大麻のこと

2010年10月27日 (水曜日)

毎日、大麻に包まれ寝ます

毎日おいらはヘンプ100%に包まれぐっすり寝ますsleepyよかったら御覧ください。

①ヘンプ100%の枕カバー、シーツ

おお麻(ヘンプ)専門店「さぬきいんべ」~おお麻(ヘンプ)を暮らしの中へ~

http://www.sanuki-imbe.com/

②ヘンプ100%のパジャマ

うさとの服ホームページ http://www.usaato.com/

③ヘンプ100%のふんどし

イヤサカの会http://www.yaei-sakura.net/iyasaka/ 

Photo

大いなる麻に包まれ寝た最初の頃は、何かから自分がバリアされている?と実感しましたなぁ。なんだか元気元気。どこからともなくパワーがわいて出てくる。

これは何か!ヘンプの効果か!

そうです!

麻は、神社などでもお祓いのときや神具として使われますが、その意味は罪穢れを祓うという免疫力の向上と波動調整役を担っているのです。

シーツのタグに↓

Photo_2

草根木皮は小薬なり。鍼灸は中薬なり。飲食、衣服は大薬なり。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こちらも御覧ください

大麻は魔薬じゃない(1)

http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-7a7a.html

大麻は魔薬じゃない(2)

http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/2-884b.html

大麻は魔薬じゃない(3)~ヘンプはすばらしい

http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-e144.html

ありがとうございますshine

2009年9月10日 (木曜日)

地下存在との対話(2)

前回から、地下存在の人・インナーアースの 人々の生活って、

『優良星界人の暮らし』
http://homepage2.nifty.com/truegate/sonota/yuryo-seikaijinno-kurashi%20.html

と同じのようで、地上の私達の生活より精神性の高い人々が住んでいるとわかりました。

余談ですが、鳩山首相の夫人が『金星』に行ったことや「太陽を浴びて『パクパク』と食べるのnoteやさまざまな超常現象について発言してきたとマスコミが報道しましたね。

夫人が『金星はとても綺麗なところで緑が多かったのnoteと発言してきたし、マスコミは“トンデモ夫人”とか“オカルト夫人”と評していますが、まさに夫人が見た金星は、『優良星界人の暮らし』 のそのままの風景でしたね(太陽系では、火星・金星は優良星と言われてます)

しかも『太陽をパクパクを食べる』って、人間は太陽の光で生かされているから、太陽のエネルギーをもらうために『食べる』という発言はなかなか当を得る表現だ!と感心しました。

もし夫人が鳩山首相に良い影響を与えてくれれば、日本のアセンションへ向かう道が見えるかもですヽ(´▽`)/

さて、『イヤサカの会』発行のメールマガジンの続きです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■本日のテーマ

────────────────────────────

 ◆ シャンバラからのメッセージ(その2) - やしろたかひろ
 
 ◆ ヘンプ関連情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ シャンバラからのメッセージ - 食・育児・大麻・闇の勢力・
   アセンション(その2) - やしろたかひろ
───────────────────────────

今回は、前回の続きになります。
ダイアン・ロビンス氏というチャネラーが、テロスをはじめとするシャンバラ都市群の人々から受け取ったメッセージをまとめた著書があります。
 「ついに実現した地下存在との対話」(徳間書店)
 http://www.yaei-sakura.net/column/book.html

この本に記述されているシャンバラの人々からのメッセージの中で、前回は主にインナーアースの人々の生活に関するメッセージを中心にご紹介させていただきました。(※読まれていない方は、上記バックナンバーのURLからご参照ください)
今回は地球温暖化問題、アセンションなどに関するメッセージを抜粋してみます。
『 』の付いた文が、本書に紹介されている彼らからのメッセージの要約です。僭越ながら私の解説を付記してあります。


 *****************


『水は生きていて、その意識は周りの環境に完璧に反応します。
インナーアースやテロスでも雨は降りますが、それは下降する雨ではなく、すべてをやわらかく包み込むようなものです。
空気中に蓄積した「露」が、絶えず自然を養うのです。自然は必要な時に必要なだけの水を空気中から引き出すことができるのです。
地上における問題は、自然の内部指揮系統に人間が干渉して、自然の営みを壊したことにあります。
人間の思考を含めた地上の汚染は、水が本来持っている意識を衰弱させ、どこで水が必要とされているのか、指揮を得られなくなったがために、降雨はきまぐれとなったのです。』(アダマ&ミコス)



※水は生きている、という言葉を最近よく聞くようになりました。
水には確かに意識があり、人間の意識や言霊に反応することがあります。
例えば、「雲消し」は訓練をすれば誰にでもできます。
 http://www.yaei-sakura.net/column/taka_kumo.html

したがって、「雨乞い」の儀式なるものも、根拠のあるものだということが理解できます。

---------------------------

『地球は、地上を循環する風で自らの汚れを吹き飛ばしています。
地球と地表の人間たちは過去を天空に放出します。風はそのように放出された想念を運び去り、最終的に無に帰するまで消滅させているのです。
ハリケーンや竜巻は、放送電波からの恐れや否定性を取り除く強烈な風の例です。
すべての生命が放出したものが運び去られて中性化されることで、感情体はクリアに留まり、純粋な感情を需要できるようになります。
テロスにおいては、大気の流れは常に穏やかです。これは私たちの感情体が純粋な愛と神聖で高潔な想念で満たされているからです。』(アダマ)

