« そうだ!京都の嵯峨まで行こう(゚▽゚*) | トップページ | 玄米は12時間水に浸してね(゚▽゚*) »

2011年9月 4日 (日曜日)

みんな悪人の家

今回も『地球村』の高木善之さんの本『ありがとう』ですが、

この中で『うちの家はみんなが悪い』というお話がありました。小学生の作文からのお話みたいです。引用させていただきます。


~~~

(ある作文から)

きょう私が学校から帰ると、お母さんが「お兄ちゃんの机を拭いていて金魚鉢を落ちして割ってしまった。もっと気をつければよかったのに、お母さんが悪かった」と言いました。

するとお兄ちゃんは「僕が端っこに置いたておいたから、僕が悪かった」って言いました。

でも、私は思い出しました。きのうお兄ちゃんは端っこに置いたとき私は「危ないな」って思ったのに、それを言わなかったから、私が悪かったと言いました。

夜、帰ってきたそれを聴いたお父さんは「いや、お父さんが金魚鉢を買うとき、丸い方でなく四角い方にすればよかったなぁ。お父さんが悪かった」と言いました。

そしてみんなが笑いました。

うちはいつもこうなんです。

うちの家はいつもみんなが悪いのです 

(引用終わり)

~~~

なんてステキングなお家でしょうか( ̄▽ ̄)この短い作文にもいろんな学びがありますね。

☆怒らない

☆謙虚

☆反省

そして

☆人のせいにしない

ある人が『成功法則を知りたい』と成功者100人にアンケート.しました。

結果については、

100人いれば100の成功法則・方法がある。が、唯ひとつだけ共通してることがあった。

それは「人・環境のせいにしない」

成功者は「お金がない、時間がない、政治が悪い」など、人・環境のせいにしなかったそうです。

まぁ、この成功者といわれるものは、前地球の考え方ですが(゚▽゚*)

『責任転嫁して、人のせいにしない』という考え方は学びがありますね。

人は、自分だけが高いところに立ち、自分の非を認めたくないものだと思います。

何か過ち、失敗を犯した時、人や環境のせいにしようとすることは、よくあることですね。

そんな場合であっても、よくよく考えてみると、過ちや失敗の原因は、自分にあることが多いのではないでしょうか。

ブーメランのように『自分が発したものが自分まで返ってきただけ』と反省することが必要のではないでしょうか。

いまの自分が置かれた境遇・環境は自分が発した想念の結果です。

この原因結果の法則をよく理解したら、

自分の眼前に現れている環境・現象は、己を映した『鏡』みたいだと言えます。

宇宙学では『映し鏡の理』と言われます。

昨年の9月号『宇宙の理』の中で


『縁信先生の通信』に


『素直な気持ちで、周囲を分析されよ。

謙虚な気持ちで、周囲を分析されよ』


『我を折り、宜しからぬ欲を排して周囲を見てみよ。
己の姿がよく見えよう。』


と縁信先生は仰せです。

『みんな悪人の家』から、これからの地球人の正しい自覚を学んだ気がしますヽ(´▽`)/

ありがとうございますぴかぴか(新しい)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

心を洗うのは

「強く正しく明るく、我(が)を折(お)り、つまらない欲を捨て、

 みんな仲良く相和(あいわ)して、感謝の生活をしよう」


それと

「与えられたことを感謝して受けよう
 
 与えられないことにもやっぱり感謝して受けよう 」



で ございますぴかぴか(新しい)

↓宇宙学の公式サイトはこちらです。
http://the-cosmology.com


『優良星界人の暮らし』

http://hw001.spaaqs.ne.jp/true-gate/sonota/yuryo-seikaijinno-kurashi%20.html

オフィシャル:『たけの世界』http://hyougensya-take.com

最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ぴかぴか(新しい)

|

« そうだ!京都の嵯峨まで行こう(゚▽゚*) | トップページ | 玄米は12時間水に浸してね(゚▽゚*) »

ありがとう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうだ!京都の嵯峨まで行こう(゚▽゚*) | トップページ | 玄米は12時間水に浸してね(゚▽゚*) »