« たけの「木」の世界 in 京都七条 | トップページ | オリジナル原画 »

2012年7月 3日 (火曜日)

世界一番平和で楽しそうなデモ

大飯原発再稼動反対行動 12.7.1

602361_317167075042178_1760896126_n

この写真を撮られた人のコメントは

「今日一番心に残った光景。このときはかなり雨が激しくて、再稼働反対を訴え続ける女性たちが、機動隊の人が雨にぬれないように傘を差し出している。

私達はこの人に戦いたいわけではなくて、この人たちも含め、みんなに未来のために伝えたいことがあってここにいるんだと思った」

ボクはこの一枚の写真でデモの概念が崩れ落ちました・・・・

ボクのブログ「今日の総理官邸を取り囲む普通の人々の反原発デモ」に書かせていただきましたが、「怒り」や「恨み」に走る人達がデモに参加していると思いました。すいません。ちょっと誤解してました。

以下の写真は何だか楽しそうにデモしている人達です。

おいらも行きたくなってしまった(◎´∀`)ノ気持ちは同じだから。

0c122725 1d0e2a71 5b23e9be 8bc20052 443b43c8 Ca41d8e5 Ce987a7a

E9f28ceb

ボクの故郷の「阿波おどり」や、「ええじゃないか」を思い出してしまった。

このエネルギーは権力者も闇の人も誰も抑えられない。

そんな感じになってきたよo(*^▽^*)o

最後に

戦争に反対し元駐レバノン日本大使を解雇された天木直人さんのブログから

「世界で一番平和で大きなデモ」

http://www.amakiblog.com/blog/

6月29日の総理官邸を取り巻く原発反対デモに参加した。

まず驚いたのはその数の多さだった。総理官邸を取り巻くデモでこれだけの数が集まったのは、安保闘争デモ以来であろう。

しかもこの数はこれからもどんどんと増えていく。文字通り日本の歴史の中ではじめての動きである。

二つ目に、このデモは政党や労組などが組織動員したデモとは異なった一般参加のデモであったということだ。

「ということだ」と書いたのは私にはその違いがわからないからだ。

しかしデモに参加していた左翼政党関係者が語っていた。デモでいつも見かける顔ぶれをほとんど見ないと。動員して集まった者たちではないと。

デモの常連者がそう言っているのだ。間違いない。

三つ目に、このデモはお互い知らない者同士がひとつの目的に向かって集まったデモであるということだ。

原発反対を唱和する声が時々とぎれ、その合間にマイクを通じた演説が繰り返される。

その殆どは政治家の演説である。

彼らの演説は何々党の何々議員ですと名乗ってから話す。

しかしそのような自己宣伝がその場を白けさせるような、一般市民が主役のデモであった。

身分や出身などどうでもいい。ただ、原発反対、原発再稼動を許すな、という抗議こそが重要なのである。

圧倒的な数の無名の声が、野田政権の原発再稼動に怒りをぶつけ、官邸を包囲する。そのことが重要なのである。

デモに参加して声を上げる者が偉いのではない。その声が政治を変える、その行動が重要なのだ。

ついでに言えばやたらに美しい女性が目についた。若い人も年配の人も、正しい事をやっていれば人は美しくなるということか。

そして最後に、私がつくづく実感したことだが、これは世界で最も平和なデモではないかということだ。

デモがおとなしいのではない。

原発反対の怒号は激しい。

本来ならばデモ参加者とそれを取り締まる警官との間で暴力沙汰になってもおかしくはない大規模のデモだ。

ところがデモ参加者は警察の指示に従って整然と行動する。立ち止まると渋滞するから歩き続けてくださいと警官がマイクで注意喚起すと、デモを主導する者たちがその警察の指示を守るようにと呼びかけ、参加者はそれを守る。

こんな平和的なデモは世界ひろしといえどもないだろう。

それでいてデモが訴えている事は過激である。野田政権の退陣を求める。

主導者のいないデモ、特定の政党や組織が主導しないデモが、果たして政治を動かす事ができるか。

私はデモの中に身を置きながらその事を考えていた。

そう思いながらこう考えた。

このデモが、野田民主党政権が原発を再稼動しようとする限りおさまらないとすればどうか。

その数が週を追って膨れ上がり、100万人規模のデモになっていけばどうか。

さすがに政府も原発再稼動を強行できなくなるのではないか。

政治が原発再稼動を阻止できなくても、一般国民がそれを許さず、平和デモの形で政府が止めない限りデモが継続、拡大していく。

政府はその声に従わざるを得なくなる。

まさしく平和なデモが政府の政策を変えるのだ。

世界に例のない平和で最大のデモが政府の誤りをあらためさせる。

この快挙の当事者となるために、一度はこの歴史的デモに参加しよう。

これが消費税増税でもオスプレイでも連鎖して起きるようになれば日本は間違いなく変わる。

そこに私は希望を見る思いで帰ってきた

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ありがとうございます

合掌

|

« たけの「木」の世界 in 京都七条 | トップページ | オリジナル原画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本国民って素晴らしいです。


この平和なデモが再稼働にストップをかける事を信じてます。


投稿: イツ | 2012年7月 3日 (火曜日) 04時35分

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年7月 4日 (水曜日) 20時35分

happy01イツさん

いつもありがとうございます。

ボクもこの平和なデモが再稼働にストップをかける事を信じてます

ありがとうございます
合掌

投稿: ☆たけ☆ | 2012年7月 6日 (金曜日) 00時01分

happy01nogaさん

ありがとうございます。

それでもボクは「感謝の先取り」「愛」を送ります

ありがとうございます
合掌

投稿: ☆たけ☆ | 2012年7月 6日 (金曜日) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たけの「木」の世界 in 京都七条 | トップページ | オリジナル原画 »