『重要なのは、環境を改善することではなく、むしろ人類の意識を高めることなのです。
そうすれば、環境を破壊することは、自己を破壊することと同じであると人々は理解できます。
確かに、技術的な装置は、すでに存在しているダメージを回復させる助けにはなりますが、それでは根本的な解決には至りません。
環境を改善するために、地球に対して何もする必要はありません。私たちが自己を変えれば、地球の気候と環境はおのずと変わります。
地球は私たちの思考・言動・行動を反映しているだけであると覚えておい
てください。』(ミコス)

『闇の存在が政治家を手なづける企業をコントロールすることで、あなたがたの惑星の生態系が破壊されてきたのです。
このような他の惑星から来た闇の存在は、宗教戦争や対立を生み出して、いまや惑星のどの組織にも潜入しています。
地球はシンプルな生命体から始まり、その後、他の星系から他の存在がやってきたのです。
彼らのいくらかは光の存在で、またある者は闇の存在でした。
現在、闇の存在の多くは光の存在へと変わっていますが、いまだに地球をコントロールして、地球の人々を奴隷化する欲望にしがみついている人々もいるのです。
あなた方の労働・仕事は、政府やメディアによって歪められています。
メディアや他の方法でのマインドコントロールによるプログラミングや、
大衆意識の中にある「骨の折れる単調な仕事」を繁栄して、あなた方は自分の行動に喜びではなく絶望を感じています。
これは現実に対する大きな誤解です。闇のデータバンクではなく、創造主のデータバンクからの光を受けてください。
闇の勢力は私たちの存在を恐れているため、私たちが介入すれば戦争が始まるでしょう。』



※大麻を封印しているのも闇の勢力の企てだと言われています。
闇の勢力についての情報に詳しい日本人と言えば、中山康直氏と親交の深い白峰氏です。白峰氏も著書「超予測2012 地球一切を救うヴィジョン」
 http://www.yaei-sakura.net/column/book.html
の中で闇の存在やシャンバラのことを記述しています。
白峰氏によると、闇の勢力は地底存在に対して恐れを抱いており、軍事兵器を地下へ向けて配備しているといいます。

ただし、闇の勢力の本体はもはや内部崩壊しており、状況は変わりつつあるというのが大方の見解です。
真実の聖書(改ざんされる前の新約聖書)の中には、キリストがこのように予言していたことが記述されています。

「彼らは間違った教えを人々に信仰させることによって、人々を自分達の支配の下に置き、彼らの財産を略奪する。
人々が知識を得、考えることが出来るようになり、私の真の教えが、誤らず、新しく啓示されるのは2000年後である。」

その「2000年後」が、いよいよやってまいりました。

 --------------------------

『地球の温暖化は、フォトン・ベルトへ向けて火を点す準備を整えるために起きている現象です。
地球と地球のすべての生命体をアセンションへと急激に向かわせるためなのです。
変化が起きるためには、地球の周波数変化があなた方の意識内でも起きなければなりません。

また、太陽の周波数も高まっており、それがこのような変化にも影響を与えています。
これは偶然ではなく、地球と太陽系がアセンションへと向かうプロセスとして予定されていた変化の一つです。
すべてがヒートアップすると、意識が発展して、惑星、太陽系、銀河が高次元へと上昇する準備を行ないます。
こうした状況の中で、人々は今まさに目覚めつつあります。自己変革のワークショップが急増し、自分自身や自己の行動を理解し、自己の思考や感情をどのように利用すべきか学ぼうとする人が増えています。』(ミコス)



※地球温暖化の主原因が二酸化酸素だとする説が一般的になっていますが、これも闇の勢力の原子力発電所推進派による情報操作であるという説があります。

真実の聖書の中にも、現代の天変地異に関する予言と思われる部分があります。
「飢饉が起こり、地震があり、大洪水があちこちにおこるだろう。しかし、すべてが産みの苦しみの初めである。」

船井幸雄氏や本田健氏は、昨年起こった金融危機は資本主義経済システムそのものが崩壊する序曲であり、これから生活恐慌が起こる可能性があると予想しています。
白峰氏も、2010年には中国からの食糧輸入がストップする可能性があるので、日本は農業を見直すべきであると言及しています。

しかし、経済学者や著名人たちのこのような予測は、ネガティブに受け取るべきはありません。
これまでの資本主義経済のシステムを改めて、新しい社会の仕組みづくりをするために、人々の意識を高める絶好のチャンス到来である、ととらえるべきであろうと思います。
人々の意識と行動が変わることによって、未来も変わります。
「資本主義は崩壊する」という言葉には、「ミロクの世(弥栄の世)が開かれる」という意味が含まれているのです。 

資本主義経済システムは、労働の目的を、人間が生きるためのものではなく、企業を存続発展させ、株主を幸福にするためのものに変えました。
その結果、貧富の差が拡大しました。
これからは、今までのような不自然な社会の仕組みを改めて、人間が人間らしく、当たり前に暮らせる社会に作り変えていけば良いのです。
共産主義でも資本主義でもない、人間主義の社会を創っていく必要があります。

すでに、日本国内でもあちらこちらにおいて、草の根的な活動として、地域共同体や相互扶助のネットワークづくりが始まっています。
また、ここへきて農業がブームになってきています。このような社会の動きは、人々の意識がアセンションへ向かっている流れであると言って間違いありません。

そして、丑寅の金神に入った今年、明らかにこれまでの自民党政権とは異なる価値観を持って、民主党政権が誕生しました。
選挙前に党首が小沢氏から鳩山氏に代わったことも、偶然ではないでしょう。
 http://iyasaka.saloon.jp/article/31866590.html

