« あけましておめでとうございます | トップページ | たけ福岡へ(◎´∀`)ノ »

2011年1月 6日 (木曜日)

皇居デビューしました。 一般参賀レポート

皆様あけましておめでとうございます。たくさんのコメントありがとうございましたぴかぴか(新しい)感謝しますぴかぴか(新しい)


さて、1月2日はどうしても見たかった行事、新年の一般参賀に出かけてきました。


やっぱ、快晴ですね。なぜか天皇の行事は晴れますね晴れ


東京駅ではそれほどみかけなかったのに、東京駅を出たら、いつのまにやらものすごい人。途中、一見して右翼団体とわかる人々を見ながら、皇居の正門に向かいました。

警視庁機動隊が警備を行っています。

皇居前広場の入り口近くで、皇居清掃奉仕団(?)の人が数人立って紙製の日の丸の旗を手渡してくれます。ありがとうございます!

そして皇居前の道路には警視庁騎馬隊を発見!!horse人が群がって写真を撮りまくられておりました(おいらも(笑)
003


(警視庁騎馬隊は第3方面交通機動隊に所属し交通安全教育や国事である各国大使の信任状捧呈式の警護を行っています。また不定期に皇居周辺の警戒をおこなっておりますが日程は決まっておらず目にすることができたら幸運と言われています)

しかしね、

バスでやって来る人々とか続々と人が集まってきておりますバス~~~ほんまに!!(゚ロ゚屮)屮


おいらは2回目(11時から)の参賀に行きましたが、全員入れるか?と不安を感じたくらい万単位の人々が列に並んでいる。
若いカップル、子供を抱いた夫婦、車いすの方、そして外国人も多くいます。

騎馬隊の方を通りすぎてテントが作られていて、

まずは手荷物検査バッグの中を警官の方にチェックされ身体検査。

女性は婦人警官に前も後ろも横も肩も腕も、ぱふぱふとチェックされます。

身体検査、手荷物検査などを終えて、ロープで区切られた中に4列でお進みください、とアナウンス。

すごく人がいるので、そうそう簡単に進めないのです。

おいらは東京に行く時は、国内でも有数のパワースポット、宇宙と繋がっている皇居に行ってきました。

いつも二重橋に向けて御礼を申し上げますが、今回はその二重橋を渡れる!

それだけで感動なのですヽ(´▽`)/

(よかったらご覧下さい↓)

たけ国内の有数のパワースポットに行く
http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-fc80.html

皆ぞろぞろと二重橋を渡ると正門からの入場になりますが、

004

正門前には礼装を着用した皇宮警察の警察官の姿があります。
彼等はまっすぐ微動だにしませんでしたよ。すごいです。

006

手入れされた木々・庭を眺め、見上げると空は青く静かに晴れわたっておりました。なぜか気になった雲。
007

やっとのことで、長和殿の前の東庭の向かって進んで行きます。
008

おぉ~~これが長和殿か!Σ( ̄ロ ̄lll)

「威厳より親愛、荘重より平明」

を基本理念とし、資材は全て国産みたいです。
(緑の屋根、白い壁、茶褐色の柱、梁、それ以外の色を使わず、自然物と調和するデザインで、ここまでシンプルにして美しい宮殿は世界に類を見ないとされている)

待ってる人々は粛々と集合しています。

皇居が発する波動かな、自然にきちんとしなければ、という気持ちになるのでしょうか。


いよいよ

バルコニーに天皇・皇后両陛下をはじめとする皇族方がお出ましになりました!

010_2

それまで静かに待っていた群衆が一斉に旗を振り上げ旗の翻る音と歓声で広場が大きく揺れるようでした。
012_2

↓今年の天皇陛下のお言葉は次の通りでした。

「昨年は,多くの地域で猛暑が続き,また経済の状況も厳しく、人々の生活にはさまざまの苦労があったことと察しています。
家族や社会の絆を大切にし、国民皆が支え合ってこれらの困難を克服するとともに、世界の人々とも相携え、その安寧のために力を尽くすことを切に願っています。
本年が我が国と世界の人々にとって幸せな年になることを祈ります。」

        

言葉の聞き分けが大変難しいおいらでも
なぜか

『世界の人々にとって幸せな年になることを祈ります』

この部分ははっきり聞けた。同時に皆、ワァーと一斉に旗が振られて、

013_2
ブワッ


ヤバイたらーっ(汗)たらーっ(汗)
なんだかカンドーして、涙がこみ上げる。

小沢氏、岡田氏、民主党政権を始め、一般の方々の中にも皇室を蔑ろにする方々が多い中、

多くの国民が こうやって日の丸を振って 天皇陛下と共に新年を迎えられる。

こんなに素晴らしい光景は他にはない!


と感動しました。

そして、

陛下の「祈ります」というお言葉は、年間30回にも上る皇室祭祀で
日本のために、日本国民のために、世界のために 祈ってくださっている。

陛下は「国平らかに、民安かれ」ひたすらそう祈る。

私達の「祈ります」という言葉とは全然重さが違います。

何とありがたいことではありませんか。

それほどまでに感動する一般参賀であったのです。

014_2

人の波が動き始めて、流れとともに東庭を後にしました。

人々はなんだか皆にこやかなのでありましたhappy01

一般参賀に行って、こんなに感動するとは思いませんでした。

帰り道では皇居の近くでとれた蜂蜜や

天皇皇后カレンダー、二重橋ワインとか

お土産売ってるテントがありました。



まだ行ったことのない方は、ぜひぜひ(◎´∀`)ノ


最後までお読みくださって、ありがとうございますぴかぴか(新しい)

よかったらこちらもご覧ください

日本人が知らない天皇(1)
http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-1090.html

日本人が知らない天皇(2)
http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-9155-1.html
日本人が知らない天皇(3)
http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-86c1.html

日本人が知らない天皇(4)
http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-576d.html

日本人が知らない天皇(5)

http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-721d.html

ありがとうございますshine016

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | たけ福岡へ(◎´∀`)ノ »

天皇のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | たけ福岡へ(◎´∀`)ノ »