« たけの講演のシメは、幸せの実感を | トップページ | 似ているようで全く違う「すいません」「ありがとう」 »

2010年3月18日 (木曜日)

『腐』

この話は、通っている習字教室に行った時の話でございます.

習字の前に、いつもは玄米菜食のお店で美味しい食事をいただきますが、
この日は、時間の関係で習字の師匠の近所の喫茶店に行きました。

おいらはベジタリアンなので、ピラフを注文して、「ベーコン抜きでお願いします」と筆談しました。

しばらく、持って来たピラフはチャーシューがたくさんありました。

「しまった!この店のピラフはチャーシューだった(゚ー゚;」

まぁおいらの注文の仕方が悪かった。

作ってくれた方に申し訳ないが、グリーンピースを選り分けてる子供みたいに、チャーシューを選び取ったが、いくらか口に入ったと思われます。

喫茶店を後にして習字タイムです。
シーンと皆さんが集中してる静まり返るカキカキタイムの時に、

きゅうきゅう〜きゅうきゅう〜とびっくりするような音でお腹が鳴った(/ω\)ハズカシーィ

何年ぶりに、肉が入った『胃』さんがびっくりしたみたい。

その時に

『腐』

という漢字を実感しました。

Img_3 

~~~~

『腐るという字は「府」の中に肉がおさまっている。
この「府」とは、消火器系の内臓を表します。

「五臓六腑にしみわたる」という言葉があります。この「六腑」とは食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸を意味しており、消化器官のことです。

「腐」という字は、もともと「腑(消化器官)」に肉が入ることを意味しています。

漢字こそは、東洋の叡知といわれ真理をといています。

ですから、「腐」という字は「内臓」の中に「肉」が入ると「腐敗現象が起きる」ということを表しています』

〈菜食のススメからhttp://saisyoku.com/index.html

~~~

人間は肉を体の中に取り入れたら、いろんな弊害がありますね

こちらもご覧くださいわーい(嬉しい顔)

shine動物の心(よーさんのブログから)

http://blog.goo.ne.jp/mars119/e/ab6b77e65a8dfdcdcb37874cbc512acb?fm=rss

shine「はい、ありがとうございます」 (編集長さん)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1438559078&owner_id=6599850

■こんなことを言う親さん、先生が多いです

http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-1b79.html
■肉をたべるとニクラシク、野菜を食べるとヤサシクなる~食育編~
http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-9fd4.html
■肉をたべるとニクラシク、野菜を食べるとヤサシクなる~「肉食の非」編~
http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-d915-1.html

■肉をたべるとニクラシク、野菜を食べるとヤサシクなる~たけの楽しみ~ http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-6200.html

■「良い腸相」と「悪い腸相」

http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/cat34136914/index.html

人気ブログランキングに加入させていただきました
↓ポチッとクリックしてね~(◎´∀`)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ご協力ありがとうございましたhappy01

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


宇宙創造神様の御教え

常の心

「強く正しく明るく、我(が)を折り、宜(よろ)しからぬ欲を捨て、
 皆仲良く相和(あいわ)して、感謝の生活をなせ」

御法度(ごはっと)の心

「憎しみ、嫉(ねた)み、猜(そね)み、羨(うらや)み、呪い、怒り、
 不平、不満、疑い、迷い、心配ごころ、咎(とが)めの心、
 いらいらする心、せかせかする心を起こしてはならぬ」

この御教え「常の心」と「御法度の心」を守ることを「洗心する」といいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いつも勉強してます
宇宙学を学ぼう!http://mixi.jp/view_community.pl?id=731841

↓宇宙学の公式サイトはこちらです。
http://the-cosmology.com


優良星界人の暮らし
http://hw001.gate01.com/true-gate/sonota/yuryo-seikaijinno-kurashi%20.html

オフィシャル:たけの世界http://hyougensya-take.com


最後まで読んでくださって、ありがとうございますぴかぴか(新しい)

|

« たけの講演のシメは、幸せの実感を | トップページ | 似ているようで全く違う「すいません」「ありがとう」 »

肉食の非」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たけの講演のシメは、幸せの実感を | トップページ | 似ているようで全く違う「すいません」「ありがとう」 »