今、オタク、ニートが世界を変える!!
 http://www.yaei-sakura.net/column/taka_otaku.html

 --------------------------

『私たちはあなた方と物理的なコンタクトを望んでいます。
あなた方は地上で孤立して、光と指導の欠如で成長が妨げられてきました。
状況はもう変わりました。まもなく、私たちは地上に姿を現し、神殿を建設することになります。
そこで、古代からの宇宙の法則と真理を学びたい者たちには、私たちの聖職者からそれを授けられることになるでしょう。』(ロザリア)

『2012年のアセンションに向けた計画に変更はありません。
戦争や政府による統制は、人々を目覚めさせ、生きる目的を問い、再考することを強いています。
しかも、グレート・セントラルサンから地表へ大量のエネルギーが注がれているために、私たちの想像以上に大衆意識は急激に高まっているのです。』(ミコス)

『個人のアセンション(次元上昇)あるいはディセンション(次元下降)の行き先は、個人の意識と選択次第で、その幅は無限にあります。
ある者は地底都市へ行き、ある者は3次元の地球に留まり、ある者は5次元の地球へ行き、ある者は自分の母星へと戻ります。』(ミコス)



※ここで注視すべきことは、すべての人々が自動的にアセンションするわけではないということです。
個々の意識レベルの成長に応じて様々な行き先が用意されており、アセンションという船に乗れる人と、乗れない人が出てくる。
そして、地球が、複数の世界が並存するパラレルワールドになるということです。

最後に、前回にもご紹介した以下フレーズを、もう一度転記させていただきます。

 --------------------------

『人生において障害と思われるすべてのことは、あなたの創意と強さをテストし、この世界であなたを成長・発展させるために、道に置かれたただの錯覚です。
あなた方が道に迷わないように、ガイドたちが常に指導し、勇気をあたえながら、あなたとともに歩み、上からあなたに囁きかけます。
ですから、笑いと愛を持って、私たちと歩んでください。すべてがお祭りで、すへてが人生だからです。』(サナンダ)


 
※中山康直氏も、今の私たちに必要なことは、警告の波に飲み込まれずに、笑いと感動の世界に住むことだといいます。
ただし、楽観的に考えて何もせずにサボっていれば良いという意味ではないので誤解なきように。
前を向いて、自分の足で行動するということが重要です。

「心配しなくても、当たり前のことを当たり前に楽しく行動していけば、神一厘の仕組みによって、成るように成ります。」(中山康直)
中山康直氏がこのように話すと、とても簡単なことのように思えますが、現実には、当たり前のことを当たり前にできない人が非常に多いと思います。
近所の迷惑を考えずに深夜に集団で騒音を立てる者、
車の窓から路上や他人の畑にゴミを放り捨てる者、
海水浴場で喫煙し吸殻をビーチに置き去る者、
…夏に多い光景ですが、必ずしも若者だけに限ったことではありません。規則だからとか、叱られるからではなく、そういうことをされたら他人がどう思うかということが、彼らの頭の中でイメージできていないことが問題です。
自分が楽しむことしか、想像できない。
すなわち、彼らは想像力が欠如しているがために、他人の痛みがわからなくなっているのです。
他人の痛みがわからない人は、アセンションの船に乗る切符を手にすることができないでしょう。

想像力を高めるためには、まず、いったん頭の中から自分を手放してみることです。小我ではなく、大我を持つこと。
それから、頭に知識を詰め込むのではなく、なるべく実体験を重ねる機会を作ることです。
そのためには、仕事や利害抜きで付き合える人とのつながりを広げること。
自然に親しむこと。音楽や芸術に触れること。 
そうして想像力を磨けば、直感力も行動力もついてきます。
人のため、世の中のために、何か自分ができることで喜びをもって行動した人には、素晴らしいご褒美が待っています。
具体的にどのような行動を起こせば良いのかは、各々が置かれている環境や能力、関心などによって選択していけば良いでしょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ありがとうございますぴかぴか(新しい)


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*


宇宙創造神様の御教え

常の心

「強く、正しく、明るく、我(が)を折り、宜(よろ)しからぬ欲を捨て、
 皆仲良く相和(あいわ)して、感謝の生活をなせ」

御法度(ごはっと)の心

「憎しみ、嫉(ねた)み、猜(そね)み、羨(うらや)み、呪い、怒り、
 不平、不満、疑い、迷い、心配ごころ、咎(とが)めの心、
 いらいらする心、せかせかする心を起こしてはならぬ」

