« 東北・関東大地震の福島原発 | トップページ | 日本人は地球に【大】いなる【和】をもたらす大和民族 »

2011年3月12日 (土曜日)

東北・関東大地震の福島原発

ネットがあってよかった。

ほんまにそう思います。

政治や権力や医療の暗部を知れます。知れば知るほど、私たちはどんだけに洗脳されてきたかと自分ながらびっくりします

今回は、福島原発

最も信用できる方のブログ(とびらさん)より

『今朝のブログでも述べたことに関連しますが、私はアメリカCNNとイギリスBBCの日本語放送と日本の放送局を並行して見ていまして、今朝までの感想として日本の放送では原発に対する危惧がほとんどありませんでした。

しかしCNNなとはこのことに関して可なりの時間を割いていました。
そして大変な事態になるかもしれないと心配していました。

CNNで述べたことから半日ぐらいのタイムラグが生じて放映されています。
今現在(19:40)は第一原発が半径20キロ、第2が10キロで避難勧告です。
日本は今になってバタバタして放映しています。
事を隠しても、小さく小さく報告してもいつか真実は出てくるのです。

確かに日本では被害の状況を知らせること、災害から人々を救うことなどに放送の重点が置かれるのは判りますが、ちょっと前まで枝野氏は放射能は想定内などと言っていました。

いま思えばまったく考えが甘いのです。

阪神淡路大震災の時は救助犬は法律上受け入れないとか、薬品は薬事法駄目だとか、自民党はバカなことを言いましたが、民主党の主導もまた、天木氏が危惧するようにスッカラ菅氏を中心としたエゴ幹部に任せていたら、このままいったら大変な人災になってしまいます。

ここに来てもまだ、己の判断力と行動力の無さを隠して権力にしがみつこうとしています』

http://blog.goo.ne.jp/tobira2002/e/1e9a6a21141d2a5a9fa6bcd93c7b2e6a

以上、とびらさんいつもありがとうございます。

都合悪い情報を抹殺しようとも無駄ですあせあせ(飛び散る汗)


また、 京大の原子炉研究所の小出先生のメール転載します。
普段、慎重に意見を言われる先生がここまで書くというのは、よほ
どです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様、福島原発は破局的事故に向かって進んでいます。

冷却機能を何とか回復して欲しいと願ってきましたが、できないままここまで来てしまいました。

現状を見ると打てる手はもうないように見えます。

後は炉心溶融が進行するはずと思います。

それにしたがって放射能が環境に出てくると思います。

その場合、放射能は風に乗って流れます。

西向きの風であれば、放射能は太平洋に流れますので、日本としては幸いでしょう。

でも、風が北から吹けば東京が、南から拭けば仙台方面が汚染されます。

今後、気象条件の情報を注意深く収集し、風下に入らないようにすることがなによりも大切です。

周辺のお住まいの方々は、避難できる覚悟を決め、情報を集めてください。

              2011/3/12  小出 裕章

※※※※※※※※※※※※
以上小出先生でした。

また、違う方からの情報です。

+++

原発震災が起きたら、トロロ昆布をすぐ食べよう
「放射能で首都圏消滅ー誰も知らない震災対策」より引用

首都圏に飛んでくる放射能で、特に症状が出やすいのは、放射性ヨ
ウ素による甲状腺異常です。
体内のヨウ素は70~80%が甲状腺にあるため、放射性
ヨウ素た体内に入ると、甲状腺に集まって、
やがて甲状腺ガンを引き起こします。特に、若い人の発がん性が高
くなります。

「甲状腺ガンから身を守りたい」
チェルノブイリ原発事故で甲状腺の異常が増えて、甲状腺ガンが
20年経っても減らないことは前にお伝えしたとおりです。
これに対する対策は、放射能を帯びていないヨウ素を先に体内に取
り入れて、放射能が飛んでくる前に甲状腺をヨウ素で飽和させてお
くことです。

