« トイレがないマンション | トップページ | 元気をくれてありがとう »

2011年8月 6日 (土曜日)

脱原発へ ドイツ「緑の党」

2022年まで脱原発決めたドイツ。その決定に大きい役割を果たした一人「緑の党」国会議員 シルビア・コッティグウールさんの記事から。

『原発の電力を補うのは再生可能エネルギーだ。00年に「緑の党」が連立内閣に加わった時に、再生可能エネルギー開発を強力に進める新しい法律を作った。

再生可能エネルギーの電力を全量買取に電力会社に義務付け

その電力を送電を優先することを義務化した。この結果、太陽光、風力の発電が急拡大 した。

また、再生可能エネルギーに対し、投資家が安心して投資できるようになる環境をこの法律を作り出した。

アルミ製造や電力多消費産業界から安定供給への反発、不満、不安があったが、彼らは積極的に議論に参加して、

自らどんな貢献ができるかを検討した

結果に太陽光発電産業や風力発電産業が成長して、関係機器製造のアルミの需要が増えるなど、業界への利益もあった』

この中に、2つのキーワードがありますね。

『法律』『貢献』

日本と大違いです。

エゴ優先の官愚、政愚は再生可能エネルギーに対した法律をひとつも作らなく、

原子力損害賠償支援機構という隠れ蓑を作り、莫大な既得権益を守り抜いた形で
法案が成立しようとしているのです。

佐賀県の町長とか福井県の市長がトイレがないマンションに住めとアピールしてます。

ドイツは、厳しい敗戦から技術力と勤勉さで有数の国に復活した日本の盟友です。

ところが、原爆と原発の一番怖さを知って、一番被害があった日本なのに、原発を再開させるために「節電」という猿芝居をしてるんです。

目の前で原発の怖さを見ても、被害があった人々を見ても、これがエゴ優先の官愚、政愚、電力会社、一部の財界の実状です。

正直に、エゴ丸出しの彼らは目がさめないと思うのです。悲しいですが・・・

このくらい人間の欲・我のマイナスパワーは強いものです。

いま一番大事なのは、政府に期待・依存しなく、日本人が自主、自助で明るい未来を創ることです。

『さようなら原発 1000万人アクション』 

今回も署名運動にご協力をよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)

Sayonaragenpatu_logo

                http://sayonara-nukes.org/

これからが大切です。

ありがとうございます

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


心を洗うのは

強く正しく明るく、我(が)を折(お)り、つまらない欲を捨て、

 みんな仲良く相和(あいわ)して、感謝の生活をしよう


それと

与えられたことを感謝して受けよう
 
 与えられないことにもやっぱり感謝して受けよう 



で ございますぴかぴか(新しい)

↓宇宙学の公式サイトはこちらです。
http://the-cosmology.com


優良星界人の暮らし

http://hw001.spaaqs.ne.jp/true-gate/sonota/yuryo-seikaijinno-kurashi%20.html

オフィシャル:たけの世界http://hyougensya-take.com

ありがとうございます

« トイレがないマンション | トップページ | 元気をくれてありがとう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トイレがないマンション | トップページ | 元気をくれてありがとう »

フォト
無料ブログはココログ