この御教え「常の心」と「御法度の心」を守ることを「洗心する」といいます。

~~~~~~~~~~

いつも勉強してます
宇宙学を学ぼう!http://mixi.jp/view_community.pl?id=731841

↓宇宙学の公式サイトはこちらです。
http://the-cosmology.com


優良星界人の暮らし
http://homepage2.nifty.com/truegate/sonota/yuryo-seikaijinno-kurashi%20.html

オフィシャル:たけの世界http://hyougensya-take.com

最後まで読んでくださって、ありがとうございますハート

2009年9月 9日 (水曜日)

地下存在との対話(1)

おいらが買った麻ふんどしの『イヤサカの会』発行のメールマガジンからです。

地下に文明がある。しかも、地上の人類より幾倍進化した文明です。

宇宙学の『御神示』では、「地下文明」などなかったんですが、
その『御神示』には【~~汝ら地上人類に・・・・・】という文面がたくさんあります。
これは暗に「地下」も人類がいるという啓示かもしれません。




今回と次回との二回に分けて、インナーアースの 人々からのメッセージをご紹介させていただきます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ シャンバラからのメッセージ - 食・育児・大麻・闇の勢力・
   アセンション(その1) - やしろたかひろ ────────────────────────────

ご存知の方も多いかと思いますが、地球内部が空洞になっていて(亜空間 説が有力)、その中心に太陽があり、精神性の高い人々が住んでいるとい う説があります。
地球の北極地点に地底世界に通ずる大きな通路があって、そこがUFOの 通り道になっているという話は有名です。
私の手元にある真実の聖書(新約聖書の原書)の中にも、キリストが金属製 の乗り物に乗って北の地の果てに行った時に、そこで他の金属性の乗り物 や、明るい太陽に照らされて人々や動物たちが生きている素晴らしい光景 を見たと記されています。

ダイアン・ロビンス氏というチャネラーが、テロスをはじめとするシャン バラ都市群の人々から受け取ったメッセージをまとめた著書があります。
 「ついに実現した地下存在との対話」(徳間書店)
 http://www.yaei-sakura.net/column/book.html
今回と次回との二回に分けて、この本に記述されているインナーアースの 人々からのメッセージをご紹介させていただきます。
今回は、主に食、出産と育児、経済などインナーアースの人々の生活様式 に関するメッセージを、次回は、地球環境問題、闇の勢力、アセンション などに関するメッセージを抜粋してみます。
彼らの生活様式を知れば、私たちがこれからの生活や生き方をどのように 変えていくべきかが見えてきます。
『 』の付いた文が、インナーアースの人々からのメッセージの要約です。
私の解説も付記してあります。


**********


『テロスが最初に建設された1万2000年以上前から、私たちは菜食を続け てきました。』

『私たちは、食物に入っていくミネラル、ビタミン、酵素を維持する輪作 と有機栽培を採用しています。
それによって、私たちはとても健康的で力強く、同じ体で数千年も生きら れるのです。
母なる自然に干渉する度合いが小さいほど、私たちはより多くの栄養を摂 取できます。』

『わずかな土とたくさんの水を使った高度な水栽培法を利用すれば、成長 が極めて早く、必要なだけ収穫できます。 ミネラルを与えるくらいで、基本的に肥料は不必要。土壌が枯渇するよう なこともありません。』
※インナーアースやプレアデスでは菜食生活が行なわれています。私たち も、いずれは菜食へ向かうことが理想と思われます。
ただし、現在私たちの社会でブームになっている菜食と根本的に違うのは、 彼らが一切農薬を使用せず、自然農法や有機農法で栽培された作物だけを 食べているという点です。
自然農法では堆肥も使わず、無肥料で作物を育てます。
極力自然に干渉せずに栽培された作物にはミネラル、ビタミン、酵素が豊 富に含まれているので、それを食べていれば動物性の栄養に頼る必要がな くなる可能性があります。


『私たちは、自分たちの体が何を求めているのかを判定するために、非常に高度な器具を利用します。 それを基に水栽培法をプログラミングして、野菜やフルーツの中に完全な 健康を維持するために必要なビタミンやミネラルが含まれるようにしているのです。』

※私たちの社会のベジタリアンには、とかく軽視されがちな栄養学ですが,インナーアースの人々は、これを重要視していることがわかります。
そしてここには、作物からより効率的に栄養素を摂取するために、農業に 高度なテクノロジーを利用していることが記述されています。
実は、これと酷似したテクノロジーが、すでに私たちの社会にも登場して います。
 「生体エネルギー農法」といいます。
 
船井幸雄氏が支援をしているのですが、長野県にある生体エネルギー研究所では、生体エネルギーを利用して、青酸カリを無害化するなど、不思議な実験も行なわれています。 生体エネルギーを活用した農作物は本物化して味が良く、健康にも良いものになります。
 
私は、この技術を活用してプログラミングされた米を食べていますが、いわゆる一般の高級米とは全く違う食感があります。特に糖度が高いというわけでもありませんが、食べると非常に体に馴染んでいる感覚が残ります。
玄米で食べると、他のどの種類の玄米よりも表皮が柔らかく、食べやすいものになっています。
農業を巡るこのような新しい動き(発見)は、シャンバラの人々の意識波動が地上に到達しているからなのかもしれません。

 ※参考 船井幸雄著「ふたつの真実」
 http://www.yaei-sakura.net/column/book.html
『テロスや空洞地球では、食べ物を“焼く”ことはありません。私たちには、分子構造を変えたり、ライフ・フォースに害を与えることなく温めるテクノロジーがあるのです。
加熱によるライフ・フォースの消失が、あなた方の寿命を短いものにしています。』


※ご存知の方も多いと思いますが、食物中に含まれる酵素は、加熱すると失われてしまうといいます。
ことに電子レンジによる加熱は、食物の分子構造をひどく害するそうです。
また、油のように、加熱すると酸化しやすく、人体にとって害になるものもあります。
日本食の中には、味噌、醤油、糠みそ漬け、納豆のように、加熱せず、発酵させることによって、逆に酵素を増やした食材があります。
ビタミン、ミネラル、酵素、水は、私たちの健康を支える柱です。


『水晶が多く含まれる石が電磁力エネルギーで溶かされると、その石は小さな太陽となって、およそ50万年燃え続けます。』

※地底世界では、水晶を中心とする鉱物が、様々なテクノロジーに利用されているようです。
前述した生体エネルギー農法でも、鉱物がひとつのポイントになっています。
生体エネルギーによるテクノロジーとは、複数の個を寄り集めることにより、新たな個を誕生させるものです。
これと似たような話として、私は、中山康直氏から水晶観音を譲り受けたときに、鉱物と植物と動物(人間)のエネルギーが寄り集まると、新たな強いエネルギー場が発生すると伺いました。

※参考「プレアデス仕様のクリスタル観音像」
http://blogs.yahoo.co.jp/ojirou_kannon/33625799.html


『私たちはフルーツを食べますが、決して木を伐採しません。 だから木々は巨大で堂々としており、たわわに実らせる最高に豊かで生気 を持ったフルーツを摂取することで、私たちも生き続けるのです。
樹木は、私たちが吐き出す二酸化炭素を吸収するとともに、私たちが吸い込む、豊かで澄んだ酸素を生み出し、私たちの地表を覆ってくれています。
