類の一千万年毎の波動の転換とが重なり、いまだかつてない重大時(*)である。

この時にあたり、親星(**)の長老達が慮り、将来の地球の新世紀を迎えるに際し、

その新世紀の地球の地上統治者として火星(***)四次元上級霊界より上級人霊の一魂を選び、地球日本国皇室の世をつぐ君として降誕するよう図られた。

この時西暦1960年である・・・・】

(*)宇宙の法則により、不良星が優良星に昇格する時にはそれまでの物質文明が崩壊するのはもはや決定的で、「一大天譴」と呼ばれます。これがアセンション(次元アップ)といわれる人もいます。

一説によると2012年12月22か23日にアセンションが来ると多く言われるが、おいらは3分の1だけ信じています。その日よりに早く来る可能性もあり、本当にその日に来る可能性もあり、その日の後に来る可能性もあります。神は予言しないから、おいらはわからんhappy02

とにかく、私達が生きているうちにアセンションがあるだろうと思います。逆にいえば宇宙の中でも稀なアセンションのこの地球に、それを体験したくて自らの魂の向上のために、自ら志願して、この世に生まれてきた魂もたくさんいると思います。

優良星になった新世紀の地球に住める資格は、地位や金や年齢やではなくだけです。

だから、うざいくらい「洗心」と申し上げてます。

だから、うざいくらい「肉食の非」と申し上げてます。

私たちは、宇宙の中でも稀な波動上昇期を乗り越えて、みんなで力を合わせて明るく洗心し、明るい未来を信じて、優良星になった新世紀の地球に住めるチケットを、みんなでゲットしたいと思いますgood

(**)太陽のこと。太陽は火の星じゃなく、高級霊人が住んでいる星。

(***)太陽系の中に、火星、金星は優良星と言われてます。この宇宙では、ほとんどの惑星は人が住んでいるらしいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

初代・神武天皇から幾千年の歴史を経て、今現在もその万世一系の子孫が、125代続いて、国の安寧、世界平和を祈り続けておられる無私の天皇。

地球学も、天皇とはそのように世界にも類を見ない奇跡のような存在なのです。そもそも神話を起源を持つ皇室がいる国というのが世界でも珍しいですね。

(皇室 125代目(世界最古の王室)
ヨーロッパで最古の王室一番(デンマーク)54代目
イギリス国王 38代目
スゥエーデン国王 23代目
阿蘇神社の阿蘇家 91代目
出雲大社の宮司家の出雲国造 千家家 84代目
和歌山 紀伊家 81代目 )

【日本人が知らない天皇(2)】に続けます。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*


宇宙創造神様の御教え

常の心

「強く正しく明るく、我(が)を折り、宜(よろ)しからぬ欲を捨て、
 皆仲良く相和(あいわ)して、感謝の生活をなせ」

御法度(ごはっと)の心

「憎しみ、嫉(ねた)み、猜(そね)み、羨(うらや)み、呪い、怒り、
 不平、不満、疑い、迷い、心配ごころ、咎(とが)めの心、
 いらいらする心、せかせかする心を起こしてはならぬ」

この御教え「常の心」と「御法度の心」を守ることを「洗心する」といいます。

~~~~~~~~~~

いつも勉強してます
宇宙学を学ぼう!http://mixi.jp/view_community.pl?id=731841

宇宙学公式サイト http://the-cosmology.com/index.html

      『宇宙の理』は↑こちらから

優良星界人の暮らし
http://homepage2.nifty.com/truegate/sonota/yuryo-seikaijinno-kurashi%20.html


オフィシャル:たけの世界http://hyougensya-take.com

最後まで読んでくださって、ありがとうございます

感謝しますわーい(嬉しい顔)

|

« たけ国内の有数のパワースポットに行く | トップページ | 日本人が知らない天皇(2) »

天皇のこと」カテゴリの記事

コメント

洗心はむずかしいです。どうしても、不安や嫉みなどでてきます。

投稿: ののすけ | 2009年7月 9日 (木曜日) 09時26分

happy01ののすけさん

私たち文明圏に生まれた地球人はこの洗心が出来なかったために、
明るく楽しい優良星で暮らすことが出来なくなったため、
不良星であった地球に生まれかわり、洗心の修行をすることになった人類なのです。

このことは、今は思い出せなくても、心の奥底で各自知っているはずですから、
心静かに自己反省すると自覚できてくると思います。


洗心は初めから完璧には出来ませんが、(出来るなら地球には生まれていない。。)


「御法度の心」を起こしたら反省し、次からは起こさないように!、と気を付けます。

これを繰り返し、だんだんと「常の心」で暮らせるようになってくると、

自分を取り巻く人や環境は、それにつれて平和で明るく楽しく
幸せ多いものに変わってくるわけです。

病気、事故、災害などとは縁遠くなることでもあります。


そして、このように地球上に洗心する人が増えてくると、

目に見えない高次な世界からの強力なサポートも得られ、

その相乗効果で地球は加速度をつけて「優良星」に近づいてゆきます。

当然ながら、優良星には病気、事故、災害などはありません。

洗心は自分のためだけではなく、他人にも、地球社会にも、延いては宇宙にも!

大きな好影響を及ぼします。


宇宙の法則で必ずそうなりますので、宇宙学(宇宙の法則)を学びつつ、

少しずつ、洗心する努力をしてみましょう!

ありがとうございますshine

投稿: ☆たけ☆ | 2009年7月10日 (金曜日) 01時16分

たけさんは、すごいですね。
天皇陛下が、宇宙の法則を実感なさっておらっるということは。
右脳の人間知では、とても推し量ることができない法則だと思います。
私はまだですが、祭祀と言う実践を通じて、少しでも陛下の思いに近づけたらと願っています。
ありがとうございます。
小倉の実演会に行きますので、初めてお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: 不動明王 | 2011年1月11日 (火曜日) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たけ国内の有数のパワースポットに行く | トップページ | 日本人が知らない天皇(2) »