体内に取り込むヨウ素は、一定量以上になると蓄積できずに排泄さ
れるので、それを利用して放射性ヨウ素の被害を避けることが出来ます。
もちろん、第一の対策は防塵マスクで放射能を体内に入れないこと
で、これが最も重要ですが、さらに防御する意味で、日常的にヨウ
素を多く含んだ食品を食べるように意識しつつ、放射能の危険が
迫ったら、間に合うようにヨウ素をとれば有効な訳です。

「手っ取り早く」はヨウ素剤
ヨウ素を体内に取り込むのに手っ取り早い方法は、ヨウ素剤です。
服用のタイミングは、放射能に襲われる直前がベスト。被ばく後で
も3時間後で50%の効果があるとされています。
原発から半径8~10Kmの自治体では、法令に従って、錠
剤のヨウ素剤を備蓄しています。
それ以外の地域では備蓄していないので、前もってインターネット
で販売されている物を買っておきましょう。小さいお子さん用に、
液体状にして飲めるキットも売られています。
ただ、ヨウ素に過敏な体質の人は、錠剤を飲むと発疹などの副作用
が現れることがあるので、用量、用法には注意が必要です。

「食品で取るならトロロ昆布」
食品でヨウ素をとるなら、副作用の心配はありません。特に多くヨ
ウ素を含む食品は昆布で、ワカメの4倍くらい多く含んでいます。
普段から、昆布などの海草類をよく食べるようにすると共に、原発
で事故が起こったと知ったら、食べやすいトロロ昆布などを多めに
食べるのが、無理のない、健康的な対策です。
トロロ昆布は、乾いたまま一度にたくさん食べると腸内で膨張して
危険なので、お吸い物などに入れて食べましょう。

「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
乾燥昆布一切れ1枚1グラム
トロロ昆布大さじ販売1グラム
乾燥ワカメ5グラム
いわし中2匹96グラム
さば1切れ100グラム
かつお1切れ100グラム
焼き海苔10枚3グラム
ぶり1切れ80グラム
塩鮭1切れ60グラム
寒天1角の半分4グラム
+++
10分でわかる原発震災のお話
http://www.stop-hamaoka.com/ehon/ehon.html
日本の原発と地震 死ぬほど恐ろしい冷却水喪失
http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-1.html

緊急停止しても事故は起こる
http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-4.html
http://www.stop-hamaoka.com/


インターネット新聞JanJan<原発>特集
http://www.janjanblog.com/?cat=42


総合病院の管理職時代、放射能事故の予防、及び
事故発生時の対策マニュアル作成のために学んだときの情報です。

東海村の原発事故で被災された患者さまと、医療職者、
原発関係者が情報提供してくださったものですから、確かです。

対策の中で、ツイッターでも伝えられていない、重要なことがあります。

◆ 避難するのは、コンクリートの建物内。

 放射線を浴びた方の重症度は、距離だけでなく、
 コンクリートの壁に遮られたところにいたかどうかで
 大きく違っていました。

 勿論、窓を閉め、換気扇とエアコンを止めて、
 外気との交流を防止することが大事です。


◆ 二次被爆を予防する その1

 被爆した方は、人体そのものが放射線を発し始めます。
 その方と同じ部屋にいると、先に避難していた未被爆の人も被爆します。

 したがって、遅れて避難してきた方は、違う建物に避難させるか、
 学校やデパートなど、防火扉などで各エリアを分けられる建物への避難が理想的です。


 同じ建物内に受け入れる場合は、采配・決断をする人間が必要になります。


◆ 二次被爆を予防する方法 その2

 着てきた衣類・帽子は脱ぎ、ビニル袋に入れて密閉する。
 
 できればシャワーを浴びる。


******

是非 ご参考ください♪

こんな時こそ、強く正しく明るく

そして、ありがとう精神で



ありがとうございますぴかぴか(新しい)

« 東北・関東大地震の福島原発 | トップページ | 日本人は地球に【大】いなる【和】をもたらす大和民族 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北・関東大地震の福島原発 | トップページ | 日本人は地球に【大】いなる【和】をもたらす大和民族 »

フォト
無料ブログはココログ