木々は偉大な存在で、他の植物や野菜は、いつか樹木へと成長することを願って空に伸びつつある、彼らの子供のようなものです。 また、樹木は地上の他の樹木とすべてテレパシーで互いに繋がる地下ネットワークを持っています。』


『木々は是が非でも生き残り、地球のアセンション計画に参加することを欲しています。
地上の人々は、木々の伐採が地球環境にもたらす悪影響を論じることはあっても、彼らのことを地球生命体の一員とみなしているとはとても思えません。
あなた方の木材の使用を止めることは、今の段階ではできません。
衣類をすべて麻製に変え、できるだけ化学肥料で地球を汚さないようにしてください。』
※日本人には、御神木として樹木を大切に守ってきた歴史があります。
ただし、家や家具を作るために、最低限の樹木を伐採して生活をしてきました。
ところが工業化が発達した現代では、樹木をむやみに大量に伐採するようになり、そのことが環境に与えている様々な問題が取り沙汰されています。
大麻が積極的に活用される社会になれば、化石燃料の使用や森林伐採がもたらす環境への悪影響を大幅に軽減できることについては自明です。

※参考「中山康直 -ヘンプが世界の危機を救う」
http://www.yaei-sakura.net/lecturer/y_nakaya.html


『テロスでは、女性が妊娠を悟ると、すぐに神殿に行き、美しい絵画や音楽に包まれた環境を与えられます。これは、とても重要なことです。
子供たちは、生まれる前から常に両親に対して耳を澄ましていますので、母親と父親はすぐに子供に話しかけ、その子がいかに完璧であるのかを教え始めます。
受胎した段階から、人間が本来持っている能力を最大限に発露させることに注視している私たちの世界では、子供たちはとても明晰で、高い認識力を持っています。
彼らを見れば、幼児期から朗読や算数を学ぶことを疑問視する人はいないでしょう。』


※私たちの社会でも「胎教」の重要性が言われて久しくなりました。
喜楽さくら氏
http://www.yaei-sakura.net/lecturer/healing2.html
は、クリスタルボウルとヒーリングを活用した胎教方法を提案しています。
喜楽さんの息子さんは、2歳で漢字の読みを覚え、3歳でパソコンを覚えたそうです。


『テロスでは、産まれてすぐに、子供たちは代父母に割り当てられます。それによって、「彼ら」や「私たち」という概念を超えた、真の兄弟愛やコミュニティーの感覚を得るようになります。
そして、世界全体を非常に狭く個別化した単位の集積ではなく、一つの家族と見なすようになるのです。』


※私は、日本を代表するエコビレッジである「木の花ファミリー」で、これと同じような理念を聞き、光景を見てきました。
木の花ファミリーでは、子供は産まれてすぐに育児担当者に預けられ、親は自分の子に対する余計な執着を開放して大我の愛注ぎます。
基本的に自分の子、他人の子と区別をせず、子供たちはコミュニティー全体で大切に育てられるのです。


『地底都市においては、基本的に人々は好きなだけ長く生きることができます。
それは、地上にいる人々の加齢と死に対する認識が誤っていることを示唆 しています。
人体の細胞はすべて7年ごとに新しいものへと生まれ変わるので、人は7歳以上に年をとることはありません。』


※シュタイナーは、人生は7年ごとに節目があり、それぞれにテーマをもって人生を送ると考えました。
0~7歳 身体的な成長期 7~14歳 魂の成長期 14~21歳 思考の成長期 21~28歳 ・・・という具合です。
7年という人生の周期には意味があるようです。


『地上では個々の能力や時間を提供する対価として賃金を得ますが、貨幣経済のない私たちにとっての仕事は、あくまでも人生を心豊かに過ごす自己実現の一つなのです。
生活必需品はすべて無料です。ただ、絵画など芸術作品やマッサージなどの特殊な技能や才能を要するものは「バーター・プール」という形を取っています。
バーター・プールは個人対個人という関係ではなく、コンピューターが活用されて、システマティックな方法で行なわれています。この制度で扱われているものは、いわば魂の必需品です。
私たちの社会におけるシステムはすべて、各人が肉体的、精神的、そして霊的成長を遂げ、最大限に生を謳歌するために作られています。』


※ここで述べられているバーター・プールは、私たちの社会にある「地域通貨」の概念とよく似ています。
ただ、私たちの社会で現実に地域通貨がうまく機能している事例はほとんど無く、その原因は、生活必需品がそれによって流通しにくいためだと言われています。
彼らの社会のように生活必需品が無料で供給されるようになれば、地域通貨も新しい意義を持って発展するようになるのでしょう。


『人生において障害と思われるすべてのことは、あなたの創意と強さをテストし、この世界であなたを成長・発展させるために、道に置かれたただの錯覚です。
あなた方が道に迷わないように、ガイドたちが常に指導し、勇気をあたえながら、あなたとともに歩み、上からあなたに囁きかけます。
ですから、笑いと愛を持って、私たちと歩んでください。すべてがお祭りで、すへてが人生だからです。』

※真実のキリストは、このように言いました。
「貴方がたは転生輪廻の間に、霊を磨き、完全なものにならなければならない。愛を施しなさい。自然の法則がそれを欲しているからです。」 

 発 行  弥栄の会
 発行人  M&S研究所 やしろたかひろ
 ホームページアドレス http://www.yaei-sakura.net/
メルマガ配信ASP https://j.combznet.jp/j/?k=au2edrybpsnaooa9gesd4wxu
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続きますわーい(嬉しい顔)

ありがとうございますぴかぴか(新しい)

2009年8月26日 (水曜日)

大麻は麻薬じゃない(3)~ヘンプはすばらしい~

~~神道の世界では、今日でも大麻草はたいへん神聖な植物であり、罪や穢れを祓う幣(ヌサ)、つまり、神主が御祓いするときに振る棒に大麻草の繊維が使われている。今では、所持していたら葉や花穂であれば罪になる。価値が全くの正反対になっているのが現状である~~

マイミクのビンカさんの日記から「うさとの服」というものを知った。

(うさとの服ホームページ http://www.usaato.com/

大麻100%や綿100%で手作りで宇宙に帰れると言われている「うさと」の服。

ビンカさんの感想では

ああ、いままで私は呼吸してなかったんだ!ということに気づきます』

びんかさんたら、また、大げさな~とその時は思いました┐(´д`)┌ その時は・・・・

おいら、うさとの服ホームページとか 

うさとをまとったお客様たちの写真 http://www.usaato.com/f/p020OKPj.swf 見て、

「ダサい・・・」と 

おれの趣味ではないと思いました。

その時は・・・・

京都の御所の近いところにお店があるし、「見るだけ」と軽い気持ちで、行きました。

いろいろヘンプ100%を試着して、「確かに、これは普通の服ではない・・・」と変わって

部屋着とパジャマとしていいかも・・・・・・

そして、ヨガの修業服みたいのものを買ったのです。

        ↓

T_016

試着の時には、わからなかったけど

肌呼吸ということは、これだ!

自分でわかる!

感動っすわ。(ビンカさん、ありがとうheart01

そして、

何かね、何かから自分がバリアされている?と実感しました。

なんだか元気元気。どこからともなくパワーがわいて出てくる。

これは何か!

ヘンプとうさと服の効果か!

大げさな表現ではありません。

草根木皮は小薬なり。鍼灸は中薬なり。飲食、衣服は大薬なり。

