« 生きづらい世の中を生きる人生に役立つかもしれない映画について(1) | トップページ | 必読!!不思議な誉め言葉のチカラ »

2016年2月24日 (水曜日)

生きづらい世の中を生きる人生に役立つかもしれない映画について(2)

Photo
前回で吃音の先生も口をきかん機関車先生も「生きづらい世界」で懸命生きてきた映画を紹介してましたが、

次は、突然の事故で、自分の両手を失って口に筆をくわえて描いている南正文さんのドキュメンタリー映画。

天から見れば
http://tenkaramireba.com/

~~~

南正文さんは小学校三年生の春休みに製材業を営む父を手伝っている時、機械のベルトに巻き込まれて両腕を失ってしまいました。十四歳の時、近所の人のすすめもあり、両親と共に京都の大石順教尼を訪ねました。大石順教尼もまた、十七歳の時、養父に一家五人を斬殺するという「堀江六人斬り事件」の巻き添えとなり両腕を失っていました。十九歳の時、カナリヤが雛を育てるのを見て、口に筆をとることを思いつき、以後、独学で書画の勉強に励み、口で筆をとり絵画・書をえがいていたのです。

順教尼は、南さんの両腕を失ってからの身の上話をすべて聞いた後、「分かった。私の弟子になりたかったら、三つだけ条件がある」と言いました。一つは、堺から京都まで一人で来なさい。そして、今までは足を使っていたかも知れないけれども、これからは口を使いなさい。そして、三つめは、絵を描きなさい。勉強しなさい。と。そこから順教尼の慈愛に満ちた修業が始まります。南さんは順教尼の生き方に接して人生に開眼、後ろ向きだった心が大きく転換していきました・・・・・(公式サイトから)

~~~

突然に両手を失ってしまうのはまさに「生きづらい世界」と思います。星野 富弘先生も大野勝彦先生生もそれ。この映画を観たら私達は「生きづらい世界」とは言えないわ・・・・

全国で上映会してますのでhttp://tenkaramireba.com/category/screeninginfo/ぜひ!eye

監督は「1/4の奇跡~本当のことだから~」の入江富美子さんです。2回ほどお会いしましたが、ますます美人さんになっている。自分のミッションを生きたらこんなにもキラキラできるかと感激しました。lovely

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。

次は

Photo_2

大ベストセラー『五体不満足』の乙武洋匡さんが、3年間にわたる小学校教師としての実体験を基に描いた自伝的小説を、自ら出演も務めて映画化。

手と足がない先生。恐る恐る受けていく子供達。

これはドキュメンタリー映画か?」と思ったくらい、子供たちはいい表情、とても自然だし、素の芝居でした。乙武さんも素人とは思えない芝居。

実際に、生徒達もこの映画を観る鑑賞者も、乙武さんに「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言われたら、「大丈夫かも?」「何とかやれるんじゃないか」「やらないといけない」という気にさせられるのです。

手と足がない先生に出逢い、少しずつ変わって「みんな違っていてそれでいい

あるがままの個性を認め合うまで成長を遂げた子供達。とても心地よく観賞しました。

私達は、他人と自分をくらべて、

一喜一憂して、

病気や障がいや世の中のせいにして、

自分の生きる世界を自ら「生きづらい世界」にする。

嘆いていても何も変わりません。

考え方や見方で人生はいくらでも変えられる。

そんなことをこの映画が教えてくれた。

この生きづらい世の中を幸せに生きる方法は・・・

こちらからどうぞ

皆様、ありがとうございますヽ(´▽`)/

shineたけショップサイトshine

3月の予定です。皆様、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3月9日(水)~15日(火) 個展 大阪府
   

 会場:堺タカシマヤ7階キッズローズスクエア
 

     大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通59番地
    (tel) 072-238-1101
    最寄り駅:南海高野線堺ひがし駅下車すぐ

    実演時間:午前10時~午後6時30分(最終日は午後4時まで)

    たけは、毎日会場にて実演しております。
    大変ご好評いただいております名前入り色紙は、約30分程でお仕上げ致します。
    お誕生日、ご結婚、ご出産、御入学、還暦のお祝い等にいかがでしょうか?

Sm1310289821258

3月25日(金)~31日(木) 個展 京都府
 

        会場:哲学の道 ギャラリー

    京都市左京区浄土寺下南田町166
    (tel)090-9116-2313
    実演時間:午前10時~午後17時(最終日は午後3時まで)

    たけは、会場にて毎日実演しております。
    今年もまた、哲学の道にて期間限定「筆談のたけギャラリーショップ」を
    オープンさせていただけることとなりました。
    少し早めの桜とともに(笑)皆さまのご来店をお待ちしております。

たけギャラリー地図

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

« 生きづらい世の中を生きる人生に役立つかもしれない映画について(1) | トップページ | 必読!!不思議な誉め言葉のチカラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きづらい世の中を生きる人生に役立つかもしれない映画について(1) | トップページ | 必読!!不思議な誉め言葉のチカラ »

フォト
無料ブログはココログ