« これもありがとうの効果でしょうか(4/7) | トップページ | 「難」が「有る」から「有難う」(6/7) »

2014年1月31日 (金曜日)

路上へ(5/7)

路上へ

 

 

発症して半年後、まだリハビリ病院に入院なのに、京都の四条小橋で自作のポストカードを路上販売しはじめました。無職で重い障がいを戴いた私は、自分の作品で金を稼がなければなりません。

自分のチカラで生活しなければなりません。しゃべれないし、言葉もわからないくせに路上に座りました。

われながらいい根性だったと思います。アホですな(笑)

当然、施設の職員や仲間が「なんかあったらどうするの?」と心配してくれたが、なんかあったら、そのときに考えたらいいと思ったのです。実際に起きないことを、前もって心配することは私には出来なかったのです。やってみなければわからない。

 

心配心は、優しさや愛ではありません。怒りや恨みと同じマイナスの心です。大神様から「御法度の心」だと言われる地球人類の悪い心のくせなのです。

 

皆心配くれたが、お気持ちだけ有難く戴き、路上に座りました。

人生を開くチャンスが路上にあると思いましたから。マスコミの取材や個展の話や本の出版の話は路上にあるはず、と強くイメージしていました。そのイメージが色付きで簡単に出来ました。本当の絶望は、周りの景色がモノクロになるが、実現されるイメージは色付きになると、体験させて頂きました。

ドキドキしながら、お客さんを待つ日々。作品がはじめて売れたときは。本当にうれしかったのです。勇気を出してよかったです。

ですが、路上で一番の問題はコミュニケーションでした、行きかう人々は、路上に座り込む男が、まさかしゃべれない、言葉の聞き取りが不自由な人間とは思っていません。それは当然、こちらから言わねばなりません。「コミュニケーションは筆談で」とノートに書きましたが、人はそれまでは見てくれません。

「いらっしゃませ」「こんにちは」「ありがとうございます」と言えない私は、こちらからコミュニケーションしようと思い、自己紹介のチラシを作って、一番頭にこのように書きました。

『私はことば(言う、聞く、書く)が不自由です。失礼をお許しください』

作品をご覧くれる人にこのチラシを渡しました。

 

お客さまに「ありがとうござます」と言えないことは、本当に失礼なことです。だから、作品をご覧くださる人がいれば、せめて感謝の意を込めて、道に『正座』しました。私ができることは『正座』くらいのものでした。底冷えのする京都の冬でも、芯から冷える石の橋の上でも正座しました。

 

平日は施設のベットの上で絵を描いて、週末は妹の部屋で、その絵をパソコンで印刷しポストカードにしました。作品数がだんだん増えて、売上もだんだん増えました。

応援してくれる人も現われました。自分の作品を人様が買って下さるということは、もう立派なプロです。問題は、それで生活ができるかどうかです。

 

路上販売して半年。いよいよリハビリ病院施設の利用は2002年いっぱいまでと決定されました。担当の職員さんとこれからの進路を相談しました。私は、もう既に自分の生き方は「表現」で生きる、これで飯を食べる、と心の中で決めていましたが、路上活動をしてまだ半年。路上で作品を売って戴いた金では、まだまだ生活できないという現実。

 

担当の職員さんは絵を趣味にして障害者職業訓練校に行くといいと言いました。そして、お世話になった担当の職員さんが勧めてくれた障害者職業訓練校を見学しました。

その日の夕方に担当の職員さんまで障害者職業訓練校から電話がありました。「言葉の聞き取りができない人は入学できない」とのこと。

担当の職員さんは「話が違う!」と電話口で怒っていましたが、私は、それでよかったと思ったのです。これで「表現者の道に行け行け」と言われたように実感し、「もう迷いはない。俺はこの道しかない!」と再び決意しました。

 

そうして路上活動をつづけているうちに、新聞やテレビなどにも取りあげてもらい、私のまわりには人だかりができるようになりました。路上の感想ノートには、自分で言うのもおこがましいですが、「すごく感動しました」「勇気づけられました」というようなことがたくさん書いてありました。

「この言葉をもらうために京都まできた」と泣く人もいます。私はただ自立したかったし、自分の表現で生活するため、路上していただけですが、私の作品を見てこのように受けとめてくださる人がいました。勇気を出して路上販売をやってみてよかった。

いま自分のことで精いっぱいだが、いつか人に喜ばれることをしたいと思いました。

つづく

米子タカシマヤの個展のお知らせでございます。ぜひ遊びにお越しください(◎´∀`)ノ

■2月19日(水)~25日(火) 個展・実演 in 米子タカシマヤ

会場:鳥取県米子市角盤町1丁目30 米子タカシマヤ5階催事場

実演時間:11:00~18:00くらいまで

内容:たけオリジナルグッズを1,500円以上お買上げの方に、絵と詩の
メッセージカードをプレゼント。
その他、その場でお渡しできる、あなただけのメッセージ色紙作成いたします。
たけは毎日会場で実演します。

3月は,堺東タカシマヤ、日本橋タカシマヤで個展します。

みなさまぜひぜひお越しくださいませ(◎´∀`)ノ

ありがとうございます

合掌 たけ

 

 

|

« これもありがとうの効果でしょうか(4/7) | トップページ | 「難」が「有る」から「有難う」(6/7) »

ありがとう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これもありがとうの効果でしょうか(4/7) | トップページ | 「難」が「有る」から「有難う」(6/7) »