~~~~~~

そして、そして、麻ふんデビューしました(>_<)

http://www.yaei-sakura.net/iyasaka/ から 通販しました。

~~医学の発達とは逆に、現代人の免疫力はなぜこんなにまで落ちてしまったのでしょうか。

その理由を、西欧からもたらされた下着に原因があると指摘されている専門家がおります。ゴムと化学繊維で身体を締め付けるパンツは、無意識のうちに身体にストレスを与え、それが人の免疫力を、なんと20分の1にまで下げてしまうのです。

神宮・麻文化研究者である縄文エネルギー研究所・代表の中山康直氏は、この問題を「ふんどし」が解決すると提唱されています。
また、さらに「ふんどし」には、「男女和合」「夫婦円満」をはじめとして、人と人のすべてのご縁を循環させる働きがあると力説されています。

農業を営みながら助け合い、分かち合って生活していた昔の日本人は、みな「ふんどし」でした。
古き良き日本の共生社会を復活させるためにも、ふんどし文化の復興が望まれます。
ヒーリング・マテリアルである麻布の「ふんどし」で、心身ともにパワーアップしましょう~~

ヘンプのふんどし・・・・おいら、赤ふんどし を 買ったhappy02

おいらが締める写真もありますが、あまりにもせくしーのためで、ここでは見せれません(◎´∀`)ノ

また、個展やイベントで「たけちゃん、ふんどし見せて!」とお声があったら、あなただけに見せます(笑)

大麻の服、ふんどし。これで宇宙に帰れるわ(笑)

ありがとうございますshine

~~~

うさとの服ホームページ http://www.usaato.com/

「うさとの服」は京都を拠点に全国で展示会が開かれています。
展示会の案内 http://www.usaato.com/nittei.html

エコタレント・高樹沙耶の影響で「ふんどし」が大人気?
http://news.ameba.jp/cyzo/2008/02/11469.html

アメーバニュース『高樹沙耶 ふんどしを締めている理由を説明する』
http://news.ameba.jp/weblog/2008/03/11954.html

髙樹沙耶さんご本人のブログ
http://ameblo.jp/smile-saya/entry-10079523321.html

ふんどしって「パンドルショーツ」っていうらしい
http://www.lovesupple.jp/pendre.php

女性用のふんどしって?
http://himawari.press.ne.jp/

2009年8月19日 (水曜日)

大麻は麻薬じゃない(2)

産業的可能性や、石油よりも安全で無尽蔵な天然資源のエネルギー問題、農業問題、医療などの解決策の一つとして、
いいばっかりのこのヘンプをなぜに規制している?

実は、日本でも禁止される1948年までは20万世帯が この植物を育てていました。

大麻取締法は1948年に制定されました。これは、第二次世界大戦後にGHQ(連合軍総司令部)によって作られた法律です。それまでは、大麻は日本の伝統文化の中で普通に栽培され、普通に利用されていた万能な植物なのです。

無尽蔵で安価な石油に代わるエネルギーがあれば、誰が困る

それは石油利権に蠢く(うごめく)闇の権欲者です。(彼等のバックは邪な霊がいます)

大麻や海水や空気にある宇宙エネルギーなどのフリーエネルギーは、石油利権、原子炉利権の勢力によってずっと鎮圧されました。フリーエネルギーを開発した者を 闇に葬ってきた。時は研究所が火事で、研究者は行方不明や殺されて来ました。

本当の話は小説より過激なのです。

(地球温暖化の原因が二酸化炭素であるとする説は闇の権力の原子力推進派による情報操作であり、温暖化は昔から繰り返されてきた自然現象に過ぎない。とにかく、マスコミの報道に扇動されないことです)

GHQ(連合軍総司令部)によって作られた法律は、日本人を弱体化するため、また利権に蠢く(うごめく)の企業のため、そして、闇の権欲者に都合によく作られたのです。

大麻もそうです

思想もそうです。

天皇と国民を分断し、対立する構造を作りました。

教育もそうです。

天才が出ないように日本の戦後教育を変えました。記憶力と計算力のみの左脳が発育するイビツな頭の人間を作りました。

国民の栄養もそうです。

「米を食べ過ぎるとアホになる」と、GHQのキッチンカーが全国各地に回って「米よりパンを!」「きっちり三食に!(*)」「日本人は牛乳が必要だ!(**)」と洗脳のキャンペーン続けてました。

そして、農村の共同体を解体し、日本を食糧とエネルギーを大量に輸入しなければ生きていけない国にしました。

そして、いまだ、60年前のGHQから教えてくれたことを信じている人はけっこう多くいます・・・・

これほどの大改変は、逆に、アメリカが、世界の中心・神の国日本をおびえた証拠なのです。http://hyougensya-take.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-86c1.html

大麻は麻薬じゃない(3)に続きます(◎´∀`)ノ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

以下、参考「がんは感謝すべき細胞です」http://plaza.rakuten.co.jp/kennkoukamukamu/

*「きっちり三食に!」

朝めし前。昔の人は朝起きてすぐ朝食を摂るということはしませんでした。
ひと仕事を終えてから遅い朝(昼)ごはんを食べる。血液の浄化を充分に行うためには午前中一杯かかります。 私たちがお手伝いできるのは、朝、二杯ぐらいの水を飲んで「便意」を促すだけです。人間は二食、時は不食で十分なのです。

多くの日本人の「胃・腸」は、超時間外労働で休みなく、次から次へと入ってくる食べ物・食品の処理に追われ、疲労困憊しています。

「食べ物」を入れないと、必要のない「毒物・異物」が出ていきます。
体内が綺麗に掃除されます。 これが「病気の根治」となります。
これで「胃・腸」も、心身も「いい調子」です。

(**)「日本人は牛乳が必要だ!」

離乳期を迎えましたら、母乳も「有害」です。
まして「牛乳」は小牛も飲まない、化学物質である毒物です。

現在、一般的に市販されています牛乳は、高温瞬間殺菌法で製造されております。
牛乳が商品として流通するためには「ある一定期間、腐らない」ことが必要です。
そのために殺菌しなければなりません。
更に「より早く大量に」ということで超高温瞬間殺菌になりました。

つまり、殺菌、それも超高温ですから、無菌状態となり、人間に必要とされている乳酸菌もありません。
その上、生乳中にあったビタミンやたんぱく質も変形したり、壊されています。
最早、牛の乳ではありません。単なる化学物質です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

植集が世界を変える日ヘンプ55http://www.hemp-revo.net/

医療大麻 http://www.youtube.com/watch?v=tTJCMgenP9M

ヘンプ(麻)の工業用基礎原料http://www.hemprevo.net/report/material.htm

最後まで読んでくださって、ありがとうございます ハート達(複数ハート)

2009年8月16日 (日曜日)

大麻は麻薬じゃない(1)

のりPのニュースも落ち着き、覚せい剤の恐さを伝えてくれました。個人的に、廃人になる前に逮捕されてよかったです・・・・

薬物汚染がニュースになったら、併せて 『大学生、高校生から主婦、ビジネスマンに角界、芸能界…大麻汚染が止まらない』とも言われます。

大麻は悪か・・・・・・?

大麻と聞いて、「大麻汚染」や「薬物」といった洗脳された偏見に捉われず、
正しい知識をご紹介します。

以下、日本における大麻(ヘンプ)研究の第一人者、 中山康直さんのHPからhttp://www.yaei-sakura.net/lecturer/y_nakaya.html

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広辞苑で「大麻」という言葉を引くと、
「伊勢神宮のお札」と記されています。
太古の昔から神社仏閣で繊維(依り代)として使われてきたヘンプ(大麻)の実(種)は食用にすると腸をきれいにし、血液を浄化します。
また、ヘンプから抽出した油はディーゼルエンジンの燃料になり、茎からはプラスチックを作ることができます。
人類がエコロジーを本当に進めたいなら、石油に代わる資源として、ヘンプの有効利用を進めていくことです

私たちの祖先である古代人は、
麻や水晶などに代表される植物力や鉱物力の天然テクノロジーを上手に活用し、
高い意識とスピリットをもち、自然に感謝の心をもって、
地球共生文化(ワンワールド社会)を形成していました。
古代人(実は未来人)は身にまとう「衣」として、
免疫力を高める麻を好んで着用していました。
「食」の中でも栄養価の高い麻の実を活用し、
麻の茎を上手に利用した「住」をクリエイティブに創造していました。

免疫力活性化作用とヒーリング効果のあるヘンプエネルギーは、
かつては自然と調和した文化を形成するために欠かせないものでした。
日本では、昔から神社、仏閣などの神聖な場所で麻が好んで使われ、
伝統文化、風習の中でも麻を多岐にわたって上手に活用していました。
そして、この日本人という民族は、そもそも平和な民であり、
太古から海流や黒潮などの流れに乗って渡来してきた人種や文化との経緯、
および歴史的な事実から考えても世界中の先住民の知恵を受け継いだ
ヤマトのスピリットをもつ大いなる和の民族なのです。
つまり、世界の平和を考える上では、
なくてはならないはたらきをもつ人種であるといえるのです。

麻は、神社などでもお祓いのときや神具として使われますが、
その意味は罪穢れを祓うという
免疫力の向上と波動調整役を担っているのです。
そして、調和した時空間を創造し、
内なる大宇宙とコミットメントしやすくするサポー ト役も引き受けています。
古代から伝わる「麻の葉模様」は、
水の結晶構造と相似する幾何学模様として、
完全調和のエネルギーを内在しています。
また、麻は古神道文化においては、「ヨリシロ」といわれ、
神々が寄って来るところとして、
目印や合図の意味をもちあわせていました。

ヘンプはまた現代においても、
ヒーリングプラントとして、地球へ多大な貢献を与えています。
「環境修復」と「環境保全」の可能性は極めて高く、
天然資源(バイオマス・エネルギー)としての特性を生かして、
「衣・食・住」全般にわたり、
エコロジカルな生活用品をつくることができ、
循環型社会を形成することにつながります。
ヘンプからつくられる工業製品は、製品自体が呼吸し、
生態系に優しく、
循環法則のバランスがとれているので、
酸化還元率も高く、蘇生化型、活性化型で
地球環境に優しいエコ&ヒーリング製品といえます。
また、これらの製品の原材料である麻という植物は、
成長がはやく、人類社会に理にかなっている一年サイクルの資源ですから、
生育メカニズムにおいても地球温暖化や森林伐採を防ぐことができるので、
生きた地球がそもそも持っている
「生命体の共生ネットワーク」が活性化されていきます。
ようするに無尽蔵で非常に多様性のある天然循環資源であり、
地球にとっても人類にとっても、まさに癒しの植物なのです。
このすばらしく多様性のあるヘンプを上手に活用していくことで、
現代社会が抱えている様々な問題を
根本的に打開していく可能性があることに気づきます。
また、太古からの叡智をヒントに
この植物のもつ波動とテクノロジーを理解してくことで、
宇宙時代の未来社会に向けた
まったく新しい有効活用法が発見されていくことでしょう。
ヘンプは電磁波や放射線を中和する可能性があり、
マイナスイオン効果も極めて高いわけですから、
あらゆる分野で調和的に活用されることが天の意です。

自らが宇宙となれば、「自分の中にすべてがある」とわかります。
内なる自分が、すべての答えを知っているのです。
つまり、この宇宙は自らを映しだす鏡宇宙になっているのです。
このように、重なり合って存在しているあらゆる次元意識を体感し、
愛と調和の生き方を体現するために、
古代人は天体とのコミュニケーションを通して、
内なる自分(宇宙)と対話をしていました。
このようなワンネスな意識をもっていた古代人は、
生態系は地球だけではなく、
惑星間レベルでもつながっていると知っていました。
天体とのコミニケーションを祭祀という形で行い、
永続可能な農耕芸術文化(エデンの園)を形成していたスピリチュアルな彼らは、
星信仰や太陽信仰と連動して、
とりわけこのような宇宙意識を重要としたのです。
天と地、神と人、ヒトとヒト、モノとヒトをつなげ、
結んでいく光のフィラメントの役割を担う麻は、
古代からの聖なる暦に基づいておこなわれる天体祭祀で、
五穀豊穣、 国家安泰を祈願するために、なくてはならないものだったのです。


以上引用終り
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

大麻はエコロジー素材日本の文化で古くから使われてきた大麻が、近年再び
衣・食・住・エネルギー素材として注目を浴びています。

大麻からとれる油で動く車HEMPカーは排ガスの量はディーゼル車の3分の1(http://www.hemp-revo.net/hempcar/run/hc_run_set.html

であるなど、
大麻は地球に優しいクリーンなエネルギー資源
大麻は害虫や雑草につよいので農薬いらずで育つのでやせた土地でも栽培でき、

栽培後は 他の植物も育ちやすい土にしてくれる。
ここ数年で麻薬効果のほとんどない品種の改良もすすんでいる。

大麻の実は七味にも入っており、食材としても楽しめ、ビタミン、ミネラル、食物繊維をたっぷり含んでいる。
近年では大麻の実を使う料理教室もある

http://www.hemp-revo.net/hempcooking/home.htm

産業的可能性や、石油よりも安全で無尽蔵な天然資源のエネルギー問題、農業問題、医療などの解決策の一つとして、
いいばっかりのこのヘンプをなぜに規制している?という疑問を持ったでしょう。

実は・・・・・

続きます(◎´∀`)ノ

~~~

植集が世界を変える日ヘンプ55http://www.hemp-revo.net/

TOYOTAエコシリーズ「大麻は森林を救う 見直される古来の素材」
http://www.youtube.com/watch?v=W7EgK8b1n0Y

医療大麻 http://www.youtube.com/watch?v=tTJCMgenP9M

ヘンプ(麻)の工業用基礎原料http://www.hemp-revo.net/report/material.htm

最後まで読んでくださって、ありがとうございます ハート達(複数ハート)

フォト
無料ブログはココログ